PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:キャリアダウン

こんばんは。やっと涼しくなってきましたね。。なんだか9月になっても亜熱帯のような気候の日本でした。いつまで経っても汗でベトベトで、本当に辛かったです 

転職エージェントについて書こうと思っているのですが、その前に、転職活動の過程で思ったことを今日は書きます。

5月に退職した会社は特別お給料が良いわけではなく、福利厚生も特に何か特別なものがあるわけでもない、そんな会社でした。ただ、海外とのやりとりや出張が多かったので、それなりに楽しめたわけです。そして、昇給は年1回なんですが、どうにもこうにもお給料がどかーーーんと上がるわけでもなく、少し嫌なことがあると、もうとてつもなく嫌になるわけ。この先何の楽しみもない、安いお給料がどうでもよくなるような生きがいになるものもない、そして10年後に何が残る?????みたいな。

こんな会社と家の往復の毎日、絶対やだーーー!っていつも思ってましたよ~

お給料のことだけを考えると、やっぱり転職することって意味があるのかなってよく考えてました。だって、昇給だけで100万円、いつになったらあがりますか??一生働いても無理ですよね~ 

転職なら、100万円から150万円は上がるのも夢ではぜんぜんないです。


それから、退職給与などのベネフィット。これも会社によってあったりなかったり。

雇われて働くならやはり、お給料などのベネフィットが良いほうがいいですね。お給料が安くても生きがいを感じられているなら別ですが。


そして、今回は散々「キャリアダウン!」と叫んでいましたが、結局のところ、キャリアアップになりました。結果として、緩いお仕事でのんびりするには早すぎたと結果、感じています(笑)

自分のもっている体力や能力を出し切れずにいると、それはそれで余力があるのかもしれないけど、やっぱり飽きます~ 指示する立場だった自分が、指示される立場になると、ストレスがたまりますw 外資系一筋に働いてきたのに、今更日本企業で働こうとしてもムリです~!考え方に違和感が山盛りですw

なので、もう無理をせず、好きなように生きていこうと思います~!

あと、「もう歳だから」とか「最後の転職」と定義はしません!(笑)どうせ死ぬまで私はこんな感じなんだと思います~。  

転職に悩んでいる方、変な会社に縛られていたら時間がもったいないですw 元気に生き生きとしていることが自分にとっても周りの人にとっても、それから、世の中のためにもいちばんだと感じます~ 

こんにちは 

以前のお仕事で消耗して、暫くは正社員になりたくない、キャリアダウンでのんびり働こう、と思って「非正規雇用」という働きかたを始めて2ヵ月余りが経ちました。

わたしが思うのだから、他にも同じような思いの人がいるのかな、と単純に思い、今日はその経過を書いてみます。


結論から言いますと

飽きます!(笑)

やはり人間、自分の力を出し切れずにいるとストレスが溜まるようで、そして、世の中の役に立っていないと感じると不平不満がたまってくるのですね 本当にこれは困ったもので、きつい仕事で消耗してもそうだし、かといって、ゆる~い仕事をやってもそうだし。。まぁ、息抜きをしつつ、適当に、やりたいことをやっているという状況がいいのだと思います~ 

ゆる~いお仕事をやって、もちろんいいこともあります。例えば、自分の自由になる時間がとれる、体が楽、お給料があまり良くないから節約する、会社の内部事情にどっぷり浸かることがないので物事を客観視できる。。。などなど、これまでの自分になかったことがいろいろと楽しめるのです。

半面、飽きる原因としては、お給料が(超)安い、やりたいことはあるのに経済的に断念しなくてはならない、会社の事情にどっぷりつかることがないので思い通りの仕事ができずにストレスになる、やってることがバカらしくなりやすい。。など。


どっちを選ぶかはその人によりますが、一つわかったのは、「やりたいことを息抜きをしながら、長い物差しをもって、楽しむ」ということ。

それでも納得いかなくて、どうしてもキャリアダウンしてみたい方は、一度やってみるといいと思います~。お勧めは、「派遣」で働くこと。どうしてかというと、まだまだ世の中には、「派遣社員」を差別する会社が多くて、通常は、重要な部分は担当させてもらえないのです(お給料と仕事内容の兼ね合いだと思いますが)。だから、あえて、そういったポジションで働いてみて、自分のやりたいように生活していけばいいのです。

2-3か月で飽きるし、でも、消耗してきた人にとっては、心身ともに元気になれますよ~ そしたらまた次を考えればいいのだと思います。

ただし、「次を考える」というのは、年齢やスキルにもよりますが、相当大変なことは覚悟する必要があるのですね。そのことについては、本当に本当に身をもって感じたことがあったので、引き続き書いていきたいと思います。お楽しみに~

 

転職後、今日で1週間と2日。今日はなんだかこの会社に生温さを感じました。

「外資」が1円も入っていない純日本企業だからなのか、よくわからないけど、まあ、どこの会社も似たようなものだな~って感じで、上場しているからといっても以前いた中小企業とそれほど変わらない。

なんていうか、管理部門の力が弱くてなのか、予算がないのか、財務諸表なんてどうでもいいのか、よくわからないけど、あまりにも体制が無防備で、システムが脆弱すぎて、それに伴うムダな作業が多すぎ~。

そんなのを見ていると「日本がんばれ~!」と言いたくなるw

上場してるから、そんなスキをみせたら外国企業に買われちゃうかもね。

でも、思い切り価値を高くして買われちゃうのも株主にとってはいいのかもしれない。


もしかすると、私が知らないだけで、世の中のほとんどの会社はこうなのだろうか??

