PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

2016年02月

Q1の受験期間も終わり。とうとう受験しないで終わりました。

この間、好きなことをしながらも、これからどうしていこうかって考えていました。考え方とか、物事の捉え方で毎日の幸福度は変わってくるのだと思うけど、こんなに自分の人生について考えたのは初めてかも知れない。

勉強を一生懸命頑張っている人からみれば、「何をやっているのだろう」って呆れるかもしれないけど、なんだか、自分を俯瞰して見てみると、自分のやってることなんか、宇宙から見ればゴミみたいなものだし、何をやっても何かが変わるわけでもないし、何かをやらなくても死ぬわけじゃないし。。。なんて考えに行き着いてしまう。

この間も書いたけど、仕事や勉強に夢中になれたのは、娘がまだ小さくて、少しでも良い仕事をして贅沢ができればって思いでそうなっていたんだと思う。で、娘も独立して、私がいなくてもしっかりやっていけるって状況になった今、そんなに働く必要もなくなり、そもそも、嫌なことや辛いことに耐えられる気力も、こうなると出てこなくなる。

そして、毎日の殆どの時間を仕事に費やすことについて、「生きている間の時間つぶし」にしか感じなくなってしまった。だったら、楽で、適当にできて、自分の楽しめる時間を持ったほうがいいかなって考えるようになった。

多くの人は、自分が何か、または、誰かに認められることに生きがいや楽しみを感じるんだと思う。そして、そのことを仕事に求める人が多いだけなのかな。

私の場合、特に大切に感じない職場の人たちに認められることはまったく意味がなくて、むしろ、まったく知らない他人でも、困っている人を助けらたほうがいいなって思う。

でも、実際の仕事ではそんなこととは程遠い、内部統制だとか、決算早期化とかものすごく力を入れていて、特に私の会社のような中小企業にとっては迷惑の何者でもない。。限られた人員で、容赦なく増えていく仕事。もう限界。自分の時間を犠牲にしてまで、そういうことに時間を費やしてやりがいは勿論ないし、エンドレスで増えていく仕事に達成感なんか感じない。

そもそも、辛い思いや大変な思いをしていっぱいお金を稼いでも、十分な時間がないために、外食やタクシーでお金を使う。ストレスでお金を使う。だから、いっぱいお給料をもらってもプラスマイナスゼロ、それどころか、嫌な思いをした分だけマイナスな気がする。

「会社」という仕組みにはまって多忙になり、自分を見失っていくことに本当に納得が行かない。で、そうしないと生活が成り立たないということも、また納得がいかない。そんなに好きでもない会社のための人生じゃないし。

この間テレビを見ていたら、過疎化が進めば「地方に企業を。。」なんて発想しかないし。 少子化が進めば「お金」でどうにかしようとするし。。。お金をもらえるから子供を生むのですか?考え方が完全にズレてる。

税金を軽減してもらえることは良いかもしれないけど、過疎化や少子化を企業を作るということやお金から切り離して考えられないのだろうか。仕事やお金の問題ではないと思う。多くの人は仕事やお金が原因だと信じているのかもしれないけど、それは、勘違いで、もっと根本的な人間の本来の姿を忘れているんだと思う。みんな、社畜になっているから、過疎化や少子化が仕事やお金が原因で起きていると思うのだと感じる。

何かを考えるときに、本来の人間としての大切なモノを中心に考えるべきだと思う。今は、仕事とお金を中心に考えているからうまくいかないのだと思う。国力なんか弱くたっていいと思うし、むしろ、人間的な部分を大切にするほうが長期的にみれば国力は上がるんじゃないかな。

もっと自由な時間が増えて、時間やお金に追われず、自分自身をもっと素直に表現できて、そうすると、人にも優しくできて、少しはまともな世の中になるんじゃないかなって、今日はどうしようもないことに息詰まりそうになった。

 

今朝は春の嵐、ものすごい風と雨、それから雷も鳴ったり。でも今は青空。なんだか落ち着かない天気です。

よく、高熱が出る前に、全身が痛くなる感じ、もう、それが一週間続いている。花粉に反応しているのか、ただの風邪か、よくわからないけど、毎晩熱が上がって、朝には冷める、で、この全身の痛さは変わらずに続いている。なので、何かしようとしても、痛くてカラダが動かないし、気力も出ない。何なんだろう。。。死ぬのかな。。。なんて思ったり。ま、いいけど。

なんとなく危ないかなって感じたから、私がいなくなった後で見られると恥ずかしいものを処分してみた(笑)


仕事があまりにもキツくて全てについてやる気を失ったわけですが、こんなピンチをチャンスに変えるには、「全てを捨ててみる」のも1つの方法かと思ってます(ピンチだとはあまり思わなくて、むしろ、辞めるチャンスかな)。

