PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:過去問

勉強を復活してRegulationの問題を解いています。かなり細かい論点を忘れてしまって、まずは1周めに思い出すことを目標に過去問を解いています。

今回使っているのは、Wileyの洋書 で「Wiley CPA excel Exam Review Study Guide」です。それにしてもWileyの良問と解説のすばらしさに感激です~


今日解いたところでメモをとったPersonal useの資産から発生したCapital gain と loss の取り扱いについてを書いてみます。

まずはCapital Assets の定義ですが以下のようになっています。

「The definition of "capital assets2 includes investment property and property held for personal use (if sold at a gain).」

Capital Assets には投資目的の資産、および、個人的な目的で保有する資産を含むとされています。

そして、この中でも「Property held for personal use」から発生したCapital gain と loss についてはそれぞれ取り扱いが変わります。図を描いてみました。
CapitalGainLoss 
こんな感じにGainで売った場合とLossで売った場合の取り扱いは;

●Gain: Short term / Long term Capital gain として取り扱う
●Loss: こちらはLossとして控除ができない

あくまでも「personal use」の資産を売却したときの処理です~。

いろいろと細かい規定がありますが、瞬時に判断がつくように過去問で訓練するに限るんだと思います。

ご参考まで



ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんにちは 

やっとREGの勉強が進んできました やはり、弱いところを徹底的に潰すととっても楽になりますね 
楽になったタイミングでBECを少しずつ進めています 新しいBISKを購入しようと先日検索したのですが、どこも品切れ状態 初めてBISK社から直接買うことにしました。。。といってもオンライン教材なのですべてPDFなのです。

BISK Logon

でも、これなら端末が変わってもいつでも見ることができますし、印刷してガリガリと問題演習も行えるので便利です♪ 少し中身を読んでみて、改めてBECの勉強対策を考えてみました BISKの最初の方に載っていたこれ、参考に毎週やる分をWeek1からWeek4までクリアファイルで分けました。こちらがプランのサンプルです。

Photo Jun 14, 2 24 32 PM

そして実際に作ったファイルたち;

Photo Jun 14, 2 25 28 PM

ここまではやるのが楽しい ただ、私は「手ぶら」が好きなので、あまり大きなバッグは持たないため、A4サイズのこの教材はもって歩かず、ひたすらP予備校のWEBサイトの問題をその週の分だけiPadでスキマ時間にやり、週末にもう一度改めて解き直し、間違えた問題にお馴染みの「付箋」をつけていく、ということをやっています。そんな意味でP予備校のWEBの問題はBECに関してはBISK全問アップしてあるのでとっても便利です

何度も言っていますが、この「付箋勉強」は私にはぴったり合ったやり方なのですw 弱いところを見つけてそれを潰す。これ自分の中では最強 いろんな教材がありますが、何を使っても同じ、要は過去問を潰すことが大事なんだと思います 1つの教材に決めたら、それをひたすら信じてやり進めるだけ 

ちなみに、REGとBECの勉強時間の配分は、「BEC1時間、それ以外をREGに当てる」とREGの試験が終わるまではやるようにしています。

なんとしてもREGとBEC、夏の終わりまでには両方パスしたいです がんばりますっ

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんばんは 桜はすっかり満開ですね 

勉強を始めた当初から使っていた解答用紙、今日は共有します 

こちら、BISKなど、紙ベースを使っている方はまだまだ多いかと思いますが、私は勉強始めた当初、分厚いBISKでどうも手元がいっぱいになって、それに、さくさくと解くのに、その都度メモに問題番号を書いて。。。なんてやるのが嫌で、これ作りました

解答用紙

A4の用紙に30問を一区切りにして4つ、30問用、60問用、そして120問用の3種類を用意して、さらに、裏表印刷して家に置いてあります。BISKなどを紙ベースで解くときに、ささっと用意ができていいですよ~ 

余白に解答の日付、かかった時間、点数などを書き込んで管理しています。いろいろとアレンジするのもいいかもしれないですね 少しでも快適になるように、お試しください
 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
これまでいろんな勉強方法を試して紹介させていただきましたが、勉強を続けているうちに「これはいい!」と思って見つけたもの、それから、他の方の勉強方法を真似してちょっとだけ自分でアレンジしたもの、いろいろありました

そして今日は、「過去問のつぶし方」で、最近これはいい!と思った方法をご紹介します。

USCPAの過去問と言えば、1科目あたり1000問以上。スラスラと解けるようになるまでは根気との戦い 疲れた体と頭で、戦わなければならないのが社会人の辛いとこ でも一定の ところを超えると、スっと楽になるのでどうにか諦めずに続けていきたいですね 

まずは、これ
Photo Oct 09, 9 00 53 PM

今はREGとBECをやっているのですが、REGだけはどうしてかKindleが見当たらず、紙ベースでやっています。で、こんな大きな重いものはもって歩けないので、REGは自宅でやると決めています。各Chapterごと切り離すのもあまり気が進まないので。そして、復習はノートにまとめずに、解説の空白の部分に書き込んでいきます。そうすると、問題が各論点ごとまとまっているので、それぞれの論点ごとの注意点が自然にまとまっていくのです 

少し前までは別々にノートに書いていましたが、ノートは後で見返すこともなく、ただただ「書いて覚える」用になっていました。そしてこの解説部分への書き込みは、もう少し論点ごとまとめることができればな。。。と思った先の方法です 

次にこれ、

Shincyoku

これはもうずっと使っています。各Chapter毎、問題数、やった日付、かかった時間、1問辺りの所要回答時間、点数(%)、そして復習した日が1つのサイクルになっています。そして80点以下は赤90点以下は黄色91点以上が緑、とセルの色をかえて、すべてが緑(91%-100%)を目指して繰り返します時間については1問辺り50秒以内を目指して同じように色をつけています。

ご覧のとおり、まだ真っ赤です ただ、1回目は50%以下が多く、2回目はぼちぼちと70-80%が出てきたので、これでやっとスラスラの「ス」ぐらいに届いた感じです ちなみにスプレッドシートはGoogleドライブを使っていますので、会社でも、PCが変わっても、iPad やiPhone でも確認することができるのです 

最初は辛いですが、2回め以降はかなり楽になるので少しの辛抱、がんばりましょ




ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
部長川柳 おっさんの説明書
部長川柳 おっさんの説明書
クチコミを見る

ブルーライト対策メガネ、調子いいです 今回は枠なしにしたせいか違和感なく、軽くて、そしてよく見える
これで試験対策も少しは安心です 4時間の試験は長い方ですよね。でも、PCに向かうのなら会社でPCに4時間向かうのはいつものことだし、しかも午前中なら集中力バッチリなのであまり心配してません。

今日はFARの過去問(MC)の中から一つの表現を抜粋。

Q: 『Rising general price level』の時に持っていて『purchase power loss』を被るのは以下の資産のうちどのAssetsか?
『Rising general price level』は結局『インフレ』のこと 。『purchase power loss』は購買力損失という意味。インフレ時はお金の価値が下がるからお金に近い『monetary assets』を持っていると損をする。monetary assets の例としては refundable deposit とかAR など。
逆にmonetary liabilities を持っていると得です。

同じモノに対していろんな言い方をしてくるから、ちゃんと理解が大事ですね。焦らず、丁寧に問題を読むことが大事。

それから問題文の読み方で特にFARで実践していることは、先ず、第一文を読む→最後の一文で何を問うているのかを確認しながら第二文に戻り内容を読む。この時内容を全部読まなくても答えが出ちゃう時があるのでお得です 

このページのトップヘ