PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:外資系

これまで約18年外資系中小企業で働いてきました。

他人の話を聞いていると、外資系にあこがれる人も多く、「自由でありながらスピード感がある」といったイメージがあるそうです。

わたしとしては、「いいとこどり」ができると最高だと思っています。しかし、良くない部分、しかも強烈にどうにもならないことがあるのは事実。 人それぞれ、許容範囲内であれば変な部分は我慢もありかなと思います。

元々その会社が純粋な日本企業か、外資子会社を目的として設立されたのか、または、外国人がいるかいないか、など、状況によってはかなり変わると思いますが、わたしの感じた範囲で外資系企業(中小企業)の良い点と悪い点をまとめてみます。ちなみにこれから書く「良いところ」と「悪いところ」は、外資中小企業を前提にしています。

良い点
1.服装などが比較的自由
特に金曜日はジーンズで出勤する人が多いです。金曜日の午後はもうほとんど週末気分w それから、ネイルや髪の毛についてはほぼ自由。関係会社のファイナンス部の人たち、髭や入れ墨とか普通にいます。財務諸表を作るのに髭が生えてちゃだめとか、刺青入ってちゃダメとかないと思います(笑)そんなことより、能力や結果重視で何より自由でいいなって感じます。

ただ、外国人に関して言えば、外見はみなさん、きちんとしているのが基本です。スーツは着ていながら髪がのびていたり靴が汚れていたりということはないです。そうゆうとこ、感心します。

2.時間もフレキシブル
社内規定はあるけど、良い意味でフレキシブル。朝早く出勤してその分早く帰るとか、今日は自宅で仕事するとか、かなり自由。自分の仕事が終わればそれでよし!基本的に「自分の時間」を大切にした行動ですね。

3.食べながら仕事
朝、昼、午後、何かしら食べている人多いです。

4.音楽を聴きながらでもOK
わたしは周りがうるさいときは必ずイヤホンをして音楽で紛らわしていました。自分の世界に入って集中できるのでこれはありがたいです。

5.パーテションがある
机は基本的にパーテションで区切られています。日本の企業は大企業でも、他人と向き合って座る配置がいまだに主流だと思います。横のつながりを異常に大切にするから仕方ないのかもしれないですが、常に見張られているようで、私は常に萎縮してしまいます。。

まとめると、とにかく「自由!」 仕事が優先。大事にするものが違うなってよく感じます。良い悪いじゃなくて、気にしないんですね、重要でないことは。日本の企業であれば、ひんしゅくを買うことかもしれないですが、正直その意味がわかりません。 そして他人との関わりが少ない、または、スッキリしていることも私は好きです。


悪い点
1.カントリーマネージャーによって社風が変わる
これ、かなり強烈な記憶があります。個性的な上司が多い気がします。なので、あまり自分と合わない人が上司の場合は、経理などがしっかりしないと海外の親会社から突かれることになるのです。 会計部門は本当に苦労します。テキトウにお付き合いして、しっかり自分の部門は固めておいた方がいいですね。。かといっても、やはり上司の協力なく、固めることも難しいので、そこのところが苦労するところだと感じます。

もうひとつ、結局のところ、カントリーマネージャーとは、英語が喋れれば誰でもよい、というところがあるように思いました。これまで何社か働いてみて、英語をしゃべって適当に上手に人と付き合う能力さえあれば多少の問題児でも全く問題ない、要は親会社にきちんと情報が伝わればよいのです。

2. 英語を話せる人に仕事の負担がかかる
外資系といっても中には英語がまったくダメな人はいます。なので、結局は、英語ができる人に負担がかかることになります。少しぐらいならいいですが、度重なるとけっこう負担です。基本、残業は年俸に含まれるので出ません。英語の勉強してほしいです。というか、英語は単なるコミュニケーションのツールですから。
 
わたしはこの悪い点の1に耐えられませんでした。良い部分はいっぱいあるのに、これはまったく許容範囲外でした。経営者や代表者は元々営業の人が多く、営業v.s. 経理の壁は永遠に取り払うことはできないのですよ。そこのところを上手くやっていくのが今の私の課題だと感じます。それが上手にできたら本当に居心地が良く、楽しいだろうなって思います。

そもそも、うまくやるとかなんとかって考えてること自体がおかしいのではないのかとたまに思います。他人の会社のために消耗する必要はまったくないのですから。もっと自分を大切にすれば、会社での人との距離も適度に離れてもめる気にもならないんじゃないでしょうか?


