PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:簿記

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんばんは今日はFBグループ「簿記部」の第一回イベント、「リアル勉強会」を開催いたしました。私も入れて7名が参加しましたが、少し緊張気味 話そうと思っていたことをあまり話すことができず、反省です 

内容としては、勉強をするにあたっての環境、悩み、効果的な勉強方法、そして個々に持ち寄った個別の問題を解説するなど楽しく行うことができました。

「教える」って本当に難しいですね~ ただ、とっても勉強になります。それから、どんな試験でも、やる気を持ってやろうとする方と実際にお話するのはこちらもモチベーションが上がります 

同じUSCPAを目指している人だけが刺激し合えるって思っていましたが、そうじゃないってわかりました
やはり、「良い刺激」が必要なんです~ 

ということで、これからも必要な方には簿記を教えていこうと思います。というか、やる気のある方とふれあう機会を作っていこうと思います ただ、自分の勉強もあるので、時間と場所を考えました 

スカイプでオンライン簿記勉強会 やります 

対象:3級、2級受験予定の方

次回予定:10月31日(土) 午前8時から8時30分、8時40分から9時10分(30分単)

人数:1名~2名(30分単位なので1名が1時間必要であれば1名、30分でOKであれば2名となります)

お申し込みはこちら(FB)、または、プロフィールすぐ下のメールのマークからお願いします

参加費用:30分1,000円(Facebookグループ「簿記部」メンバーの方は半額です)(お支払いはAmazon ギフト券でこちら
Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス [Ecard Gift Certificate] 

ご連絡を頂いたあと、予定を確認しご連絡致します。その際私のメールアドレスをお伝えいたしますので上記リンク先へご入力ください

勉強内容:普段の勉強でどうしてもわからないところを一緒にやりましょう。
時間節約のため、事前にどの問題か、どの範囲かなど教えていただけると良いと思います

 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんにちは 3連休が終わりますね 今日はお天気がよくて、湿度、気温とも快適でした 

この連休、私は勉強はそこそこ、「人に何かを教えられるレベル」になろうと考えていました 

とは言っても、今の私にある教えられるほどの知識といえば。。「簿記」しかないのです 

ということで、簿記を教えることにしました~  (単純!)

ただ、教えるのは初めて。なのでFacebookのグループ「簿記部」を作ってから月に1度ー2度の勉強会や試験直前対策をリアル勉強会としてやっていけたらな~と考えています 

簿記・会計にかんする簡単な自己紹介★

簿記3級、2級は独学で取得(たぶん、1998年ぐらい)
簿記1級 2005年取得
財務会計職歴20年(笑)
ただ今某外資中小企業にてファイナンスコントローラ兼務取締役

こんな感じです。そして、外資企業にて、転職はしたものの既に18年就業していますので、USGAAPとの相違点や勘定科目や財務諸表の違いなども教えられたらいいなって思っています。

ご興味のある方はまでご連絡くださいね 

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
どこかのサイトで見たものをコピーして取っておいたのですが、経理などの数字を扱う中で入力ミスによる桁間違いや数字の誤入力の見つけ方です

◆その1◆
【正】3万1400 を 【誤】3140 と入力してしまってる場合
 
 【差額】2万8260 
“9”で割ってみる 
割り切れた! 3140! 
3万1400 と 3140 を桁間違いで入力したのがあるのかも!
3万1400 or 3140 を探す*1 
あった! 桁が足りない!  

◆その2◆
【正】3万1400 を 【誤】3万4100 と入力してしまってる場合
 
【差額】2700 
“9”で割ってみる 
割り切れた! 300! 
100の位と1000の位を入れ違いに入力したやつがあるのかも!
ついでに言うと、入れ違いになってる数字の差は“3”だ!
100の位と1000の位の入れ違ってるやつがないか探す。
あった! “1”と“4”が逆になってる! 
みんな幸せ。 

私がやるのはせいぜい、差額を2で割ってみるぐらいですね・・・貸借の差額だと考えればその差額は2倍になってるって単純に思うだけです。

いま AUDの5回転目やってます。Simulationも気になるのですが、なかなかSimulationに踏み切れなくて、気の向いたときしかやってません。今週中に1日かけてやってみようと思います。 


 

このページのトップヘ