まぁ、だから私たちの仕事がいつまでもなくならないでいてくれるのだし、だいたい世の中の仕事なんて「問題解決」がほとんどなんだろうな。。。。 

そもそも、会社経営者は営業出身者が圧倒的に多いから、管理部門なんか正直邪魔なんだと思う。会計をやっているといつも、営業畑の人たちとの壁にぶち当たる。この考え方の壁は一生の課題なんだろうな。




またまた転職ネタ。

先日、現在の会社の退職について関係会社の方から「残ったらどうか」とお話をされ、それまでは「退職!」の一点張りでしたが、少しだけ心がぐらっとしました。

わたしだって、できれば辞めずにいた方がいろんな面で有利、特に経済的に変化のない日々を過ごすことができるのです。ただ、これまでのことを考えると、心が少し動いたからと言って即答はできず、2-3日考えていました。

たまたま自分の古いブログを読み返すことがあって、現在の会社の前の転職のこと、それからここ数か月の気持ちの変化など、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」状態になっていることに気付く。


そういえば、今よりも時間の取れる会社で働きつつ、会社からの収入から自分の力で得る収入にシフトしていくって決めたばかり! これは生活を変える良いチャンス どうせ会社員で働いても一定の年齢になれば退職になるし、会社に依存しない生き方は必須ですね~。しかも早い方がいいw


老後のために今を犠牲にしてせっせとお金をためるよりも、せっせと好きなことをして、楽しくストレスフリーに過ごしたら、会社で働くよりもぜんぜん得るものが大きい気がする。

何かってうまく説明はできないけど、毎日電車で通勤して、決められた時間以上を会社で過ごして、ランチは美味しくもないお弁当を食べて、週末は疲れて何もする気力が沸かない、朝起きた瞬間から夜寝るまで仕事が不安でたまらない。 そんなことを5年ー10年と続けてもなーーんにもならないですよね?それより、つまらない人間になりそう。というか、どんな人間になっちゃうか心配ですね。

続けることに意義がある?好きで生きがいのあることなら意義はあると思いますw でも、好きでない場所で、好きでない人たちと、5年ー10年過ごすなんて、ありえないですっ。生活のために働いちゃダメです!

結果、せっかく説得を試みてくれたけど、やっぱり退職することに決めたよ~。 

キャリアダウンの転職が不安になったら思い出しましょw これを機に自分の力で生きるようにシフトするって。会社から得られる収入がすべてではないと考えればこれは決してキャリアダウンなんかじゃないのですよ。

転職を考え始めてから、やったこと。

クレジットカード払いから現金払いにシフトする こと。

お給料の増える転職なら必要ないかもしれないですが、わたしの場合は逆なので必須です。

毎月のクレジットカード払いは、保証会社の関係で家賃をはじめ、光熱費はもちろん、書籍、食材、すべてなので、出張などの建替があるときは50万円ぐらい、普段でも20万円はあるのが現状。

幸か不幸か、転職を機にクレジット払いから現金払いへのシフトを実行してみたけど、2か月余りかかりました 2か月間はじ~っとがまん。手元にある現金で毎日の生活をやりくり、基本的に貯金は崩さず、クレジットカードの請求がなくなるまでひたすら地味~な生活を送る。

やってみた感想をまとめてみた。


よかったこと 

これを始めるにあたって、支出の内容を調べた結果、書籍、食事、雑貨などの無駄遣いを知ることができた。

食事は、できるだけ自炊するようにして、それまで日常的にやっていた外食やテイクアウトを極力減らした。結果、体に良いものを美味しく食べることができる。

書籍については、これ、かなり我慢が必要だった。ただ、Amazonの書籍を買おうか迷っているとき、念のため「口コミ」を読むと「買いたい衝動」が収まる。それよりも、口コミが意外におもしろくて、素直に書籍に感動している人、真剣に怒っている人、どうでもいいとか言っている人。。実際に本を買うのもいいけど、こっちの方がタダだし楽しいことに気付いたw 

雑貨類はこれまで「買い置き」をしていたけど、「在庫ゼロ」にすることで、家の中がスッキリするし、次回使うときには気が変わっていたりするから、買ってきては使い切り、使い切ったら買うという方法に変えた。まったく問題ないので、これからもそうしようと思う。

不便だと感じたこと

現金をいつも持っていなければならないこと。銀行に行ってもタイミングが悪いとATMですごい人の列に並ばなければならない。それから、現金で払うと小銭がとっても邪魔になること。たまった現金は寄付の箱に入れるか、小銭を扱えるATMで口座に戻したりしている。

改善したこと

お店のクレジットカード用の端末を使えるように発行される「デビットカード」を使ってみた。即時引き落としなので現金と変わらず、しかもキャッシュバックもあり。しかも、家賃などの支払いでたまったクレジットカードのポイントをデビットカードに移行できるから、1年に1回は1か月の生活費をそこから支払うことができる。小さなお弁当屋さんや一部のカフェ、ファストフードでは使えない場合もあるけど、生活するにはまったく問題なく使える。


究極には月給20万円、いや、15万円で生活できるようにしておくと、何があっても対応できるんじゃないかな。
 

キャッシュパスポート

↑このページのトップヘ