PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:お金

稲垣えみ子さんの本(魂の退社 [単行本])を読んでから暖房を使わない2回目の冬。昨年は1月後半の積雪時に断念してしまいましたが、今年は暖房なしで今のところ問題なく過ごしています。ここで言う暖房とは、エアコンの暖房や石油・電気・ガスなどの暖房器具のこと。唯一使用しているのは湯たんぽ。鉄製の直に火にかけて温めるタイプ。これ、正直ものすごく暖かいです~。

夜帰宅してから温め、就寝までは足を温めながら使い、就寝時はベットの中、翌朝も十分暖かいのです。

室内はだいたい13度から16度ぐらい、湿度は50%から60%。まぁ、10度以上あれば死ぬことはないんじゃないかな。。。というか、暖房をつけないおかげで湿度も50%以上に保つことができて、皮膚の乾燥がまったく気にならない!就寝も室温が低めのほうが寝つきが良いし、ガス代は多少上がるものの電気代は秋から春までほぼ変わらず。

帽子をかぶったり、厚い靴下を履くとか、ある程度厚着にはなるものの普段の生活には全く問題なく、むしろ意外にこれ好きかも。昨年は初めての試みだったので、厚着に慣れず、苦しい節約だったのだけど、今年は昨年の反省点も踏まえて、なかなか楽しい♪というところまで行きつきました。

もう今となっては暖房を使う生活には戻れないくらいになっていると思います。暖房がガンガンかかった知り合いの部屋に行くと、暑くて暑くて。。。(笑)で、乾燥で喉が痛くなるようになり、すっかり暖房なしの生活が染みついたようです。

暖房をかけると、それに伴う乾燥対策のために加湿器をつけないとならなくて、電気代2倍。いくら家電がエコになっているからと言っても、ゼロにはならないし場所も必要。。更には美容のための美容液のマスクをつけてみたり、暖房に伴っていくつものモノが必要になるわけです。

それに比べると暖房に係る電気代はゼロ、乾燥しないから美容や健康にも良い。基礎化粧品もそれほど高いものは不要、良いことばかりです。
更に、災害時に対応できる自分にも知らず知らずのうちになっているのかななんてことも思います。お金をかけて美容や健康、更には災害時のために備えることはとても簡単だと思うのだけど、お金をかけずに(かけないことが良いことということではないです)美容・健康、それから災害にも強くなれるって意外に盲点なんじゃないかなと思いました。

世の中お金がすべてなのかもしれないので、暖房器具が売れて、加湿器が売れて、防災グッズが売れることが経済的に世の中を潤すということが世間の認識なのかもしれないですが。。

稲垣さんのような究極な節約生活にはまだまだ及ばないですが、今まで何も考えずにお金を使ってやってきたことを一度辞めてみる、そして原始的と思われることをやってみると意外な発見が多く、本当に目からうろこです。

一つお金を使うと、それに連鎖して次々とお金のかかることが現れるんです。

このAI時代に逆行しているかと思いますが、だからこそ忘れられている大事なことがあるようにも思えるんです。少しずつ稲垣さんの真似をしていくのが今はとても楽しいです。彼女の生活はホント、未知の世界を求める、究極の古くて新しい生活だと思います。

次に挑戦したいのは私の超苦手な夏の暑さです。。うーん、こればかりはなかなか手ごわそうですが。。

もうずいぶん前からキャッシュを使わなくなり、今は消費の95%ぐらいはキャッシュレスの生活です。コンビニや交通機関、ネットショップを初め、スーパー、デパート、自動販売機と身の回りのありとあらゆる消費はID、クレジットカードなどで済むようになり、現金を引出したり、小銭を持つストレスから解放されるとともに、すっかり現金を持たないことが当たり前になりました。

それでも周りを見れば、1桁の金額まできっちり出そうとお財布を広げて支払いをする人は減らず、何と、日本では48%ぐらいの比率で現金を使う人がいるのだそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000004-mai-bus_all

キャッシュレスの生活をしていて感じたのは、自分は支払いをささっと済ませることができるのに、自分の前後に並んだ人が現金払いだと、キャッシュレスで早く済ませるという効果がないこと。前の人がもたもた、自分はさっさと済ませ、また次の人がもたもた。。。という感じ。国民の全員がキャッシュレスにならないことには、その効果を享受することができないのですよね、支払いの速さという意味では。

国をあげてキャッシュレスに取り組むらしいですが、その目的はコスト削減とのこと。お店の人件費やキャッシュを数える、運ぶ、保管する手間、そして盗難のリスクとそれに伴うセキュリティがなければ相当のコストダウンが実現できるから。

