PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:暗記カード

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
日本は新年になりました、皆様、明けましておめでとうございます 言わなくても皆さん、同じ気持ちだと思います、今年は絶対の絶対に合格したいです 

さてさて、昨日、大晦日から、テレビも観ずにBECの勉強をしていました。。。WileyのKindle版、最新版を購入し、やり直し Biskとはやはり違いますね、こうゆう、色んな角度から問われることが、苦手な科目には必要だと思い、入手しました 

そして、間違えた問題をせっせとFlashcard アプリの Brainscape に入力、やっと1章が終わったところ こんな感じです 

brainscape

まだ音声は設定してないですが、音声が入ると、歩きながらでも勉強できますね 

実は、このアプリ、昨日グループの方からNINJAの教材がディスカウントしているとの情報を得て、試しにFlashcardsを買ってみたのですが、そこで使ったのがこのアプリ、「Brainscape」っていいます。ただ、NINJAの教材は私にはちょっと合わない感じがして、結局、自分で「間違い問題」をFlashcard に入力してみました~ 

このアプリ、理解が進んでいない問題については繰り返し繰り返し何度も登場するようになっていて、できない問題があとどのくらい残っているのかわかる所が良いです。

使い方は簡単、最初はPCでアカウントを作成、科目やカードを入力して、その後、タブレットやスマホにアプリを入れて同じアカウントにログイン、同期させると入力したフラッシュカードが使えるようになっています。もちろん、最初からスマホやタブレットだけでもできると思うのですが、PCからだと入力が楽、それから、CSVファイルをアップロードすれば個々のカードをわざわざ作らなくても一気にアップできるのです。

入力に少々時間がかかりますが、一通り入力してファイルを作成してしまえば、あとはそこから問題を削っていけばいいし、元のファイルもCSVで保存しておけばいいのですね。

もう少しやって寝ようかなと思います。

なんだかお正月らしくないお正月を過ごしています でも、一人、黙々と楽しいです 

よろしかったらお試しください~
 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
昨日は暗記カード「cram」について紹介させていただきました。ふと、今日考えていたのですが、もしかすると、これは英語の勉強に使う人もいるのかもしれない。。と言うことは、暗記カードを使えるまでに至らない人もいるのかもしれない ということで、きょうは、暗記カードを使えるようにその手順を書いてみました 


1. まずは会員登録、できればiPhone にもAPPを入れておくとすぐに使えることができます。会員登録がすんだら、さっそくログイン、いちばん上にある「Subject」をっくりっくします。

 cram1


2. 「Subject」をクリックするとそのすぐ下に黒く詳細として勉強がどの分類なのかが選べるようになっています。USCPAの場合は「Exam」を選択。

cram2


3. そうすると「CPA」が出てきますのでここを選択

cram3


4. CPAのFlashcardとして登録してあるものが全て出てきますので、右上のSearchに科目などを入れてフィルターをかけます。

cram4


5. そして更に、新しい試験にできるだけ近づけるように左側のラジオボタンでアップロードされた期間を選びます。ちなみに私は「This year」を選択しました。そして表示されたFlashcardから自分の良いと思うものの名前をクリックして選択し次へ進みます

cram5


6. 右側の少し下がったところに「clone」というリンクがあるのでこちらをクリック

cram6


7. もともと作成した人の作った題名を自分のわかりやすい名前に変えるのはここでできます。そして、その下にある「Import a flashcard set」をクリック

cram7


8. 一番下までスクロールして「Create set」をクリック

cram8


これで終了 iPhone でもログインしてみると同じようにダウンロードされているのですぐに使えます そして、音声でも使うことができるのでよいですね。少し慣れたら自分で作ってアップしてみようと思います

お試しください







ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
BECのMCQをひたすら解いていたのですが、わからない専門用語などが多いな。。。といった印象を受け、やはり、「暗記」が必要と感じました 

でも以前REGの勉強でお伝えした暗記カードを また引き続き作るには時間が足りない そう思い、「Flashcard」でググってみました。Wileyなどでお金を払って入手する方法もあり、そちらなら何の心配もいらないのだとは思うのですが、受験貧乏な私にとっては$100でも節約したいのです 

そこでみつけたのが無料でFlashcardを入手できるここ、cram.com  

このサイトは、いろんな受験に使うフラッシュカードを個人が作ってシェアできるサイト。会員登録して、自分の勉強している科目を選んでダウンロードすれば、あっという間にフラッシュカードのできあがり iPhone アプリもあるので、PCからダウンロードしたものを使って移動中などにアプリで勉強ができるのです 

こちらがその画像

Photo Sep 21, 11 05 03 AM

設定にもよりますが、こうやって表だけを表示するか、表と裏を一緒に表示するか選べることもできます。

Photo Sep 21, 11 05 07 AM

裏面には定義や意味などが書かれています。

もちろん、自分で作ったカードを加えることも自由自在なのですよ
しかも、読み上げてくれるので耳からも勉強できちゃいます 英語の勉強にもいいかも

既にBECの全Chapterをダウンロードして、これからREGをダウンロードするところです 1つだけ、注意したのは、アップした日付。情報が古いものは使いたくないので、今年になってアップされたカードにフィルターをかけてそれらを入手しました

BECとREGは知ってるか知らないかの問題が殆どなので、暗記は重要だと思います。

他の一般の受験生の作成したFlashcardでも抵抗のない方、是非、お試しください 

 
Flashcardなどのつくり方はこちら



Facebookグループに参加しませんか?

普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします 



このページのトップヘ