PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:ホンネ

やっとライブドアブログがHTTPS対応をしてくれるということで、こちらのブログを復活しようと思い過去の記事を読んでみました。

過去の記事を読んでみて、やっぱり私のできることは外資系企業などについて語ることなのか???と第一印象。
約20年も外資系企業で働いているのだから自分のできることはそれしかないのかなと改めて心機一転!

それから、今日は久しぶりに嬉しい、ブログにコメントをいただきました!しかも遠い昔に書いた記事が参考になったと、まぁ本当にうれしい出来事ですね。ブログを書いていてよかったと思う瞬間です~。

さてさて本題に入りますが(今日は外資系のお話ではないです)ずいぶん前から思っていたのですが、「香害」ではなく「臭害」!
ほとんどの人は他人に悪い思いをさせないようになのか、あまり口に出さないですよね?でもでも、臭い!って正真正銘の公害じゃないですか?どうしてみんな我慢とか表面に出さないのでしょうか??

不思議なのは、「香害」といった香りのキツイ洗濯洗剤や香水、シャンプーなどの一般に「良い香り」として売り出しているモノについては「あれ意外と臭いよね?」って声が聞こえるのに、たばこや臭い息のときはそれが「臭害」と頭ではなんとなく思っているものの口に出す人が少ないということ。

まぁそこは、人を傷つけたくないからなんでしょうが。。

一歩外に出れば車の排気ガス、たばこの匂い。。。それから、電車に乗ればニンニクや起き抜けの息の匂い!臭くないですか?もう臭いなんてもんじゃなくて、目眩がします。

特に私が嫌いなのは、たばこ吸いたてホヤホヤの人がオフィスや電車に入ってくるときのあの匂い。。。それなのに、平気な顔して隣に立って、オフィスでは平然と仕事してますよね?皆さん。。。

しかもたばこを吸った口で話しかけてくる。絶対に話しかけないで欲しい。

先日、某講習会に参加したのですが、参加人数100名弱が座っている教室は、たばこを吸ってきた人がおそらく3分の1ぐらいいたのですが、運悪く横も後ろもみんなたばこ臭い!本当にイライラしたし、臭すぎて目眩がする!

しかも、席が決まっているからとりあえずは決まった席に座らなければならないんです。
オリンピックを前に、レストラン内を分煙にするのかといった議論がありますが、屋内は100%禁煙にするべき!そしたら分煙とかなんとかってもめることないじゃないですか?

たばこの匂いは公害だし殺人だし嫌がらせだし、本当に迷惑じゃないですか?

講習会などの場で人が多く集まるときは喫煙者と非喫煙者を分けるべきじゃないでしょうか?どうしてあからさまにそういった対応をしないのでしょうか?臭い人を我慢して受け入れることが常識なんでしょうか?たばこが嫌いな人が我慢すべきなんでしょうか?

臭い人は人から遠くに離れて欲しいですね。ちょっと本気で「臭害」を撲滅させたいです!!


女子会やママ友やら、女子同士の集まりって年代やコミュニティを問わずありますが、私は見事にそういった集まりが苦手。会社でも女子同士ランチをしたり、女子っぽい会話にキャッキャしたり、もちろん私には関係のないモノのように遠ざかってる。

特に意識しなくてもずっと前からこうだったし、周りから好かれようとも思わないし、むしろ周りに対して自分に「近寄らないでオオラ」を出しているかもしれない。

どうしてそうなのか特に考えたことはなかったのだけど、偶然にラジオやテレビで「女子トーク」の特徴を取り上げていたことがあって、どうして女子トークが苦手なのか分かった。

女子トークの最大の特徴は、「そうそう、わかるわかる~」といった「共感」を得ること。本当に心からそう思ってなくても「わかるわかる」と言ってもらえることで安心する、自分が間違えてなかったことを証明できるらしい。

私もその気持ちはわかるけど、敢えてそういった会話に参加しないのは、他人に共感されてどうなるのか?共感されてもされなくてもどうでもいいし、だいたいそういった無意味(私にとっては)な時間を過ごすのなら自分一人で何か好きなことをやっていた方が何倍も充実するし楽しいから。

