PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:グアム

昨日からグアムに来ています。

娘と来ていますが、私たち二人とも飛行機の中で観る映画も楽しみの一つ。今回は、非常口前の席が運良くとれたので、席のことで気が重くなることはなかった、というか、そもそも3時間半のフライトなので、どうでもよいと言えばどうでもよいのですが。

で、席について、「モニターはどこにある?」ということになりました。通常、前列の座席の後ろにモニターが付いていますが今回は前列がないため、しばらく探していたのですが、周りを見ると、なんと、どの席の後ろにもモニターはついていなく、どうやらこの飛行機には全席モニターがないんだ。。。ということに気付きました(少なくともエコノミークラスの全席は)。

で、一瞬、がっかりな気分、飛行時間が短いからないんだ(涙)。。。と思いきや、よーく飛行機の案内を読んでいたら、なんと、WiFi を利用して、各自のもっているスマホやタブレット、またはPCで機内エンターテインメントを楽しめるということ。このWiFiは無料ですが、機内エンターテインメント以外へのアクセスは有料です。

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、今回初めて知りました~。実際には、専用のアプリをダウンロードして、 機内のWiFiを通じて映画や音楽を楽しめるというもの。

そして偶然、こんな記事も見つけました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-35095584-cnn-int


確かに今日の便もBoeing社の機体でした。

これが広まればきっと、運賃も少しは下がるだろうし、乗客も自分の使い慣れたタブレットなどで操作ができるのでいいですね~。機内のモニターの捜査はなんとなくわからないことがありますから。それから機内に用意してあるヘッドセットもいらなくなりますし。

実際使ってみて良いと思ったのが、映画を見ている途中に機内アナウンスが流れると、これまでは映画や音楽が中断されてしまいましたが、これなら中断されなくて済むこと。ただ、緊急を要するようなアナウンスを聞き逃すというリスクもありますが。

他方、映画を楽しみにしている側として残念だったのは、これ、高度10,000フィートほどの安定した飛行時にのみWiFiサービスが提供できるようで、この場合、着陸寸前、または着陸して降りる寸前まで映画を観ることができないんですね。私は着陸して止まるまで観ていることが多いので、途中で映画を諦めるのがちょっとつまらないな~なんて思いました☺

いつも飛行機は「行き先」の国の飛行機に乗るようにしていますが、アメリカ系は久しぶりで、今日は久しぶりに新鮮な発見をした感じでした~。 

おはようございます。

今日は成田エクスプレスの中で書いています~。

次の就業が始まるまでの間の時間を利用して、今日から避寒地へ行ってきます~(^^)/

これまでは、海外出張か一人旅がほとんどでしたが、今回は娘と一緒♪ 彼女もたまたま時間ができたということで、めったにないこのチャンスと思い、一緒にグアムに行くことになりました。

とは言っても私の仕事がいつ終わるのかわからない状況でしたので、前から計画していたわけではなく、3日ほど前に急遽予約、バタバタと決めたわけです。

そういえば、一昨年のこの時期にもグアムに行きましたが、そのときは、消耗しきって、現実逃避したくて、一人フラフラと行きました。一人の旅行って、自由きままで良い反面、食事も一人だったり、一人じゃ怖いなっていうときもひとりだったり、よいとこ、悪いとこがあるんですよね。

で、二人旅はその逆で、多少でも拘束されることがある反面、食事が楽しくできて、一人じゃ行きにくいところにも行きやすくなるw たまにはこんな旅行もいいかなと思います☺

ほんの少しの時間ですが、しばし日本を離れて楽しんで来ようと思います。

グアムですが、私の泊まるホテルはとっても小さなホテル、日本人はほとんどいないです。で、スタッフも和気あいあいしていて、目の前がビーチ、カフェ、そしてサンセットがとってもきれいなところです。

今回は、以前行けなかった「地元のレストラン」に行ってみようと思います。そこのオーナーさん、私の泊まるホテルの前のビーチで網を張ってお魚を採ってお料理するらしいです。楽しみ!

あと、楽しみなのが「スーパーマーケット」(笑) ほんと、これは私の海外旅行の楽しみでもあるのです。特に、スーパーマーケットの片隅にある「グリーティングカード」のコーナーが大好きで、数十分は立ち読みしてしまいます~。その他、雑貨やコーヒーを見たり買ったり、。。。これもまた楽しみですっ。

それからそれから、今回は何を考えたのか、「思いつき」で水彩画をしてみようと水彩画セットを持ってきました(笑)なんとなく、スマホの写真にも飽きてきたし、自然の中で黙々と描くって気持ちいいだろうな~なんて思っただけです 

あとは、もう読書をしたりランニングをしたり、お酒を飲んでダラダラしたり、。。。結局、何もかも楽しみです!(笑)

では、行ってきますっ





 

ブログネタ
資格試験 に参加中!
あっという間に11月も半ばにさしかかりました 自作のGoogleドライブ、年間予定表を見たら昨年の今頃はちょうどグアムでFARとAUDの受験を終えたところでした 7日にFAR,8日にAUD。今考えると勉強内容が甘かったな~って思います。

あの頃の勉強方法と言ったら、深く調べることもせず、ひたすらMCQを解く。多分5回はやっていたと思うのですが、何となく理解したつもりになって、受験間際には「もうやることがない」なんて余裕さえ見せていました 