「捨てる」こと、例えば、もう1ヶ月ほど前からFacebookはやっていないのですが、それも、他人の言葉や行動が目に飛び込んで来るのを防ぐため。気持ちのブレる原因から断ち切って、少しの間、自分と向き合う時間を持とうと考えたから。この機会に別のIDを作ってアカウントを移行してもいいかなとも考えてる。

それから仕事。仕事を辞める決心はついた。でも、何もあてもなく辞める勇気はないから、とりあえず、生活できるくらいの収入を確保する目処がついたら辞めることにする。もう、肩書も普通より良い報酬もいらない。素の自分で稼げる範囲、すなわち、身の丈にあった収入が幸せなんだと思う。

こんなにカラダがおかしくなるまで働くなんて、そんなの私の人生じゃないし、私はその会社のために生きているわけではない。自由になりたい。


最後に友達。Facebookの友達も、それ以外の友達、会社の人たち、どれも私はあまり深い付き合いはないので、いいのだけど、いちどすべてをゼロにしたい。というか、自分自身がしっかりした気持ちをもって物事をやっていないと、他人に優しくしたりできるわけがない。

すべてゼロに戻して心を洗いたい。



 

いろんなことを考えていると、どんどん、1つのことを突き詰めて考えるようになって、忙しくしているときには考えなかったような細かいことまで、すっかり考えるようになりました。そんなのは暇人のすることとか、現実逃避なんじゃないかって、自分自身も以前は感じていたけど、考えているうちになにが現実なのか、ってところまできてしまった せっかくなので書いてみようと思う。

きっと一生懸命、勉強やお仕事などに打ち込んでいる人にとっては、イラっとするかもしれないけど、そうであればスルーしてくださいね~  

会社での出来事、

私:「毎日同じ時間に同じ場所に来て。。。辛い。。もう限界かも。。」
会社の人:「みんな同じだから」
 
まぁ、一般的なやり取りなのかとも思うけど、私にとって「みんな同じだから」って言葉に説得力を一切感じない。同じように会社に通勤している人の中には、やりがいがあって、楽しくて、ものすごく充実している人もいるかもしれないし、そうゆう人はそれで問題ないと思う。

でも、どのくらいかわからないけど、やりがいも感じていなければ、楽しくもなくて、辛い人だっていると思う。で、「みんな同じ」が不思議に感じたのは、どうして、辛くて、不満がいっぱいなのに、我慢しているのだろうって。それが「普通」になってしまっている世の中(日本)のほうがおかしいのじゃないか? 

で、更に考えてみると、「現実逃避しないで現実を受け入れる」とかいう人がいるけど、じゃあ、その「現実」って何?例えば、仕事や勉強のことを「現実」と呼ぶのなら、そうゆうことから逃げるのが現実逃避、そうじゃなくて、好きなことだけをやって、お金に縛られず、好き勝手に生きていくことが「現実」なら、そこから外れて、仕事や勉強をすることが現実逃避(?)

いや、どっちも現実。むしろ、仕事や勉強など、世間一般にまともだと言われていることだけを「現実」と考えるのはおかしいし、みんな同じ人間だし、向き不向き、好き嫌い、運がいい悪い、頑張れる人、頑張れない人、いろいろあるから。あまり頑張らなくてもスルスル知識が入ってくるぐらいの勉強なら、その人に合っているのだと思うけど、そうじゃなくて、辛い時間を過ごしてまでやるのは間違っていたんだなって思う。ただ、辛くても、それは体力的なものだけで、精神はまったく蝕まれていないのであれば、あまり問題はなくて、身体だけが辛いうちに対処しておいて、精神まで蝕まれないように予防する必要があると思う。

負け惜しみや言い訳のように聞こえるけど、それは仕方ないし、今となっては勉強をしないことに対する罪悪感はまったくなくて、かなりゆったりしている。 ただ、元々勉強が好きで続けていたので、勉強をしないと言っても、仕事の中で「あ、これは監査の勉強に使える覚え方かもしれない!」なんてことは自然に目についてしまう。

なので、まだまだ、「これがやりたい!」って少しでも思うことは何でもやってみて、心の底から素に戻れるまでは世間一般に言われる現実逃避を続けようと思う。 

こんばんは。

仕事が超忙しく、と言うか、問題だらけで忙しくなってしまい、勉強も無理をしてやったがために壊れてしまった私。

みなさんはくれぐれも無理をなさらずに、身体を大事にしてくださいね。

やっと早く帰れる日も出てきて、普段何をしているかというと、読書、お料理、編み物、ランニング、。。。気の向くままに好きなことを何も考えずにやっています。

昔から私は、気分転換が下手でした。こうやって勉強もせずに好きなことをやっている期間って、本当に何年ぶりか。。10年は経ってると思います。

先日読んだ本にこんな図が載っていました。 

Photo Feb 09, 7 40 32 PM
少し前までは「全否定」の3番だったのだけど、ようやく4番になりつつあるかな。この本にも書いてあったけど、3番にいる間はやけになって、おかしな行動をとりやすくなるので要注意って。

