PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

2015年09月

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
なんとな~く、先日読んだ本を読み返していたのですが、わかっちゃた 

何がいけないかって。いろんな人の本を読んで、読んで、読んで。。。勉強しようとしてもやる気が起きず、挙句の果てには焦って、やけになってダメなことわかってるのに受験して。。。の繰り返し。

でも、何度も同じこと繰り返して、本当に本当に、今日はどうしてなんだろうって、泣きたいくらい落ち込んで帰ってきました。でも、わかったのです~!

先日書きました、「メンターを探す」など、成功した人のやり方を真似る、これって、ちょっと胡散臭いから、どうしても少しだけやってやめてしまう。

それに、人の気持ちって一日の中でも、朝起きたとき、会社に着いたとき、仕事してるとき、ランチのとき、残業してるとき、仕事が終わった瞬間、帰る途中、家に着いたとき、お風呂に入っているとき、寝るとき、。。。いっぱい変わりますよね。しかも、SNSなど、一人でいても他人のことが見えてしまう世の中。なかなか自分の気持ちを抑ええることは難しいのです。

そして、これまでの私は、そんな一日の中のそれぞれのタイミングで気持ちがコロコロ変わって、その度に一度決めたことを辞めてしまったり、そして、また本を読んでみたり。。の繰り返しでした。

だけど、そんな自分の気持ちの変化を一切感じない(振りでもOK)ように、淡々と「成功するやり方」を真似ていく。これって、ものすごく簡単に言えるけど、自分の気持ちの変化を抑えて、ひたすら他人のやり方を真似て行くことって相当の努力が必要なんだと思う。

ただ、胡散臭いからって、頭から決め付けてやらない自分は「成功したの?」って問いかければ、成功なんてしていないんだし、やってもみないのに「胡散臭い」なんて根拠がないって思う。 

だから、ここは、「勉強」とか具体的なことを頑張るのではなくて、「自分の気持ちのアップダウンを感じないように努力」することが大事なんだと思う。

だって、真似するのは簡単なんだから。例えば、早起きをするってこと1つとっても、眠さに負けて、「まいっか」って思うのは自分。自分がいちばんの原因だったのだ 

とにかく、「努力」をする焦点がズレていたんだってわかった。自分だよね、問題だったのは 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんばんは すっかり秋、私にとってはちょうど良い季節です 

でも、季節の変わり目、眠くなったり、なぜかやる気のなさを感じる方も多いかと思います 

以前なにかの本で読んだことがあるのですが、人間のやる気のなさやこの眠気、「日照時間」が大きく変わるこの時期に多いそうです 

なので、これを知っている方はよく、日照時間に合わせて朝は起きる方もいらっしゃいます。会社の始まる時間があるので、これからもっと遅くなると、日照時間に合わせて起きるのは無理かもしれないですが、これを知っていると少しは納得、気持ちの持ち方も変わるのでは?

まだ日の出は(関東ですが)5時半です。ちょっと眠気ややる気のなさを感じている方、ご参考まで 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
おはようございます なんとか雨が上がり、気温もちょうど良い感じの土曜日です 

川島なお美さんがお亡くなりになりましたね。。。52歳って。。私だったら後数年。。どんなに健康に気をつけていても、わからないですね、人の命って と改めて感じました。そして、お亡くなりになる寸前まで、ブログを更新されているのがすごいと思いました。もっとも、自身で書いたわけではないのかもしれないですが、それでも、「芸能人」は夢を売る仕事、最後まで、明るく、みなさんの前ではあくまで芸能人を全うしたことが何より素晴らしいなって感じました。

私にそれができるか?って思ったら、やはり、自分の気持ちや体調を表面に出してしまうのではないかな。自分が子供や両親や周りの人に元気を与えるような、存在、言い換えると、役割を全う するっていいなって思いに浸ってしまいました 

さて、ここのところ、いろんなことで「不安を感じる」ということを考えていました。。というのも、要らない心配ばかりしている自分に、ふと気づき、なんて時間のムダをしているのだろうって感じたからです。

