PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

2013年05月

ブログネタ
資格試験 に参加中!
FAR

5月の最終に受験する予定でしたが、余計なことに気を取られている間に、試験場の空き状況を確認したらもう最終の週は空いてませんでした(>_<)なので目標は7月になりました


FARですが、計算問題のボリュームにもよりますが、時間切れの問題を克服しないといけないということで上に貼り付けましたスプレッドシートで管理しています。

その内容ですが:
BISK1回解く毎に 「mins, mins per question, phase1, Follow up」という4つの列を使うのですが、左側のChapterの名前の横にそのChapterの問題数を入力し、かかった時間(mins)÷問題数(#) で1問にかかる平均時間をFormulaを使って計算しmins per question に表示するようにします。ちなみに「Follow up」の列は付箋のついた問題だけを復習し折り曲げる際に使っています。

MCは1問90秒以内が基本、点数は91%以上、81%以上、それ未満に分け、何度も解いているBISKの採点を少々厳しめに色分けしました。直前になったら90%以上を3段階に分けて色分けします。

その結果、時間・点数ともに緑色になれば良いのですが、例えば時間が赤・点数が緑の場合には「内容は理解しているから後は早く解く練習」が必要になるわけです。その逆も同じように対策をすれば良いことになります。

基本は付箋勉強法ですが、その科目の特徴によって少しずつ変えています。おそらくどの科目も同じですが、特に計算問題に時間を取られるような科目に使おうと考えています。ただ、今はお試し中なので、本当に効果があるかどうかは結果次第ですが 進捗状況が明確になるのは確かです。


試験以外の余計なことなんですが、最近TEDをよく視聴します。今日はSteve Jobs がスタンフォード大学の卒業式に出席した時にしたお話を聴きました。
http://www.ted.com/talks/steve_jobs_how_to_live_before_you_die.html

あと最近は、経営学系のものを何本か視聴しました。USCPAの勉強をしているせいか、経営学系は聞き取りやすいです。 これは実務にすぐに活かせるリスニングの勉強に効果大ですよ

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
忘れないうちにAUDITでやった試験勉強の内容をメモします。

1.基礎を固める
BISKのMCをまんべんなく解く、テキストで監査手続の流れを掴む。このとき、暗記するところ、例えばTIDPEEACDE (Training, Independence, Due professional care, Planning, Understanding entity and its environmen, Evidence, Accordance with GAAP, Consistency, Disclosure, Expression of opinion), Quality control のComponents, Internal Control のSales cycle や Purchasing Cycle などを紙に(殴り書き)書いてみる。

2.出題傾向を把握する
AUDITでは、ReportingやLetter(Management representation letter) 、Lawyer へのLetter、Confirmation letter などが重要なので、これらの雛形に目を通す。

3.PCAOBやEthicsについて広く知識をつける
これらも広く目を通す。意外に細かい部分が問われる。

4.時間配分を常に考える
MCは1つのTestlet45分×3、Simulation90分(休憩5分)で解くように常に意識しながら問題を解く練習をする。本番では必ずと言っていいほどオーバーするので、余裕を持たせるようにする。

試験前、1ヶ月ぐらいから1-4を毎日のメニューに加えることが良いと思います。特に監査手続きの流れが頭に入っていると、引掛け問題にも対応できます。他の科目もそうですが、タイムテーブルは超重要です。

私の場合、テキストの上記1,2に該当するところだけを毎日勉強の最初に目を通してから始めていました。反省点は、試験2週間前ぐらいから1,2の確認が少しおろそかになっていたこと。試験後、自信が持てず不安でした。



ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
ロザンナのとっても簡単!イタリアン (エッセ別冊) [大型本]

というわけで、ロザンナさんのイタリアン本は、私のお気に入りレシピ本です
もう15年ぐらい前に購入したのでページはボロボロなんですが、手放せない一冊です


勉強しているとどうしても運動不足や栄養不足に陥り勝ちです 私はまたここのところ、朝ランを始めました
だいたい5キロぐらい走ったり、歩いたりしていますが、体が軽くなり、血行がよくなり気持ちいいです