読書って、本当に自分以外の人の考え方を知ったり、自分の気持ちを代弁してくれたり、いろんな考え方を教えてくれたり、ワクワクします。

お料理は、結婚していたし子供もいたので自然としてしまうのですが、今度はキレイに雑誌に載っているようなお料理を作ってみようと思います。慣れてしまっているとワンパターンになちゃうんだよね。自分の好きな家具を置いてカフェの経営ができたらいいなって思ったり、それで、美味しいコーヒーを入れる練習をしたり。Amazonで世界のいろんなコーヒーを買って、ブレンドしたり、こんな小さなことでも楽しいです。

それから編み物。これは、もうずーーーーっと自分にはできないと先入観を持っていたことの一つ。洋裁は好きでよくやったけど、編み物だけは。。。という感じ。それが、今や、できないことはすべてネットで可能になるんです~!YouTube に編み物の先生や毛糸のメーカーがいっぱい編み方を投稿しているので、殆どのものは初心者でもできてしまう!

それからというもの、怖いものなしw 糸のつなぎ方から始末、どんな細かいこともぜったい解説があるんですね。昨夜もとうとう1時過ぎまでやってしまいました。一目一目出来上がっていくのがものすごく楽しくて、電車、カフェ、どこでもすぐに取り出して編んだりしています。

そうそう、最近は、電車に乗ってもみーーーーーーんなスマホを、まるで、同じ人形が並んでいるように、いじっている、その姿はまったく同じなんです~。その光景を俯瞰してみると、面白い。。。というか、異様な感じ(笑)

なので、意外に電車での編み物は新鮮。

今週末は、カリグラフィーをやってみようと思っています。




 

考えてみると、生活、勉強、仕事、恋愛、。。。殆どのことを過去の経験から感じた気持ちや成功例を元に考えている。

例えば勉強。過去の成功例はあまりないけど、何かの資格試験で合格を手にしたときのことを思い出して、あの感触がなかったら合格できない、ってよく感じた。勉強をしていることが苦にならないとか、楽しいとか、覚えることがどんどん頭に入ってきて充実感を得たこと。多分、勉強に関しては今でもその感触は間違えていないのだと思う。

それから仕事。仕事については、過去の経験から感じた感触を頼るのはあまりよくないかなって感じている。特に、転職をした場合、以前の就業先での方法を転職先でもやろうとする人がいるけど、会社の規模が違ければ、従業員の人数も違う、使っているシステムの使い勝手も違うんだから、新しい会社でのやり方を先ずは頭を白紙に戻して考えるべきだと感じる。こんなこともあって、中途採用の要件に「経験」を挙げるのはあまり好きではない。特にある程度の経験がある人は、なかなか転職先でのやり方に馴染めず、不満ばかりを言っていることが多いと感じる。年齢が若くて経験がない人の方が会社にとっては使いやすいということも大いにあるのだ。


あと恋愛。これは大きく違う。もちろん歳をとったからというのも大きな環境の変化で、ないものをいくら欲しがっても100%無理なんだけど、やっぱり好きな人の前ではきれいでいたいと思う(笑)

気持ちのうえで大きく変わった点としては、唯一の家族だった娘が自立して、今は一人で暮らしているから心の中がスカスカな状態であることをよく感じる。 だから、ものすごく寂しがりやになったし、誰かに頼りたい、認めてもらいたい、一緒にいたいっていう欲求がしょっちゅうでていた。正直、誰かに依存しないと生きていけないって何度も感じた。

恋愛は「依存」したい気持ちでするのはあまり好きではない、と言うか、そうゆう恋愛は長続きしないし、もっと心から自然に好きになって、素のままの自分を出せるようになったらまた自然に誰かを好きになれるし、だいたい、依存したいと思っている私を好きになってくれる人はいないのだと思う。 素のままの自分でできる恋愛なら相手の年収が何もなくたって、そんなことはまったくの問題ではないのだ。むしろ、紐となって貢いだり、身体だけの関係だったり、いわゆる都合の良い人としての関係も、自分が好きなら何でも有りなんだと思う。要は、一緒にいる時間が1分でもあればそれで幸せで、会っていないときにお互いが何をやっているかも関係ない。だいたい、人間のやることなんて、みんな同じ、宇宙人じゃないんだし。

昔の経験から得たことはしまっておいて、今の置かれた状況や直感を優先して、何も考えずに過ごしてみようと思う。

このページのトップヘ