PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

カテゴリ:子育て

今日もランニングに行ってきました。休みなのでいつものコースと違う、少し足をのばして2キロほど離れた公園まで行ってきました。アジサイが満開でした。しかもほとんどがピンクの紫陽花!


Photo Jul 02, 8 26 20 AM


Photo Jul 02, 8 26 10 AM


Photo Jul 02, 8 25 17 AM

梅雨のジメジメは不快ですが、キレイな夏の花が今は満開で外に出るだけで楽しめますね 

ランニングに行っている間は、ルンバがお掃除です。帰ると、お掃除完了、充電器に戻っていました

Photo Jul 02, 8 45 56 AM

機械とはいえ、なかなか可愛いです 

ルンバと食洗器を使い始めてから、お掃除は最低限で済むようになり、また、「お皿を洗う」時間は98%はなくなりました。そもそもお水に触らなくなりました。

ルンバは、長い紐のようなものが嫌いで、床に落ちていると絡んでしまうのですが、それ以外は大丈夫。フワフワと部屋の隅にホコリの塊があるということがなくなりました。そして、ルンバができない場所だけは、ささっとやってしまえば普段のお掃除はまったく時間がかかりません。

食洗器は本当に便利で、時間を節約できるのは当たり前、それよりも、人間が手で洗うよりも何倍もきれいになるんです~。油のベタつきも全く残らないし、水筒の匂いもなくなるし、お皿はつるつるピカピカ ただし、口紅やリップクリームが縁についたマグカップやグラスは、あらかじめ乾いた布やキッチンペーパーでふき取ってからでないと落ちないです。あと、食器の入れ方によっては、全く汚れが落ちないまま乾燥され、汚れが落ちなくなる食器もあります。。。が、その場合は、キッチンハイターで落として、もう一度食洗器に入れ直します。

本当に助かったと感じたのは、朝のお弁当を作った後、家を出るときに食洗器をオンにして朝使った食器が洗えること。帰宅した時にはすっかりきれいになって乾いていますから、すぐに食事の用意ができますよ。

大きなフライパンやお鍋があるときは、2回に分けて回したりもします。あくまで、「手で洗わない」ようにしています。なぜかって、食洗器が洗った方がキレイになるし、時間がもったいないから!

もっともっと早く買っておけばよかったと思いました。私の知っている方のお話ですが、食洗器を買うことに対して旦那様に反対され、「俺が洗う」と言われたとのこと。

何を根拠にそう言っているかはわからないですが、自信をもって言えるのは、「買ったきり使わない」ような家電にはならないってこと、「誰が洗うか」という問題ではなくて、「時間の節約」と「機械の方がキレイに洗ってくれる」ですね。

ま、まだまだ精神論が好きな人が多いのでしかたないですが、自分の時間を抽出したいなら使える機械は使った方がいいですね。機械を相手に意地を張っても仕方がないし、これからは、AIと共存できる人間にならないと取り残されてしまうんだと思います。


最近フリマアプリの「メルカリ」が楽しくて、時間ができると覗いてしまいます~ 

もともと、自分のいらなくなったものを出品していたのですが、そのうちに、いつも私好みの洋服を出品している人を発見!お得意様になってしまいました~ 

メルカリ、最初は、なんだかゴミのようなものを売っているな~(笑)なんて思っていたのですが、詳しく見てみると、良いものを出品している人が見つかるんです。

そして、自分のモノを売ったお金を今度は購入に充てることができるので、なんだか、「売って・買って」とリサイクルがとってもうまくいくのです。さらに、もしも、サイズなどが合わないものを購入してしまった場合には、買ったままの値段で、その旨を説明して、また再度出品すればいいのですよw

見ていると、そうやって、みなさんうまく活用しているみたいですね。中には、アパレルで働いている人もいると思うほど、いろんな洋服を、しかも1度しか着用していない、または、試着のみで出品しています。

おかげで、ここ数か月は古着ばかり。でも、その中から良いものを見つけるのがものすごく楽しいです♪ 古着って、自分のワンパターンのファッションからも脱出できて、いろんな組み合わせやデザインに挑戦できて楽しいです!

あまり古着に興味がなかったのですが、ここのところ、古着の良さに目覚めてしまいました 

ちょっと残念なのは、「セドリ」の出品が増えてきたこと。セドリ商品があると、見た目が楽しくないんですよね。。味気なくて。うーーん、仕方ないけど。。

もう少し、楽しみたいと思います☺ 

こちらにも共感 

日本のPTA活動は悪平等

わたしは娘の小学校時代には1度だけ参加したことがありますが、「嫌々」の参加でした。

だいたい、「参加することに意義がある」とか、「参加しないとこどもがかわいそう」とか、「なんでもいいから活動をしている姿を見せる」といった主張を強く感じたから、そんな生産性のない時間を過ごすのはムダ以外の何者でもないと感じていた。


そんなのやりたい人がやればいいし、やりたくもない人を無理矢理参加させたって問題解決にはならないどころか、足をひっぱるだけなんじゃないかな。

日本は、こういったどうでもいいことに気をつかう習慣があるってものすごく感じる。

例えばお掃除。外国のように学校のお掃除なんか専門の業者に頼めばいいのではないかな。なんとなく、お掃除を一生懸命すること、やっている姿を見せること、参加することが一般的に「良いこと」といった感じになっていく。そうすると、そういった考え方が小さいころから習慣となって、結局大人になっても抜けきらない。PTA活動に参加することに意義があるとか、やっている姿を見せるとか、こどもの頃からの延長なのでは?

学校のお掃除を業者に依頼するとか言ったら、「お掃除をする人の気持ちがわかる」とか批判されそうだけど、そもそも生徒が自らお掃除をする私たち日本だって、公共の場を汚す人なんか山ほどいるわけで、それはまた別問題なんじゃないかな。

とにかく外国のお掃除道具は機能的で簡単にお掃除ができるように考えられているものが多いし、お掃除に関していえば、また違う発想があるわけだから業者に頼んでもなんの問題はないはず。

余計なところで罪悪感を感じるような環境をこどもの頃から作っているんだよね。そんな暇があったら、もっと生産的な時間を過ごすほうが良いと感じるな。

そう考えると、せっかく菊池桃子さんが主張してくれたけど、PTAへの任意参加を気持ちよく浸透させるには、日本人の考え方とか教育のありかたを変える必要があって大人だけの問題じゃないから数十年はかかるよね。

なんでもやりたい人がやればいいんですよ~。

 

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
昨日は、Q1の締めのため日曜出勤しました。とは言っても今日、4月1日が忙しくならないように余裕を持たせることが目的でした。

早めに終わったので、髪を切ろうと思い、美容室に行き、カット・カラー・パーマとヘッドスパのフルコース

家に帰ると娘が私を見るなり『変』 の一言。それ以来口を聞いてません ひどいよ。。私だってまだ完全に女捨てたワケじゃないのに・・変なら変で、『切ったの?』ぐらいで良かった・・・ そんな娘を放置して昨日は自分だけ食事を済ませ、さっさと寝ました。

なので、お子さんが小さいうちが一番良いです。仕事するにも勉強するにも。体力的には大変かも知れませんが、精神的には楽かと感じます。中学生以上になると、体力的には楽になりますが、精神的には最悪です。。まぁ、育て方にもよりますが。。。ホント、親子関係の事件がある度に人ごとではないように思えます。事件に至らないのはUSCPAの夢があるから・・・だけです

またしばらく娘との戦いが続きそうです。

このページのトップヘ