よく「キャッシュじゃないとお金を使いすぎる」という人がいるけど、もうそろそろそうゆう感覚も昔の話じゃないかなと思う。私は逆で、いくら必要になるかわからないのなら、クレジットカードなどの方がよっぽど便利だし、そもそも、私たちは相当特別なことがない限り、毎日同じような生活をして、食事だって食べられる量はだいたいは決まっているし、毎月使う金額なんてほぼ変わらないんじゃないかな。

そうだとしたら、クレジットカードなどで支払っても同じだし、むしろ、心配だから現金を多めに持っているということが必要なくなり、必要なときに必要なだけ支払えばよくなるのだ。そう、on demand なのだ。よっぽどスマートだと感じますが。

それからビックリしたのは、「現金じゃないと騙されているみたいで怖い」という人がいたこと。いつの時代の人ですか?と思わず聞いてしまった。ITをとことん信じてないということと、話は逸れるけど、そうゆう人は投資もしないんだよね、騙されそうで怖いから。だからいつまで経っても貯金は1+1=2の世界で、1+1=5にならないのだ。

お財布の中のお金のことや、お釣りや、預金を下ろすとか、小銭を数えるとか。。。細かいことを全部なくして、その分、もっと重要なことに労力を注ぐことが可能になったのに意地でも現金なんだよね。

あと、クレジットカードを発行する側もおかしいと感じたこと。某コンビニで発行している緑色のクレジットカードは、IDとしても使えてとても使い勝手がよいのは嬉しいけど、支払いにわざわざコンビニへ、しかも現金で支払わなければならないという、矛盾したもの。それでも銀行引き落としはやっているだろうと思い、聞いてみたのだけど、銀行引き落としの場合は、なんと、リボ払いしか受け付けてもらえない!!!もうびっくりしました。だから、お店にわざわざ行って支払うのだけど、そのついでに何か買ってもらえればということらしい。今どき、こんなのおかしいですよ。しかも、口座引き落としにしたらリボ払いでバカみたいに高い利子を払うということ!こちらのクレジットカードは解約することに決定!クレジットカードを持っている意味が全く分かりませんから。


こんな感じで日本ではまったくちぐはぐなことをやっていて、いつになったらキャッシュレスが根付くのか、全く期待できないですね。まぁ、日本人の性格からすれば、現金で支払いをする人が正しいと考える人も少なくはないような気がします。

関東は毎日暑い日が続いていますが、まだ7月なんですよね。。。朝の通勤電車と職場までの徒歩がきついです。 

ただし、自宅は以前と比べてとても過ごしやすくなっています。というのも、太陽の日差しが部屋の中に入らないので、帰宅してもそれほど部屋が暑くなっていないんです。

よく、住宅を選ぶ時の条件として、「陽当りが良い」というのはもう普通のことかと思いますが、実は私は陽当りのよい部屋は嫌いです。陽当りが良いと、部屋が明るく、じめじめせずに清潔感と明るさがあるということも本当のところかもしれないですが、明るすぎると外にたく出なる落ち着かない、夏は暑い、特に空調が全く効かなくなるなど、わたしにとってはあまり好きではない理由の方が強いです。

なので、方角としては「南!」と堂々と書いてあっても「フンっ」て感じですね。南向きのお部屋はNGです。

今現在のマンションは、ベランダがとってつけた感じではなくて、なんて表現したらいいのか、建物の一部になっている感じで、とても奥行きが深く、夏の高い位置の太陽の光は全くお部屋には入らず、冬は低い位置の太陽の光がちょうどよく入ってくる感じです。さらに相当ひどい嵐が来ない限り雨はベランダに入ってこないです。これなら南向きでも全く問題ないです。

こうなると本当にエアコンの効きが違います。以前は2階建ての2階に住んでいたおかげで夏は暑すぎて過酷でした。ベランダには日除けはほとんどなくて、太陽の光が入り放題。

住宅を選ぶ際には気を付けたい1つです。ご参考まで~。


転職を考え始めてから、やったこと。

クレジットカード払いから現金払いにシフトする こと。

お給料の増える転職なら必要ないかもしれないですが、わたしの場合は逆なので必須です。

毎月のクレジットカード払いは、保証会社の関係で家賃をはじめ、光熱費はもちろん、書籍、食材、すべてなので、出張などの建替があるときは50万円ぐらい、普段でも20万円はあるのが現状。

