PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:お勧めの本

こんにちは、ほぼ一年ぶりの投稿です。

ここ2年ほど、転職や人生とか、いろいろと躓いて、あれこれと試してみるものの、大した変化はないのですが、ただし、気持ちの整理だけは時間が経った分かなり改善しました。

とは言っても、生きていくためには何かしら「目標」がないとダメな性格、まだまだ模索中です。

そんな中で何かの手がかりを探すべく本屋さんへ、そして読んだ本、「東大読書」


現役東大生が執筆したものですが、効果的な本の読み方が惜しげもなく綴られています。これまで本を読んでも読みっぱなし、しばらく経つと内容も忘れて自分のモノにならないことが多く、しかも、何かの資格試験の勉強をするのならなおさら、内容を自分のものとして残していけたらいいという思いで即購入しました。

効果的な本の読み方もよかったのですが、何より羨ましく感じたのは、東大生って、お互いに好きそうな本をプレゼントしあうとか、読んだ本について議論するとか、普通にやっていること。なかなかそういった友達が周りにはいないこともあり、そんな環境があることが羨ましいと感じました。



これまでいろんな本を読んできましたが、心に残って今でも内容を覚えていて、実際に再現して、しかもそれが効果的だった本、一言で言えば「人生が変わった一冊」はある間瀬が、それ以外は読んだことさえも覚えていなかったりします。

ちなみに「人生が変わった一冊」は、「朝2時起きで、なんでもできる!」です。娘が小学校5年生のころ、どうしても大学に進学したくて、そのためにどうやって勉強をしていったらいいのか、そんな思いで読んだ一冊です。子供と一緒に8時に寝て、2時に起きて、出勤までの時間に勉強するという、この本から得た勉強方法(時間の捻出方法)は実践して、そのまま何も考えずに大学に進学しました。




こんなんで、ぼちぼちと前向きな生活を復活していこうと思います。



3月に引越しをしてから、いろんな家電に夢中になり、便利さが気持ちいいと感じながら数か月がたったのですが、便利さに疑問を感じてきました 

まぁ、便利だからと人に勧めたり、疑問を感じたりと忙しいですが、やってみないとわからないだらけの世の中、もったいないことをしたとは思わず、いろんな考えが生まれてきて、これはこれで楽しい♪

家電に限らないのですが、もう半世紀も生きていると、継続して使用しているモノも多くて、「なくなったら買う」「なくなる前に買う」とか、何年も、何十年も、いろんなものに対してやってきたわけです。

大きなものから小さなものまでね。

最近感じたのは、ヨーグルト、ヘアトリートメント、サプリメント、のような毎日摂取したり使ったりするもの。なんだか、これ一生買い続けて、毎日摂取したり使ったり、疲れるな~って単純に思ったのです。お腹の調子を崩さないように、とか、このトリートメントがないと髪がまとまらない、とか、これを飲んでないと体調が悪くなる。。。とか。

一生買い続けて、一生飲み続けて、一生使い続けるのか??

いっそのこと辞めてしまおう!ってことで、ヨーグルトとトリートメントを辞めてみました 

そもそもヨーグルトのような発酵食品を毎日摂ればいいわけで、別にヨーグルトでなくてもいいのです。だから、ヨーグルトの代わりに味噌汁にしました(笑)お味噌だって立派な発行食品だし、お豆腐や季節の野菜を入れたら本当に美味しいし、しかもご飯にも合う。そして毎日でも飽きない。ちなみに昨日はズッキーニのお味噌汁を作りました。やっぱり「瓜」ですね、歯ごたえととろけるような食感がとても夏らしくていいです♡

それから、トリートメント。数千円するトリートメントなんか気休めでしかないのだと思います。本当にきれいになるのなら、とっくにキレイになっているはずだし、そもそも、人間の肌や髪の毛は自己再生機能があるから、余計なものをつけていると、その妨げになるって話も聞いたことがあるし。なので、ノンシリコンシャンプーだけ!リンスもトリートメントも辞めました。

買いに行かなくていいこと、節約になること、お風呂上りに時間がかからないこと、ドレッサーの棚がスッキリすること、いいことだらけw

って、こんなことを自分がやっていたら出会った本


この人、冷蔵庫や電子レンジ、すべての家電を捨ててしまって、なんと電気代月150円!!さすがに私には勇気がなくてできてませんが、これ、本当に面白いです。モノを捨てることがいろんな発見になっていて刺激的で憧れます。

なんか、引き寄せの法則を思い出しちゃいました(笑)だって、ことのきっかけが違っても本当に同じようなことをとっくに考えていた人がいたなんて、しかも、(気持ちが)淋しいことを認めて、そんな気持ちと向き合って、家の中を寂しくしたら、今度は楽しい生活が待っていたなんて、今の私に本当に必要な本だったかもって感激してしまいました

良かったら是非是非読んでください

数か月前に読んだアドラー心理学の「嫌われる勇気」、とっても良い本だと印象に残っていたのですが、具体的にどんな内容なのか、だんだんと忘れてきてしまったので再度読んでみました。



ここで出てくるキーワード、課題の分離、原因論と目的論、他者貢献、今を生きる、不安と不満、劣等感。。。

自分がどれほど甘えて毎日を過ごしているのか、今を真剣に生きていないのか、やるべきことができないことの言い訳をしているのか、本当にグサッと刺さるような内容なんです。

