ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
CPA Comprehensive Exam Review: Auditing & Attestation (Cpa Comprehensive Exam Review. Auditing and Attestation)
CPA Comprehensive Exam Review: Auditing & Attestation (Cpa Comprehensive Exam Review. Auditing and Attestation) [ペーパーバック]

やはりペーパーベースでの勉強方法がやりやすく、進めています。ここ10日ほどでAUDのMC全問とPractice Exam を終わらせ、その結果、写真のように間違えた問題に付箋が付きました 後で数えてみたらMC全問とPractice examで1,033問でしたそのうちの5%から8%ぐらいに付箋がついていると思います。 私の場合、奇数問題だけでは不十分と判断したので全問解きました。

それから、42nd. のAUDですが、41st.からバージョンアップして、12Chapterから14Chapterになっていました。Government Auditing と Review (Compilation) が独立したのでその分増えたのですが、こちらのほうがやりやすいです。Government Auditing については、Editor問題ばかりですが、テキスト等ではあまり説明がない分、MCだけ解けば要点は整理できるようになっているようです。

付箋勉強法についてコメントをいただいたこともあり写真付きで説明しようと思います
ちなみにこの勉強方法は、普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法 [単行本] の中で紹介されていた方法でした。さすがです。とてもわかりやすく効率的にすすめることができます。


IMG_1286










昨日から間違えた問題のみを解き、確認しながら進めています。

写真













付箋には当初間違えた日付と✖を記入、再度解いて正解だった問題の付箋は、写真のように折り曲げ、その日付と○を記入。最後に通してもう1周解いた際に再び正解した時点で付箋ははがしていきます。その時点でまだ付箋がついたままの問題は潔く捨てるか、テキストに戻って確認するか。その問題の重要度によって判断です

この作業を繰り返す間に、テキストを熟読する機会を2回ほど設けてみると理解度がグッと上がるようです

あと、見逃してはいけないと思ったこと。なんとなく、根拠もないけどたまたま正解した問題や説明できないけどわかる問題、または、わかるけど形式を変えて出題されたら自信がないとか、ちょっと確認しておきたい問題。そういった問題には鉛筆で問題の隣に小さく▲マークをつけました。復習のときは、それらも解答やテキストで確認するようにしています。


今日は月中ということもあり、仕事が暇 12時には既に帰る準備をしていました で、おやつを食べてこれから夕食までの間は勉強します