幸か不幸か、転職を機にクレジット払いから現金払いへのシフトを実行してみたけど、2か月余りかかりました 2か月間はじ~っとがまん。手元にある現金で毎日の生活をやりくり、基本的に貯金は崩さず、クレジットカードの請求がなくなるまでひたすら地味~な生活を送る。

やってみた感想をまとめてみた。


よかったこと 

これを始めるにあたって、支出の内容を調べた結果、書籍、食事、雑貨などの無駄遣いを知ることができた。

食事は、できるだけ自炊するようにして、それまで日常的にやっていた外食やテイクアウトを極力減らした。結果、体に良いものを美味しく食べることができる。

書籍については、これ、かなり我慢が必要だった。ただ、Amazonの書籍を買おうか迷っているとき、念のため「口コミ」を読むと「買いたい衝動」が収まる。それよりも、口コミが意外におもしろくて、素直に書籍に感動している人、真剣に怒っている人、どうでもいいとか言っている人。。実際に本を買うのもいいけど、こっちの方がタダだし楽しいことに気付いたw 

雑貨類はこれまで「買い置き」をしていたけど、「在庫ゼロ」にすることで、家の中がスッキリするし、次回使うときには気が変わっていたりするから、買ってきては使い切り、使い切ったら買うという方法に変えた。まったく問題ないので、これからもそうしようと思う。

不便だと感じたこと

現金をいつも持っていなければならないこと。銀行に行ってもタイミングが悪いとATMですごい人の列に並ばなければならない。それから、現金で払うと小銭がとっても邪魔になること。たまった現金は寄付の箱に入れるか、小銭を扱えるATMで口座に戻したりしている。

改善したこと

お店のクレジットカード用の端末を使えるように発行される「デビットカード」を使ってみた。即時引き落としなので現金と変わらず、しかもキャッシュバックもあり。しかも、家賃などの支払いでたまったクレジットカードのポイントをデビットカードに移行できるから、1年に1回は1か月の生活費をそこから支払うことができる。小さなお弁当屋さんや一部のカフェ、ファストフードでは使えない場合もあるけど、生活するにはまったく問題なく使える。


究極には月給20万円、いや、15万円で生活できるようにしておくと、何があっても対応できるんじゃないかな。
 

キャッシュパスポート

ブログネタ
資格試験 に参加中!
今月いっぱいで現在の会社を退職するにあたり、早速引き継ぎ用の資料を作成しています。で、以前のファイルを元に、情報を整理していたのですが、法人税・消費税に関するこんな調べ物が出てきました 意外にマジメに仕事してたんだな~なんて、自宅の大掃除で古い写真を見つけたときのようにいろいろと読みふけってしまいました


法人税(交際費の区分)
飲食の相手方によって社外飲食費か社内飲食費かが異なる。
①100%資本関係のある親会社の役員を接待⇒社外飲食費(通常の交際費の判断基準に従う)
②100%資本関係のある親会社から出向してきた社員との飲食⇒社内飲食費(金額にかかわらず交際費)
③派遣社員との飲食費⇒社内飲食費(金額にかかわらず交際費)

消費税(キャンセル料)
航空券を搭乗日直前になってキャンセルしたことにより、その航空運賃を基本に計算されたキャンセル料は国内外を問わず課税の対象外
これは、割増しの違約金の部分は「本来得ることが出来たであろう利益がなくなったことの補てん金」のため「資産の譲渡等の対価」に該当しないため対象外となる。ただし、解約に伴う事務手数料部分は役務に対する対価のため課税対象になる。 

おそらくこれ、2年ほど前の資料なんですが、日本の公認会計士の勉強をまだしていた頃のもの。租税法が大好きで、唯一論文式試験に科目合格しました その頃は、こういったコテコテの学者の書いたような、それでもって、重箱の隅的な説明文が好きで、ふむふむと頷きながら色んな文献を読みあさっていました

こうゆう勉強をもっともっとしたかったな~。でもね、USCPAという勉強に切り替えてからは「わからなかったらそのまま暗記」をmottoにやるようにしました。知識は後からついてくることを信じて


Facebookメンバー現在5名で活動中です
今日から「1日1問」MC問題を投稿して皆で解いています これ、思いつきでやり始めたのですが意外に、出題する側では、解説を書くことが自分の知識の再確認になって、また、問題を解く側にとっては楽しくモチベーションアップに繋がるのかなって感じました。



Facebookでコミュニティを作ろう!
普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします。

このページのトップヘ