やるべきことに集中できないとか、他人の目が気になるとかっていう人は一度読んでみると良いと思います。

お勧め♪ 

去年の暮ぐらいから、考えることがあり、落ち込んだりやる気になったり。。。いろんな思いを巡らせてきました。そういった気持を他人に話すのはあまり得意でないし、最初から説明するのも面倒で、ひたすら、思いのままに本を読み漁っていました。

勉強に仕事にそれから人間関係。。楽しいことよりも辛いことが多すぎて、「どうしてこんな辛いのだろう、こんなに辛い思いをしてまで何をやっているのだろう」って考えるようになりました。

これまで勉強や仕事を頑張ってこれたのも、娘に贅沢させたいなって思ったから。でもその娘ももう成人して、ここ2年ほどは、ぽっかりと穴が空いたような生活。

こんなふうに言ったら、言い訳だとか負け惜しみだとか、弱音を吐いているように聞こえるかもしれないけど、別にそれはそれで仕方がないし、他人にどう思われてももうなんとも思わない。

ということで、しばらく勉強は辞めよう。この勉強を始めた約3年前は、正直、勉強をすることが楽しくて楽しくて、勉強をしている間はほぼフロー状態。それから気づくと周りにはブログ経由で知り合った受験仲間、しばらくは楽しくやっていたのだけど、何せ、転職先が超ブラック、夜中の2時とか3時とかにタクシーで帰る、そんなんで勉強は物理的にはもちろん、精神的にも無理でした。

にも関わらず、「やらないと後悔する」とか「他人に負けたくない」とか「仕事でいいポジションになりたい」とか、寝る時間を削っても勉強を続けてきた。で、それは逆効果で、いつしか勉強が苦痛なものになって、受験はするものの全く合格できず、ただの無駄遣い。当たり前だけど、合格するときは迷いなく勉強に突き進んでいるし、何より勉強が楽しいとき。 

そんなんで、やっぱり体調も精神的にも病んできて、何もかも投げ出したくなって、ただ、そうは言ってもそれができなくて、そんな状態でいろいろ考えた。

そして出会ったのがこの本、ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 [単行本(ソフトカバー)] 。これ、題名に抵抗があるかもしれないけど、これまで読んだ本の中でたぶんいちばん共感できた本だと思う。さすがに、ホームレスには抵抗があるけど、人間の本来の生き方ってこうなんじゃないかなって感じた。この本の中で書かれていることは私も薄々感じていて、でも、具体的な言葉にはしたことがないことばかり。はっきりと言葉という形にしてもらったおかげで、私も心の整理ができた本です。

そして考えてみると、「辛い」気持ちは自分が作っているんだなってわかりました。物理的に無理なことを見栄かプライドかよくわからないけどずっと続けてきて、会社で働かないと生きていけないって信じて、本当に嫌な会社なのに辞めずにいるし。そんな生活をずっと続けてきて、どんどん本来の自分じゃなくなってきて見失っていました。それから、「辛い」ことが人生なんだってなんとなく思っていたことも事実。ドMだと笑っていたけど。

あと、これ、嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え [単行本(ソフトカバー)]
ものすごく記憶に残った言葉は、「現状に満足はしていないものの多少の不満を我慢し、変化を恐れて好きでもない仕事を続けるのか、または、本当にやりたいことをやるために現状を変えることに伴うリスクをとる不安」ってところ。殆どの人が前者、現状維持することで多少の不満を我慢して一歩踏み出さない、そして一歩踏み出す後者は失敗もするけど精神的には幸せ。みんな「幸せになりたい」って言ってるのに前者なんだよね。

で、何が言いたいかっていうと、このまま勉強を続けるということを一旦辞めてみる、現状を(私の場合は負の連鎖)変えるために行動(辞める)するということもたまには必要。


ただ、こういった本を読んだからって仕事は辞めないけど、それよりも実は以前より仕事が楽しくなった。気の持ちようかもしれない。「ブラック企業」に支配されてるって以前は感じていたけど、今は、そんな面白い会社で働いている自分を俯瞰することもできる。しかも、会社の人たちと殆ど交流をしない私は、これらの本を読んだおかげで更に他人を気にせずに過ごすことができるようになってきた。

それから、これまでは1つ1つの行動にかなり力が入っていたけど、「私が何をやっても世の中は何もなかったように回る」と考えると、何をやっても何をやらなくても同じで、そういった意味でも力まないで自然な行動がとれるようになりました。 

これからもいろいろなことはやってみたいけど、少しお休み。自然に楽しめるものが出てくるまでは気の向くままに生きてみようと思います。
 

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんばんは 

「できる人」になりたいとか、「お金持ち」になりたいとか、「夢が叶う」とか。。。How to本は山ほどありますが、皆さんはどんな本を読んでいるのでしょうか。私はこういった本が大好きで、先日は3冊同時読みをしていました 

せっかくなので本の紹介 





こちらの3冊ですが、これまでもいろんな本を読みました。そして、ここに来てこの3冊、本当に共通点が多くてビックリしたのと同時に、本当に真似してみようかな。。。なんて気になりました。

だって、3冊とも「共通のことば」がいくつも出てくるんです。。やっぱり、成功者の言っていることって本当で、それは、1つの一定の軸があって、必ず叶うことなんだなって。

それからこちら、
こちらもかなり良かったです。これらの本の気に入ったフレーズにはハイライトでマークしてあるので、それらを中心に読み返しています。時間が経ってしまうとすぐに心構えを忘れてしまいますからね。

興味のある方、是非読んでみてください~ 

このページのトップヘ