PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

2014年11月

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
11月4日に受験したBECの結果。。。。73でFailでした ま、NTS期限が迫っていたので仕方なく受験したのでこれだけもらえれば良いのかなといったところでしたが、これがパスしていればまた予定も変わってきたということを考えると少し悔しいですね 

Photo Nov 26, 1 05 09 PM


ということで、今年の受験はBECとREGで終わりましたが、来年は4科目受験を改めて始めることになります。

今年は仕事が嵐のように忙しく、「ついでに勉強」といった感じでした。それから、引越しなどで環境が変わったこと、更には、大好きな人ができてうつつを抜かしていたこと(笑) ほんと、情けないほど勉強ができてませんでした。。。反省ちう 

先週まで忙しく、夜中の2時まで仕事だったり、その翌日9時から会議があったり。。やっとそんな嵐のような生活が落ち着き、これから先の計画を立てようと思っています。

まず、来年は四半期に1科目!集中して丁寧に確実に受験していこうと考えています。

受験の順番ですが、失効が思ったより早く訪れることを考えると、受かりにくい科目から先に受験が好ましいのかなと感じました。最初は、得意な科目、FARからと考えていましたが、これはまた少しやれば受かると確信!私の場合はREG→BEC→AUD→FARかな。

特にREGは頭に入りにくく、もう考えてみれば1年近く勉強しているのに68点どまり これをなんとかしないといけない!言い訳は終わりにして今日からやってみようと思います。

失効は思ったより早くきますので、皆様も気をつけてくださいね~ 


ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
先週はアメリカから上司が来ていたこともあり、ハードな1週間でした 朝から夜の食事までべったり一緒に過ごしたわけですが、これがまた楽しくて、敢えて毎日食事に付き合いました 周りの人は「大変だね」と言うのですが、その「大変」さがよくわからないです 仕事には厳しく、終わるまで帰らない、でも逆にそのほうが仕事がやりやすく、その後のオフも充実していたのがこの1週間でした 

ということで、1週間勉強時間が30分ー1時間ということになってしまいましたが、またREGの弱いところをなくす勉強に戻りたいと思います。私のWeaker の中の1つ、Individual について今日は1問、問題を取り上げたいと思います。

こちら、2011年のAICPA Release 問題なのですが、なかなか良いところをついてるな~って感心してしまった問題です

In the current year, a taxpayer reports the following items:

Salary$50,000
Income from partnership A, in which the taxpayer materially participates20,000
Passive activity loss from partnership B(40,000)

During the year, the taxpayer disposed of the interest in partnership B, which had a suspended loss carryover of $10,000 from prior years. What is the taxpayer's adjusted gross income for the current year?

  • $20,000
  • $30,000
  • $60,000
  • $70,000

この問題は個人のAGIを問うているのですが、その中でもPassive Loss の取り扱いについて聞いている問題です。Passive Loss は原則、Passive gain としか相殺できず、相殺できなかった分は無期限にCarry forward することができる。そして、殆どの出題では、Passive loss と Active loss が出てきて、Ordinary income と相殺する部分のみを聞くような問題。

これに対して、この問題は、「Passive loss が実現した場合の取り扱い」についている点で、良問だと感じたのです。

問題では、B partnership を売却したとあるので、この場合、B partnership のInterestは Passive loss ではあるものの、繰り延べる必要はなく、この時点でOrdinary income と相殺ができるのです。ちょっと、連結の、親子会社間で取引した不動産の売却と同じような論点ですね~。

というわけで、答えは$50,000 + $20,000 - ($40,000 + $10,000)  となり、a. $20,000 が正解。

足りない気づきを与えてくれた良い問題を紹介してみました 
 


ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
REGに続いてBECを11月4日に受験してきました 受験申込当初の予定では11月の初めの3連休にガッツリ追込をして臨む予定でしたが、仕事が忙しくなり、結局、試験前2日には眠くて眠くて15時間ほど寝てしまう、勉強時間は直前3日間で5時間程度ということになってしまいました。

受験日を自分で決められるというのは、都合が良いようで、実は本当に難しいことだと思います。すべてが予定通りになればよいのですが、受験までの勉強時間や進捗度、仕事の都合などを考えてしまうとなかなか決まらず、もうこれは機械的に「四半期の何週目に受験する」とある程度、決めておいたほうが良いですね 

それから、やはり、「1四半期に1科目」を貫いたほうが遠回りのようで実は効率的にできる気がしました。

受験科目の順番ですが、どうしても自分の得意科目からさっさと受験。。。と思ってしまいがちですが、逆で、思ったより失効は早くやってくることを考えると、苦手科目から受けたほうが良さそうな気がします


ここから本題に入りますが、BEC受験の感想としては「簡単・明確」といった印象でした。ただ、これは、受験勉強が予定通り進んでいた場合ですが 過去問とそれを理解して応用ができれば解ける問題ばかりでした。その応用も、難しいものではなく、一歩踏み込むというよりは、考え方の角度を少し変えてみる、問われている主体を変えてみるということ。例えば、株主の立場で聞かれた過去問に対して、本番では同じ問題で企業側の立場で聞かれる、とか、そんな感じです。

問題の傾向は、各チャプターから満遍なくという感じでした。

なので、やはり、「広く・浅く・何度も繰り返し」の勉強はよく聞くとともに貫く意義があると思います。

後は、それまでの個人の経緯で、過去に日本の会計士などで経営学の勉強をしたことがあるということなどはかなり大きいのだと思います。日本の会計士の試験では、それぞれの経営戦略の意味や意義をしつこいくらい書かせられますので、それが頭に入っていると、多少英語がわからなくても、正しい選択ができるのではないかと感じました。

Written comunication については、普段仕事で英語でやりとりしているかどうかも大きいのかなと思います。私は普段、80%ぐらいが英語での業務なので「書く」ということには抵抗がなかったのですが、試験では、ある特定のキーワードや、接続詞を使ったほうが点数になる、それらを使ってきちんとかけることがキーなのかなと思います。

今回の試験は、あまり自信はないですが、次に受験して合格するには、といった面では大きな収穫になりました。

今年はあと、REGを再受験しようと思っていましたが、結局、出張と重なることになり、来年に延期 でも限られた時間、出来るだけのことはしてみようと思っています。

初回受験・再受験のみなさんの参考になれば幸いです 


ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
しばらく仕事が忙しく、勉強も朝の勉強がやっとの状況でした。そして試験が近づいているというのに、iPhone の大好きな写真を誤って消してしまい、どうしても復活させたくてもたもたしています 

検索してみると、データの復元アプリはすぐにみつかったのですが5000円近くするのですよ~ う~ん、これは買わないとダメかな。。。と、何度か購入のページに進んでみたものの、やはりこの出費はいかがなものかと、どうにかiCloud のオプションか何かでできないものかと探したところ、できました とはいってもみなさん、とっくにそんなの知っていたかな 

手順は以下の通り

1. iPhone をPCにつないだ状態で、まずはエクスプローラーを開き、iCloud の上で右クリック、「プロパティ」を選択します

09

2. そしてウィンドウタブの「以前のバージョン」を開き、復元したいポイントを選び「復元をクリック」。そうすると、iPhone のアルバムに「最近削除した写真」という名前のアルバムができているのでそこから復元したい写真を選んで元に戻します

16

これで一件落着でした さ、勉強、勉強
 


このページのトップヘ