それから、共感を求められても心から共感できないことに対して「わかるわかる~」とか言えないな。で、共感するような言葉を言わなければその会話はそこで終わるし、その場の雰囲気も悪くなるし、それ以降私に共感を求めることもなくなるんじゃないかな。それで、相手に気を使って共感するなんてことも面倒だからしたくないし、友情とか信頼関係とかとは全く関係のない次元だと思うし。


なんだかみんなに嫌われてるなって思うことも少なくないけど、一秒でも人に気を遣うとか、他人に支配される時間が無理なんです。

だから女子トークがとっても苦手。でもこれからも自由気ままに我が道を行こうと思います~。

キャッシュレス後発のペイペイを早速使ってみました。
IMG_1278

フルワイヤレスのヘッドホン 24,300を購入。そのうちの20% 還元されました。さらには抽選で当選者には全額キャッシュバックもあるとのこと。

このキャンペーンは2019年3月31日までやっているとのこと、あっという間にペイペイユーザーが広がりそうですね。

私も使い方がよくわからないまま、とりあえずアプリを2週間前ぐらいにダウンロード、その際にすでに500円分の電子マネーが付与されていました。

使い方は、ペイペイにチャージしてもよし、クレジットカードを登録して使うもよし。チャージ金額を超えると自動的に登録しているクレジットカードに請求される仕組み。

私がどうしても使いたかった理由は、某大手Fコンビニのクレジットカードの使い勝手が悪かったことがきっかけ。その毎月の支払いが、なんと、現金で店頭で支払うというものだったのです。銀行口座振替の支払いにすることも可能ですが、その場合は強制的にリボ払いにさせられる、なんと理不尽なクレジットカード?!これじゃキャッシュレスを目的にクレジットカードを使う意味がないですよね。

それに比べると、ペイペイは、極めて現金に近いチャージ式と、足りない分はクレジットカードで補完できる優れものです。ちなみに、私はデビットカードを登録しているので、キャッシュレスながら現金即時払なんです。

この先ペイペイに限らずキャッシュレスが浸透するのでしょうか?キャッシュレス大好き人間としては、周りもキャッシュレスにならないとなかなかその効果を享受できないのですよ。私自身はレジを早く通過できるのに、前後に並んだ人が現金払いで時間がかかっていると、キャッシュレスの効果は皆無ですからね。

お得なペイペイ 是非お試しください〜



もうずいぶん前からキャッシュを使わなくなり、今は消費の95%ぐらいはキャッシュレスの生活です。コンビニや交通機関、ネットショップを初め、スーパー、デパート、自動販売機と身の回りのありとあらゆる消費はID、クレジットカードなどで済むようになり、現金を引出したり、小銭を持つストレスから解放されるとともに、すっかり現金を持たないことが当たり前になりました。

それでも周りを見れば、1桁の金額まできっちり出そうとお財布を広げて支払いをする人は減らず、何と、日本では48%ぐらいの比率で現金を使う人がいるのだそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000004-mai-bus_all

キャッシュレスの生活をしていて感じたのは、自分は支払いをささっと済ませることができるのに、自分の前後に並んだ人が現金払いだと、キャッシュレスで早く済ませるという効果がないこと。前の人がもたもた、自分はさっさと済ませ、また次の人がもたもた。。。という感じ。国民の全員がキャッシュレスにならないことには、その効果を享受することができないのですよね、支払いの速さという意味では。

国をあげてキャッシュレスに取り組むらしいですが、その目的はコスト削減とのこと。お店の人件費やキャッシュを数える、運ぶ、保管する手間、そして盗難のリスクとそれに伴うセキュリティがなければ相当のコストダウンが実現できるから。

よく「キャッシュじゃないとお金を使いすぎる」という人がいるけど、もうそろそろそうゆう感覚も昔の話じゃないかなと思う。私は逆で、いくら必要になるかわからないのなら、クレジットカードなどの方がよっぽど便利だし、そもそも、私たちは相当特別なことがない限り、毎日同じような生活をして、食事だって食べられる量はだいたいは決まっているし、毎月使う金額なんてほぼ変わらないんじゃないかな。

そうだとしたら、クレジットカードなどで支払っても同じだし、むしろ、心配だから現金を多めに持っているということが必要なくなり、必要なときに必要なだけ支払えばよくなるのだ。そう、on demand なのだ。よっぽどスマートだと感じますが。