いろんなバランスが難しい外資系中小企業ですが、元々の会社の特徴(もともとは純日系企業かもともと外資だったのか)や人員構成などから、どのタイプの外資系企業なのかを割り出していくといいと思います。

外国人のいるような職場に慣れている人が、純日本企業のような外資系に転職するのはお勧めできないですね。少なくとも上司は外国人じゃないと、くだらないことで悩む羽目になりそうです。

ご参考まで。

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
相変わらず合否待ち 仕事は相変わらず忙しいのですが少しだけ落ち着きつつあります、気持的に 

もう1年近くERPの導入プロジェクトをやっているのですが、ここにきてやっと固まってきました。そして今はテスト環境にてマスターデータの確認やシステムの動きをテストしているところです。そして、テスト入力をした人とミーティングをして印象に残ったことをちょっと書いてみようと思います。

まず感じたこと。「上に立つと見えてくるものがある」ということ 思えば会計の勉強を始めて10年、会計の仕事を始めて 20年 最初の頃は財務諸表なるものを見てもピンとくることもなく、「決算書の読み方」などといった本を読んでもピンとくることもなく、ただただ仕訳の入力をしていた時期があり、そのうち、細かい経理の処理にこだわったり、必要以上に細かいところを気にしたり。。。。そんな自分を思い出しました 

と、いうのも、今日のミーティングでは「ネジ」1こについてどうするか。。。なんて話がスタッフからでたのですが、もう、そんな、ネジ1こについて話をすること自体、無駄なことだと思ってしまいました。と、同時に、自分の10年前をみているようで、複雑でした 

ネジ1つでも管理しないとダメです、製品の売上原価になるのであれば。。。ただ、1つをカウントするかどうかということになれば、それは話が別!中小企業なので月に数千万円の売上ですが、ネジ1つはね 効率的に、数がわかる方法を考えれば良いことだと思ったのですが、「管理する必要がある」ことと「ネジ1つをカウントする」ということは別なのです。。。。これをうまく説明できず、イラっとしっちゃいました 

そのあたりの「適当に物事を進める」というところを伝えるのって難しいです。。。普段、どうでも良い仕訳にこだわり、大事な部分は大雑把な人が多いのはどうしてなんだろうってちょっと考えてしまいました。要は費用対効果なんですけどね。。



ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
*こちらの記事は2015年8月に書いた記事をリライトしたものです。内容は常に更新しています。

こんばんは 暑いですね。。 

今週は7月の月次の締めの週、なんとなくばたばたしています 外資と言っても、日本の外資では、「資本」だけが外国から投入されているだけで、働いている環境や人は純日本、という会社も多いと思います。ちなみに私の会社は元々、純日本の会社だったのですが、ここ2年ほどで外国人を採用し、英語も頻繁に飛び交う職場に大変身しているところです

「外資」の会社で働くって、よく、自由で活発で。。。みたいなイメージがあると思いますが、本当にいろいろ複雑です。。。いいとことも悪いところもいろいろ見えて、良くもあり、悪くもあり。。。ふーー疲れますねぇ 

日本人と外国人の間に入って働いているととってもよく思うのは、「日本人は細かい、真剣に悩む、いい加減にできない」ということ。良くも悪くも。。です そして私のこの数ヶ月に感じたこと

何か困難なことがあると、

その1
外国人 → まずは行動
日本人 → まずは話し合い 

その2 
外国人 → あまり大したことだと思わない(ように見える)
日本人 → 真剣に悩む・怒る(笑)

その3
外国人 → 全体的な決め事は作らず柔軟に対応 
日本人 → 全体的な決め事を作ってみんなで守ろうとする(マニュアル大好き 

その4
外国人 → なんでも人に聞く(明るく) 
日本人 → できるだけ聞かない(時間をかけて苦労することが美徳) 


その5
外国人 → 早く帰りたいがちゃんと終わるまでは帰らない(絶対に月曜日から木曜日で仕事が完結して金曜日はうっほほーーとなれるようにがんばる) 
日本人 → どうにか終わりにする理由を作る(とりあえず今日は。。。みたいな、そして真剣に暗く働く)