「不安」って、そもそも、未だ起きていないことを過去の自分の経験をもとに未来を予想・想像する、 ということですよね。それって、「自分の過去」に起きた出来事をもとに考えるから、予想をする材料としてはかなり偏ってるのですよね。

なので、不安や心配になるようなネガティブなことは考えるの辞めました 未来のことは、明るいことだけ考えるようにしようと思います

備えあれば。。。とは言いますが、過剰な心配は本末転倒かなって思います。だってなるようにしかならないから 元気なうちは 思い切りやりたいことを楽しみたいですね 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんにちは 先週とは打って変わって快晴ですね 

昨日から読み続けている 幸せとは、気づくことである―仕事も人生も最高に楽しくなる脳の活用法 [単行本] ですが、またまた納得の内容に出会いました。

こちらの章は「あらゆる悩みは『数字』で解決できる」というもの。

10,000時間の法則などありますが、あらゆることは一定の時間数を超えると力がついてくるということ、そして、この試験では、1,000時間で合格できるなどとも言われています。

茂木さんによれば、これまで何時間の勉強や経験を積み重ねてきたかを計算してみる。1日1時間しかやってなければ1年で約300時間、人との出会いならば1年に数人程度、新しい人にあっているぐらいでは「出会い」は叶わないと。 

ということで、これから先、自分がどれだけやったらいいのか、やったら夢に少しでも近づけるかが数字にしてみると明確なんですね。それと、「自分はできない」とか「無理」という先入観を捨てることが大事です。

そして私の感じた、この方法の良いところは、時期がだいたいわかることでモチベーションも上がるし、具体的な将来の計画も立てやすくなるという点です

なんとな~く、できない、やる気がない、モチベーションが上がらない。。。。と体が動かない方、一度具体的に数字で表してみてはいかがでしょうか 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんにちはシルバーウィーク連休の真ん中の日、みなさまどんな休日をお過ごしでしょうか 

前半の土日は実家に帰り、秋刀魚バーベキューをしてまいりました そして今日から3日間は勉強という予定 
相変わらず、移動時や就寝前には読書をしています。ここのところ、パッと見て読みたいと思った本は迷わず即買 とにかく読みまくっています。そして今回読んだのはこちら 

幸せとは、気づくことである
茂木 健一郎
プレジデント社
2015-09-17


茂木健一郎さんの本は大好きでよく読んでいます。何が好きかって、ちゃんとした研究や理論的な裏付けがあって物事を言っている点、過去の著書とは違うことを書いているので内容にダブリがないことです。同じ著者の本は、違う本を読んでも、何度も何度も同じ言葉を繰返し書いていることが多いですが、茂木さんの本は、基本になる考え方は同じであっても、それをそのまんま書いてないところが好きです 

やはり、読む側としては、新しい「知識」とかアイデアが欲しいから読んでいるので、まったく同じ言葉を使って、それが大事だと強調されても、新しい本を買った楽しみがなくなるのですよね 

そして今回、ストレスについて書かれていたことが印象的でした。

「自分でコントロールできることと、できないことの区別」

これ、ストレスを溜めてしまうかどうかの基本的なところ、例えば、他人にコントロールや意思決定の権限があることを自分がいくら頑張ったところで、限界があり、それが思い通りにならないということでストレスになるということ。でも、自分が最初から最後まで決められることなら、行動して頑張った分だけ物事は進むし結果も出るということ。

で、その他人に支配されていることに対してストレスを抱えるのであれば、そのいちばん良い解決方法は「諦める」です。

とっても共感しました。私は仕事でこんなストレスはよくありました。でも、こんなちっちゃな会社で、ワンマン社長さんと変わらない環境で、いくら自分が主張したところで、場の雰囲気も悪くなるし、仕事の後も嫌な気持ちが残ったり、もう、こんな無駄な時間を過ごしているなら彼に任せて、ある程度頑張ったらもう投げてしまおうと決めていました。その考えをしたときからはとっても仕事が楽になったのです 

理にかなっていると思いました。もしもストレスを抱えている方、いらっしゃいましたら「諦める」をやってみてください~。きっと楽になるはずです
 

↑このページのトップヘ