それからビックリしたのは、「現金じゃないと騙されているみたいで怖い」という人がいたこと。いつの時代の人ですか?と思わず聞いてしまった。ITをとことん信じてないということと、話は逸れるけど、そうゆう人は投資もしないんだよね、騙されそうで怖いから。だからいつまで経っても貯金は1+1=2の世界で、1+1=5にならないのだ。

お財布の中のお金のことや、お釣りや、預金を下ろすとか、小銭を数えるとか。。。細かいことを全部なくして、その分、もっと重要なことに労力を注ぐことが可能になったのに意地でも現金なんだよね。

あと、クレジットカードを発行する側もおかしいと感じたこと。某コンビニで発行している緑色のクレジットカードは、IDとしても使えてとても使い勝手がよいのは嬉しいけど、支払いにわざわざコンビニへ、しかも現金で支払わなければならないという、矛盾したもの。それでも銀行引き落としはやっているだろうと思い、聞いてみたのだけど、銀行引き落としの場合は、なんと、リボ払いしか受け付けてもらえない!!!もうびっくりしました。だから、お店にわざわざ行って支払うのだけど、そのついでに何か買ってもらえればということらしい。今どき、こんなのおかしいですよ。しかも、口座引き落としにしたらリボ払いでバカみたいに高い利子を払うということ!こちらのクレジットカードは解約することに決定!クレジットカードを持っている意味が全く分かりませんから。


こんな感じで日本ではまったくちぐはぐなことをやっていて、いつになったらキャッシュレスが根付くのか、全く期待できないですね。まぁ、日本人の性格からすれば、現金で支払いをする人が正しいと考える人も少なくはないような気がします。

先日アメリカ在住の知人とお話をしていたときに話題になったこと、「建て前と本音の違い」について。

最近、どれだけ日本の技術が素晴らしいか、どれだけ日本の食べ物が素晴らしいか、こんなに安いのに高性能!などなど、日本の素晴らしさをアピールするテレビ番組が多いのですが、どちらかというと私は違和感を感じるのです。

そして、外国人のお客様が来日したときに多くの人が日本食へ連れて行ったりするのですが、ここで勘違いその1、日本人が美味しいと思うものは外国人も美味しいと思い込むこと。特にトロや生ものは要注意。通常、外国人はお肉でもお魚でも赤みが好き、というか、赤身しか食べないので、日本人のようにトロを食べるとすぐにもたれて気分が悪くなるようです。また、しゃぶしゃぶなど、各自のお箸を他人と同じお鍋に入れて共有する食べ方が苦手という人も少なくないです。

ちなみに「松茸」ですが、これもまた日本人のようにみんなが素晴らしいと思うのではなく、なんと、「汚れた靴下の香り」と表現する国もあるとのこと。

続いて勘違いその2、食事はどう?と聞いて『Great!』と言われて真に受ける。外国人は、他人に対して不快感を与えないように徹底的に教育されているので、どんなに口に合わなくても「あまり好みではない」などとは言わないのです。職場などで周りに外国人がいる方は観察してみてください。他人の目に触れるデスク周りは常にキレイ、人前に出るときはビシッとしている、香水をつけている、他人に対して他の人のことを悪く言わない。。。などなど、「他人に不快感を感じさせない」教育が徹底的にされていると感じるばかりだと思います。

結果、本音と建前には大きなギャップがあるのが通常です。

確かに、日本の技術は使う人のことを思いやって細かいところまで繊細な工夫がなされたものが多く素晴らしいとは思うものの、必ずしもその細かな工夫を重視するかと言えばしないこともあるし、むしろもう少し大雑把でよいので値段を抑えて欲しいときもある。また、食べ物で言えば、ナマモノやトロの部分が好きな人ばかりではなくて、私としてはがりがりに焼いたステーキが大好きで、レアは食べられないとか。

日本人が美味しい・素晴らしいと感じるもの、イコール外国人も同じように感じるということでは全くないのですね。なので、Great!と言われても真に受けずに、また、自分が美味しいから相手も美味しいと思い込むのを辞めて、相手の文化を観察することも一理あるのではないでしょうか。


このページのトップヘ