PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

やっとライブドアブログがHTTPS対応をしてくれるということで、こちらのブログを復活しようと思い過去の記事を読んでみました。

過去の記事を読んでみて、やっぱり私のできることは外資系企業などについて語ることなのか???と第一印象。
約20年も外資系企業で働いているのだから自分のできることはそれしかないのかなと改めて心機一転!

それから、今日は久しぶりに嬉しい、ブログにコメントをいただきました!しかも遠い昔に書いた記事が参考になったと、まぁ本当にうれしい出来事ですね。ブログを書いていてよかったと思う瞬間です~。

さてさて本題に入りますが(今日は外資系のお話ではないです)ずいぶん前から思っていたのですが、「香害」ではなく「臭害」!
ほとんどの人は他人に悪い思いをさせないようになのか、あまり口に出さないですよね?でもでも、臭い!って正真正銘の公害じゃないですか?どうしてみんな我慢とか表面に出さないのでしょうか??

不思議なのは、「香害」といった香りのキツイ洗濯洗剤や香水、シャンプーなどの一般に「良い香り」として売り出しているモノについては「あれ意外と臭いよね?」って声が聞こえるのに、たばこや臭い息のときはそれが「臭害」と頭ではなんとなく思っているものの口に出す人が少ないということ。

まぁそこは、人を傷つけたくないからなんでしょうが。。

一歩外に出れば車の排気ガス、たばこの匂い。。。それから、電車に乗ればニンニクや起き抜けの息の匂い!臭くないですか?もう臭いなんてもんじゃなくて、目眩がします。

特に私が嫌いなのは、たばこ吸いたてホヤホヤの人がオフィスや電車に入ってくるときのあの匂い。。。それなのに、平気な顔して隣に立って、オフィスでは平然と仕事してますよね?皆さん。。。

しかもたばこを吸った口で話しかけてくる。絶対に話しかけないで欲しい。

先日、某講習会に参加したのですが、参加人数100名弱が座っている教室は、たばこを吸ってきた人がおそらく3分の1ぐらいいたのですが、運悪く横も後ろもみんなたばこ臭い!本当にイライラしたし、臭すぎて目眩がする!

しかも、席が決まっているからとりあえずは決まった席に座らなければならないんです。
オリンピックを前に、レストラン内を分煙にするのかといった議論がありますが、屋内は100%禁煙にするべき!そしたら分煙とかなんとかってもめることないじゃないですか?

たばこの匂いは公害だし殺人だし嫌がらせだし、本当に迷惑じゃないですか?

講習会などの場で人が多く集まるときは喫煙者と非喫煙者を分けるべきじゃないでしょうか?どうしてあからさまにそういった対応をしないのでしょうか?臭い人を我慢して受け入れることが常識なんでしょうか?たばこが嫌いな人が我慢すべきなんでしょうか?

臭い人は人から遠くに離れて欲しいですね。ちょっと本気で「臭害」を撲滅させたいです!!


久しぶりのブログ、いろいろと書きたいことはあったのですが、書く環境がなかなか整わず長い間放置していました。

相変わらず、外資系企業のファイナンスに携わっていますが、小さな会社の管理部門なので人事をやったり、法務的なことをやったり、労務処理をしたり、本業に集中できることは稀な状況です。

人事の割合としては、全体の10%程度(名目上は)ですが、難易度といったら全体のお仕事のなかでいちばん上なんじゃないかと思うほど四苦八苦しています。

正直、もう人事大嫌いになってます。で、どうしてそんなに人事のお仕事が嫌いなのかと考えてみたのですが、原因は1.数字を追うようにキレイに終わらない、2.そもそもテクニックというか、知識も経験もそれほどないから苦しい、3.何か言えば必ず自分の権利を主張する従業員がいるからビビる。こんなことが思い浮かびました。

この中でもダントツに「嫌だな~」と感じるのは、3の自分の権利を主張して攻められること。もうこの数年で人事が大嫌いになりました。というか、会社で働いている、いわゆるサラリーマンという生き物はそんなものなんでしょうか?決められた時間に会社で働いて、お給料をもらって、自分の権利をとことん主張する。それってやりがい?個人的にはそうゆうの大嫌い。

会社から1円でも多くお金をもらえるためには自分の権利を思い切り主張して、人事や会社の義務の落ち度をいちいち指摘する。こうゆう働き方で皆さん幸せなんでしょうか?ね。

そうゆうときの印象は「せこい」としか感じないし、他人の会社にぶら下がっておいてなんだよっ、自分の力で稼ぐとか、。。自分で言ってて情けなくならないのか?