それから栄養バランスにも気をつけています。野菜、お豆腐、青魚、豆類を取るように心がけています。

そして、最近よくつくるワカメスープをご紹介いたします。もう知ってるって方も多いかと思いますが。。

IMG_1331










材料は:韓国の牛肉ダシ(ダシダとも言う)小さじ山盛り1杯ぐらい(好みで)、ワカメ、ネギ、ごま油(数滴)、ゴマ、これらをスープ皿に入れ、お湯を注ぐだけ
本格的なワカメスープが出来上がります

お食事に一品添えてみてください



 

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
CPA Comprehensive Exam Review: Financial Accounting and Reporting Business Enterprises (Cpa Comprehensive Exam Review. Financial Accounting and Reporting Business Enterprises)
CPA Comprehensive Exam Review: Financial Accounting and Reporting Business Enterprises (Cpa Comprehensive Exam Review. Financial Accounting and Reporting Business Enterprises) [ペーパーバック]

AUDをやっているうちにすっかりFARにご無沙汰していました

IMG_1327










で、このありま AUDに集中する前と終わった直後に解いた結果、こんなに付箋がついちゃいました ちなみに付箋の色は関係なく、ただ単に赤がなくなったので赤の次に危なそうな黄色を使いました。

まずは、この付箋を折り曲げるためにテキストで復習しながら進めようと思います。やり出せばすぐに慣れると思いますが、忘れるのも早い

あと、やろうと思うこと。

特に間違えやすいところを紙に書いてみる。時系列とかにして、頭に入りやすく。例えば、リース取引のところでCapitalizeするかExpensesとするかの分類。販売用と自製で変わってくるので、そこのところを図に書いてみます。。。

目標は5月最後の週。まだ予約してませんが、絶対空いているはずなので。


AUDもそうだったけど、”雛形”って大事。それから新しい論点とか、USGAAPと比較されるIFRSとか。

ただ、FARはみんな、普通に受かる科目と言われているので、深入りはしません

そう言えば、BECのWCは、コンピュータで採点されるとか。人の手も入るかもしれないけど、基本は機械がざっくり採点するらしいです。なので、ここでも文章の雛形は大事ですね~

 

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
昨日の記事 へのアクセス・コメントありがとうございます
まだ1科目なのでなんとも、偉そうに言えないのですが、なんとなく合格を受けてピンときたことがありました

これまで、実質的な勉強、例えばFARの計算問題の基本的な解き方、AUDの暗記箇所、監査手続きの流れなど、頭に叩き込まないといけないことに注力していたように感じます。でも、それも大事なんですが、時間配分や出題可能性や出題傾向は別の意味で大事と感じたことです。 

実際、受験勉強をしている方なら、FARの計算問題、AUDの暗記箇所などはほとんど答えられる、それなのに合格できないということは、時間配分や出題傾向、または精神状態などの戦略が不十分だからかなと、自分の経験から感じました。

そして、付箋勉強法は、その最低限の実質的な勉強(解き方など)を効率化する方法として良いと思います。そうすると、時間が余ると思います。その余った時間を他の情報源から情報を入手するなど、その他の戦略に充てる、といったことが必要なのかと感じています。

情報源としてBISKの後ろの方に載っている試験情報などもなかなか有用な情報だと思います


これらは、実際私がGuamでの受験に失敗したことから学んだことです。Guamでは、FARもAUDもSimulationまで解く時間がなく、ほとんど解けないまま提出。その結果、FARは73点で不合格(AUDは問題外の結果)。なので、Simulationを完璧ではなくても最後まで解いておけば合格ラインだったはず。

ではどうやってこれを克服するか。。。FARは計算問題を中心に時間をかけずに解く練習。なるべく下書き用紙には書かず、計算機だけで解答を出す練習をしようと思います。

ちなみに試験での計算に慣れるため仕事でもWindowsの計算機を使うようにしています。

これらを他の科目にも実践してみようと思ってます

 

このページのトップヘ