PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:フリーランス

先日からこの本を読んでいます。



会社勤めではなく、フリーランスのように自由に時間と場所を選べるような働きかたを書いたこの本ですが、今日読んだ一説にこんな言葉がありました。

『退職後の資金を負担するリスクとコストを、企業と政府はほぼすべて労働者に押しつけており、その流れが逆転する気配はない』

数年前からしばしば思っていたのですが、退職時期、給与の額、働く時間、働く場所などなど、すべて企業に決められ、敷かれたレールの上で企業の許容範囲内で言われたとおりの仕事をする。大卒で入社して定年まで働けば約40年間、同じような毎日を送り、休日も、平日の夜も朝も、すべて働く会社が中心に回っている。そして勉強は、と言えば、業務に関係のある勉強をしたり、もうこれは、会社のための人生といってもおかしくないのではないか。

会社勤めでも「仕事は趣味の一部」という人ならいいけど、そんな人ばかりではなく、多くの人が会社の仕事を趣味にはしてなくて、休みの日にはストレス発散に田舎に出かけたり、飲みに出かけたり、。。。結局すべてが会社を中心に動いている。

さらに、国も「企業」がなくなったら税収入が激減すること、健康保険制度や社会保険制度が崩壊して保険料がバカ高くなる、仕事で消耗する人が減れば病院も、飲み屋も、鉄道も、衣料品も、コンビニも、ほんと、何もかも儲からなくなるのだ。

そして、会社の仕事に忠誠心をもって働いてきた人は、定年退職を迎えると行き場所がなくなり、その会社でしか通用しないスキルが使えず、高い医療費を払って病院に行き、たまには賃貸経営に騙されたり、。。。

結局のところ、定年退職までは企業は面倒を見るけど、それ以降のことは自己責任。副業禁止で退職後に通じるスキルを身につけることまでも拘束される。

稀に再雇用を認めてOBが働く職場をテレビでみるけれど、まだまだ少ないんだろうし。

定年後の生活コストなどを自己責任にするのなら、副業を認めたり、仕事から離れて自由にできる柔軟な働きかたを認めることが普通になればいいのに。

でもそれをすると、税収入が減ったり、社会保険制度が壊滅したり、経済がまわらなくなるからできないんだよね。。。

ぐるぐると考えが巡り、モヤモヤした一日でした。

フィリピン産のバナナがパナマ病の危機を被っている、と聞いてかなり心配になりました。

フィリピン産のバナナはわたしの大好物なので。朝食や仕事で小腹が空いたときなどよく食べるのでショックです。


Lancersのお仕事などやっているうちに、いまさらですが並行輸入のお仕事、してみたいなって思いました。

何を売るかは未定ですが、やっぱり「モノを売る」のは楽しいから小さな頃から「お店やさんごっこ」するのですよね 

可愛くて、綺麗で、便利な、。。。自分の好きなモノを売ることができたらいいなって夢が広がってきました~ 

ちょっといろいろ調べてみよう。それから「雑貨EXPO」なんかにも行ってみよう。

思うがままに行動すると、どんどんその先にいろんなことが待っていますね。やはり、悩んで立ち止まっていてはいけないのですね。。何時間、何ヶ月、何年ムダにしたことか。。。 

クラウドソーシング「ランサーズ」

先日からお話しているクラウドソーシングのランサーズですが、思い通りの仕事ができない、仕事を受注しても続かない、それ以前にどうやって始めたら良いのかわからないなど、登録をしただけで、なかなかクラウドワークスの実現に至らないことがあると思います。

仕方ないです、もう何年も「会社員」としてやっていたのだから。。。と思い、諦めずにやっているうちにいくつか気づいたことがあったのでお伝えします。


1.フリーランスの心得を忘れないこと
自由な働き方を目指して、せっかく組織に縛られない働き方を始めるのだから、その基本的な意識を忘れないでいたいと感じました。いくらクラウドワークスと言っても、委託する人の言いなりになって、興味のないことを少ない報酬で我慢してやったら会社で働くのと何ら変わらないことになってしまうのです。

報酬は少なくても、自分の興味のあることをやりましょう。とか言うわたしも、一度は失敗w 記事を書くお仕事を請け負ったのですが、よくお話を聞いてみると、ブログを書くお手伝い。そしてその内容は、わたしには興味のない内容だったので、1記事書くのもやっと。。結局、すぐに辞退しました。せっかくやるのなら、自分の好きな分野で楽しくプラスになるようなお仕事を選んだら、きっと「報酬は後からついてくる」ようになるのだと感じました。 

2.単発の仕事を選ぶ
特に慣れるまでの間は、継続的なお仕事ではなくて、単発のお仕事をいくつかやって要領を掴むと良いと思います。最初から継続的なお仕事は、要領もわからず自分に合うかどうかわからないですし、お仕事の内容だけではなくて、依頼者との相性もあるので単発で少しやってみることをお勧めします♪

3.提案を詳しくわかりやすく提示する
お仕事の依頼に対して、提案をするのですが、特に依頼者が「よくわからないからお任せします」のような場合、提案をきっちり書くことは重要だと思います。また、金額は、依頼者の提示している範囲内で妥当な金額を、あまり気をつかわずに提示するほうがよいと感じました。あまり安すぎても「大丈夫?」って感じを与えてしまうかもしれないです。 


以上、これまでやってみて感じたことをまとめてみました~。ご参考まで 

クラウドソーシング「ランサーズ」

以前お伝えしたクラウドソーシングのLancers。ぼちぼちやっています。

こちら、委託側も受託側も素人が多いので、なかなか思うような仕事が受けられないのが現状。

そして、やっと仕事を請け負ったと思っても面倒なことだったり、極端に報酬が悪かったりと、これまで一般の企業の正社員として長い間働いてきた人にとっては満足の行く仕事がなかなか得られないのではないかな。

そんなふうに思いつつ、興味があると応募していたところ、単純な商品リストの作成のお仕事を始めることになりました。最初は、時間のあるときにできれば報酬もあまり期待しない程度に思って始めました。

やってみるとその通り単純作業。ただ、某有名サイトへの商品登録作業なので、自分がお店を持っていないにも関わらず、どういったふうにネットショップが成り立っているのかとか、やり方を学ぶことができるんです。しかも報酬をもらいながら!

以前、カフェをやりたいと思っていろいろ調べたことがあるけど、「飲食関係」は最初から市町村の許可や免許、それから施設などにお金が掛かり過ぎるんです。それを考えると単純に「モノを売る」仕事は良いかもしれないです。

自分の好きなモノを輸入して売る。作って売る。これらもこれから先の候補に入れてみたいと思います 

先日お伝えしましたランサーズ、こちら、Airbnb のお仕事が結構あって、面白いです。

あまり、時給で働きたくないですが、これは不定期のちょこっと2-3時間のお仕事。英語を使ってのお仕事なので退屈しないかも。

いろいろやってみると思った以上に世界が広がって楽しいです  

オリンピックもあるし、Airbnb のようなお仕事の需要が増えそうですね~  



クラウドソーシング「ランサーズ」

このページのトップヘ