その結果、FARは73点、AUDはまさかの54点 まだまだ勉強方法を考える余地がいっぱいでした。それから時間配分などの受験対策も。

あれからAUDはかなり深く、しつこく、調べながらやり、2月3月は殆どAUDにかじりつきでした。監査は同じような言葉や手続きが多く出てきて、回答の選択肢にもっともらしい記述があれば選んでしまうことが度々。だから、監査手続きの時間の軸で必要な手続きや資料は何かを整理しました。その結果頭の中がスッキリしたのを今でも覚えています。小学校のときに学んだ日本史で出てくる年表みたいに、監査の時間軸に沿って必要な手続きやドキュメントをA4用紙に書き出し、そしてギリギリではありましたがようやく4月にパスできたのです


話は変わって電子書籍のこと。何度も書いていますがKindleを使った勉強に加え、最近友人から「電子ブックナビ」という自炊業者を教えてもらい試しに雑誌をPDF化してもらいました

Kindle化された書籍は日本ではまだまだ数が少ないのでKindleで読もうとすると、どうしても制限されてしまいます。そんな時、紙の書籍をPDF化してWeb上のアカウントに納品(保存)してくれるのが「電子ブックナビ」です。

手続きの流れは、電子ブックナビでアカウントを作り支払い方法を選択・手続き(Paypal または2000円からのプリペイド)→Amazonから直送で送付、または、自宅にある紙の書籍を送付→PDF化→電子ブックナビのアカウント(サーバー)に保存→ダウンロードして読める!

なので一旦アカウントを作成してしまえば後はAmazonなどでの購入に加えて電子ブックナビへの依頼だけで電子書籍がなんでも入手可能なんです

Kindleと違うところは、PDFなので紙で問題を解くような時には印刷できること。あとは誰かと1冊の本を共有したいときにもいいかなと思います。それから、海外にいて日本の紙の書籍を読みたい方にもお勧めです。インターネット上のやりとりなので電子ブックナビの利用には場所を問わないのがいいですね実際、電子ブックナビを教えてくれた友人はNY在住です

本当に便利!しかも自炊してもゴミも出ない!裁断作業もない!ってことで、私もこれからはどんどん利用しようと思います ITの神様ありがとう 皆様もお試しください


Facebookグループに参加しませんか?

普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします

 

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
FARを受験したのが7日火曜日だったから今日でちょうど2週間。
どんな問題が出たのか、なぜか具体的には覚えてなくてぼんやりした感じです。ざっとTestlet1から考えてみると、難易度はTestlet1: 普通→Testlet2: ちょっと難しい→Testlet3: ちょっと難しいといった感触でした。

Simulation は殆ど対策をしていませんでした。予備校の特別講義のときの問題にざっと目を通したぐらい。1時間ちょっとで自力でなんとか埋めました。問題としては、見たことないような問題はなく、一通りはやったことのある、または、過去問そのままで、問われる内容だけ変えてある問題とか。

AUDもそんなに難易度が変わった感触はなく、優しい→やや難しい→やや難しいといった感じでした。普段MCを解くのと同じ感覚で、わからない問題でも直感でどんどん進めていきました。

採点対象外の問題は気づきませんでしたが、確か、Testlet ごと2-3問は不確実な問題があったように思います。Testlet ごと5-6問が採点対象外だとしたら不確実だと感じた問題がその一部ならいいのに・・・とあとは祈るしかないですね

あまり緊張はしなかったです。ただ、テストルームに入る前に受付の人には一応『I'm Nervous...』とニッコリ、『大丈夫よ』って言葉が欲しくて言いましたが(笑)

結果はまだですが、最初のTestletごと30問に対応するために”30問解答用紙”は良かったと思います。30問解く時間的なことや、集中力についての感覚が身についているので自身のコントロールの助けになったのではないかと思いました。ただ、これは試験直前期に慣れるために必要という感じですね。やはり重要なのは理解ですね。

また、朝食は心配の一つでした。なので、朝食についてはグアムに行く前から調べ、朝7時20分にホテルを出るには何時にどこで朝食を食べ・・・みたいな計画も立てていました。ホテルのアラカルトの朝食はバッフェよりも格安で、量も丁度良かったです。できれば試験中にトイレ休憩はとりたくなかったので、コーヒーも2杯までと決めていました。

ここ2-3日は結果が気になって落ち着きません。。。

次はREGを受験する予定ですが、まだ先のことが決められずグズグズとFARとAUDのMCを解く毎日です。。。

ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
大統領の英語 (講談社学術文庫)
大統領の英語 (講談社学術文庫)

General fund からRET(residual equity transfer)がDebt service fund と Internal service fund にされた場合、前者ではFund balance に影響を与えない、これに対して後者ではFund balance に影響を与える。よって、前者は Interfund transfer であるのに対して、後者は Operating transfer とのこと。

Governmental funds の中には5つのFund(General fund, Special revenue fund, Capital project fund, Debt service fund, Permanent fund)があって、これらはGovernmental fund の補助科目と考えれば当然かな。

Internal service fund はProprietary fund の中の一つで、Comprehensive financial statements を作るうえでは異なって、Governmental funds が Fund Balance を算定するのに対してProprietary fund はNet Asset を算定する。だから、Fund balance に影響するかどうかがここで別れる。


しばらく体を動かしていないので固まってきました。。しかも寒いので余計に固まりやすいです。

昨日は近所を散歩。紅葉がとっても綺麗でした。

2012-11-16









デジカメだったらもっと綺麗に撮れたかも

2012-11-16












太陽が低いうえに西陽なので足がなが~く写りました(笑)

↑このページのトップヘ