仕事ってそうゆうこと?

と、毎日の仕事がばかばかしく感じるのでした。

とともに私の人事嫌いは加速するばかり、人事のエキスパートと言われる人たちはいったい何をやりがいと感じているのでしょうか?

と言ってもすでにやる気ゼロ。覚えようとか、勉強しようとか、これがどうしてもそんな気になれないんです。困ったものですけど嫌なものは嫌なんです。


稲垣えみ子さんの本(魂の退社 [単行本])を読んでから暖房を使わない2回目の冬。昨年は1月後半の積雪時に断念してしまいましたが、今年は暖房なしで今のところ問題なく過ごしています。ここで言う暖房とは、エアコンの暖房や石油・電気・ガスなどの暖房器具のこと。唯一使用しているのは湯たんぽ。鉄製の直に火にかけて温めるタイプ。これ、正直ものすごく暖かいです~。

夜帰宅してから温め、就寝までは足を温めながら使い、就寝時はベットの中、翌朝も十分暖かいのです。

室内はだいたい13度から16度ぐらい、湿度は50%から60%。まぁ、10度以上あれば死ぬことはないんじゃないかな。。。というか、暖房をつけないおかげで湿度も50%以上に保つことができて、皮膚の乾燥がまったく気にならない!就寝も室温が低めのほうが寝つきが良いし、ガス代は多少上がるものの電気代は秋から春までほぼ変わらず。

帽子をかぶったり、厚い靴下を履くとか、ある程度厚着にはなるものの普段の生活には全く問題なく、むしろ意外にこれ好きかも。昨年は初めての試みだったので、厚着に慣れず、苦しい節約だったのだけど、今年は昨年の反省点も踏まえて、なかなか楽しい♪というところまで行きつきました。

もう今となっては暖房を使う生活には戻れないくらいになっていると思います。暖房がガンガンかかった知り合いの部屋に行くと、暑くて暑くて。。。(笑)で、乾燥で喉が痛くなるようになり、すっかり暖房なしの生活が染みついたようです。

暖房をかけると、それに伴う乾燥対策のために加湿器をつけないとならなくて、電気代2倍。いくら家電がエコになっているからと言っても、ゼロにはならないし場所も必要。。更には美容のための美容液のマスクをつけてみたり、暖房に伴っていくつものモノが必要になるわけです。

それに比べると暖房に係る電気代はゼロ、乾燥しないから美容や健康にも良い。基礎化粧品もそれほど高いものは不要、良いことばかりです。
更に、災害時に対応できる自分にも知らず知らずのうちになっているのかななんてことも思います。お金をかけて美容や健康、更には災害時のために備えることはとても簡単だと思うのだけど、お金をかけずに(かけないことが良いことということではないです)美容・健康、それから災害にも強くなれるって意外に盲点なんじゃないかなと思いました。

世の中お金がすべてなのかもしれないので、暖房器具が売れて、加湿器が売れて、防災グッズが売れることが経済的に世の中を潤すということが世間の認識なのかもしれないですが。。

稲垣さんのような究極な節約生活にはまだまだ及ばないですが、今まで何も考えずにお金を使ってやってきたことを一度辞めてみる、そして原始的と思われることをやってみると意外な発見が多く、本当に目からうろこです。

一つお金を使うと、それに連鎖して次々とお金のかかることが現れるんです。

このAI時代に逆行しているかと思いますが、だからこそ忘れられている大事なことがあるようにも思えるんです。少しずつ稲垣さんの真似をしていくのが今はとても楽しいです。彼女の生活はホント、未知の世界を求める、究極の古くて新しい生活だと思います。

次に挑戦したいのは私の超苦手な夏の暑さです。。うーん、こればかりはなかなか手ごわそうですが。。

このページのトップヘ