少なくとも私の周りはこんな感じなのです 一番苦手なのは「話し合い」。。。それだけで時間の無駄のような気がします。。みんなエキサイティングして話が終わらず そして、「決め事」。。。私は本当に「決め事」が大嫌い! 決め事なんて自分を正当化するための言い訳にしか感じないし、決め事がないと何もできないなんてちょっと情けないような気がします。。

この内容を動画にしてみました。よろしければご視聴ください。↓



やっぱり、みんな同じように振舞って、同じように行動していくのが心地よいのでしょうか。。。私は鳥肌が立つほど嫌ですが。。  

どちらが良いかは個人差がありますが、私は少なくともみんなが気持ちよくいられる場所を提供する立場になりたいです 

いろんな思いがありますがまだまだこれからもがんばりますっ 

久しぶりのブログ、いろいろと書きたいことはあったのですが、書く環境がなかなか整わず長い間放置していました。

相変わらず、外資系企業のファイナンスに携わっていますが、小さな会社の管理部門なので人事をやったり、法務的なことをやったり、労務処理をしたり、本業に集中できることは稀な状況です。

人事の割合としては、全体の10%程度(名目上は)ですが、難易度といったら全体のお仕事のなかでいちばん上なんじゃないかと思うほど四苦八苦しています。

正直、もう人事大嫌いになってます。で、どうしてそんなに人事のお仕事が嫌いなのかと考えてみたのですが、原因は1.数字を追うようにキレイに終わらない、2.そもそもテクニックというか、知識も経験もそれほどないから苦しい、3.何か言えば必ず自分の権利を主張する従業員がいるからビビる。こんなことが思い浮かびました。

この中でもダントツに「嫌だな~」と感じるのは、3の自分の権利を主張して攻められること。もうこの数年で人事が大嫌いになりました。というか、会社で働いている、いわゆるサラリーマンという生き物はそんなものなんでしょうか?決められた時間に会社で働いて、お給料をもらって、自分の権利をとことん主張する。それってやりがい?個人的にはそうゆうの大嫌い。

会社から1円でも多くお金をもらえるためには自分の権利を思い切り主張して、人事や会社の義務の落ち度をいちいち指摘する。こうゆう働き方で皆さん幸せなんでしょうか?ね。

そうゆうときの印象は「せこい」としか感じないし、他人の会社にぶら下がっておいてなんだよっ、自分の力で稼ぐとか、。。自分で言ってて情けなくならないのか?

仕事ってそうゆうこと?

と、毎日の仕事がばかばかしく感じるのでした。

とともに私の人事嫌いは加速するばかり、人事のエキスパートと言われる人たちはいったい何をやりがいと感じているのでしょうか?

と言ってもすでにやる気ゼロ。覚えようとか、勉強しようとか、これがどうしてもそんな気になれないんです。困ったものですけど嫌なものは嫌なんです。


関東はスッキリ秋晴れです。いつも見えなかった電車からの富士山がくっきり大きく見えました。

9月に会社のオーナーが変わったことに伴って商号変更の手続きをしていましたがやっと落ち着きました。社判の作成、登記、銀行口座、社会保険、確定拠出などなど、商号変更といっても本当にいろいろと関わるものがあってなかなか勉強になります。

大変な作業とはいえ、法律での決まりごとが多いので、それに従っていれば特に問題はなく手続きを進めることができるのですが、最初に悩んだのが、社判の作成。

外資系で英語表記の場合はどうしても文字数が長くなる場合ば多く、当社の場合は32文字になり、どうしても登録印鑑をそのまま英語表記で作成することができず、結局は日本語に直訳した漢字で作成しました。

法務局によれば、会社名がそのまま登録印(会社の代表印)にならなくても良いとのこと。もっというと、内容は何でも良いとのことでした。そして印鑑証明をとって、当然その印鑑ですべての手続きを行いました。

すべてが完了したと思いきや、先日、「商号と代表印の記述が違うので、両者が同じ者と認識できない、そのため、印鑑証明を提出すること」といった指示をいただきました。

なるほど~と思ったのは、印鑑証明の効力。印鑑を登録するということは、この会社の印鑑だってことを証明すること。。。と、当たり前のことに気付いたのでした。。。

普段は保証人になったり、借り入れをするときなどに必要になる印鑑証明。それだけだと、結局は提出するだけで完済すれば特に問題なく印鑑証明の効力も知らないままだったのです。

当たり前のことなんですが、まだまだ身近に知らないこと、気付かないことってあるんですね。


このページのトップヘ