PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:外資系企業

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
*こちらの記事は2015年8月に書いた記事をリライトしたものです。内容は常に更新しています。

こんばんは 暑いですね。。 

今週は7月の月次の締めの週、なんとなくばたばたしています 外資と言っても、日本の外資では、「資本」だけが外国から投入されているだけで、働いている環境や人は純日本、という会社も多いと思います。ちなみに私の会社は元々、純日本の会社だったのですが、ここ2年ほどで外国人を採用し、英語も頻繁に飛び交う職場に大変身しているところです

「外資」の会社で働くって、よく、自由で活発で。。。みたいなイメージがあると思いますが、本当にいろいろ複雑です。。。いいとことも悪いところもいろいろ見えて、良くもあり、悪くもあり。。。ふーー疲れますねぇ 

日本人と外国人の間に入って働いているととってもよく思うのは、「日本人は細かい、真剣に悩む、いい加減にできない」ということ。良くも悪くも。。です そして私のこの数ヶ月に感じたこと

何か困難なことがあると、

その1
外国人 → まずは行動
日本人 → まずは話し合い 

その2 
外国人 → あまり大したことだと思わない(ように見える)
日本人 → 真剣に悩む・怒る(笑)

その3
外国人 → 全体的な決め事は作らず柔軟に対応 
日本人 → 全体的な決め事を作ってみんなで守ろうとする(マニュアル大好き 

その4
外国人 → なんでも人に聞く(明るく) 
日本人 → できるだけ聞かない(時間をかけて苦労することが美徳) 


その5
外国人 → 早く帰りたいがちゃんと終わるまでは帰らない(絶対に月曜日から木曜日で仕事が完結して金曜日はうっほほーーとなれるようにがんばる) 
日本人 → どうにか終わりにする理由を作る(とりあえず今日は。。。みたいな、そして真剣に暗く働く)

少なくとも私の周りはこんな感じなのです 一番苦手なのは「話し合い」。。。それだけで時間の無駄のような気がします。。みんなエキサイティングして話が終わらず そして、「決め事」。。。私は本当に「決め事」が大嫌い! 決め事なんて自分を正当化するための言い訳にしか感じないし、決め事がないと何もできないなんてちょっと情けないような気がします。。

この内容を動画にしてみました。よろしければご視聴ください。↓



やっぱり、みんな同じように振舞って、同じように行動していくのが心地よいのでしょうか。。。私は鳥肌が立つほど嫌ですが。。  

どちらが良いかは個人差がありますが、私は少なくともみんなが気持ちよくいられる場所を提供する立場になりたいです 

いろんな思いがありますがまだまだこれからもがんばりますっ 

関東はスッキリ秋晴れです。いつも見えなかった電車からの富士山がくっきり大きく見えました。

9月に会社のオーナーが変わったことに伴って商号変更の手続きをしていましたがやっと落ち着きました。社判の作成、登記、銀行口座、社会保険、確定拠出などなど、商号変更といっても本当にいろいろと関わるものがあってなかなか勉強になります。

大変な作業とはいえ、法律での決まりごとが多いので、それに従っていれば特に問題はなく手続きを進めることができるのですが、最初に悩んだのが、社判の作成。

外資系で英語表記の場合はどうしても文字数が長くなる場合ば多く、当社の場合は32文字になり、どうしても登録印鑑をそのまま英語表記で作成することができず、結局は日本語に直訳した漢字で作成しました。

法務局によれば、会社名がそのまま登録印(会社の代表印)にならなくても良いとのこと。もっというと、内容は何でも良いとのことでした。そして印鑑証明をとって、当然その印鑑ですべての手続きを行いました。

すべてが完了したと思いきや、先日、「商号と代表印の記述が違うので、両者が同じ者と認識できない、そのため、印鑑証明を提出すること」といった指示をいただきました。

なるほど~と思ったのは、印鑑証明の効力。印鑑を登録するということは、この会社の印鑑だってことを証明すること。。。と、当たり前のことに気付いたのでした。。。

普段は保証人になったり、借り入れをするときなどに必要になる印鑑証明。それだけだと、結局は提出するだけで完済すれば特に問題なく印鑑証明の効力も知らないままだったのです。

当たり前のことなんですが、まだまだ身近に知らないこと、気付かないことってあるんですね。


転職したからと言っても必ずしも最初から心地良い会社を見つけることは出来ないことが多いと思います。


2月に転職して5か月が経とうとしていますが、最初の 3か月ほどは、かなり戸惑っていました。あんなに嫌で辞めたはずの前の職場が懐かしく思えたり、または、ここでどんなふうに過ごしていけばいいのかなーんて思いがしょっちゅうしてました。


また転職かな。。なんて正直真剣に考えていたこともありましたが、やっと落ち着きました。


やっと、ここでできることはなんでもやって、しばらく自分自身を見つめてみようなーんて気持ちになりました。


最初の頃は慣れないこともあって月に30時間ぐらいは残業をしていましたが、数ヶ月が経った今気づけば月に 10時間程度。体も頭も楽になりました。なんだかんだやることはありますが、そんな中で思うのは『残業してまでやる仕事』かどうか。


期限が迫って切羽詰まっているものなら残業しないとならないけど、そうでなければ明日でいいし、って思います。


要するに、会社の許容範囲ならその中で自分なりに予定を立てればオッケーなわけ。


そしてラッキーなことに、私の会社は『自分の仕事がちゃんと終わっていれば自分で休みを決めるのは自由、早く帰っても自由』な社風なんです。


だから、この私が、ここで頑張ろうって思えたんですね。


今はかなり世間も変わってきているかもしれないですが、まだまだ『休暇』に対する考え方は硬いし、否定的な人が多いと感じます。


そして外資系だから思うことは、親会社などの他の国の人たちとのやりとりが欠かせない一方で、時間に線を引かなければいつまでもダラダラと仕事をする羽目になる、ということ。特に日本は欧米諸国よりも一営業日早いから就業時間が終わる頃になってメールの返信が送られてきたり、電話がかかってきたりということが避けられないです。


さらに、他の国の人たちの休みの取り方をしょっちゅう見ていると自分たちも自然にそれが普通になってきます。とにかく『自分』がちゃんとストレスフリーで気持ちよく働くためには好きなことを思い切りたのしむ。。


というか、『仕事』って、自分の好きなことを楽しむための単なる手段だって考えるようになりました。だから、多少の嫌なことがあってもそれほど気にしない、落ち込まないのです。


何を主と捉えるかが大事なんですね。




やっと気候が安定してきて気持ちいい季節にになりました。

引越て一ヵ月余りが経ちましたが、とても景色がいいということに加えて、用事がなくてもいつでも外で過ごしたい 気分です~ 

転職と引越で、新しい生活が始まったのですが、やっている内容はやはり心の底から納得できるものではなく、そんな毎日を過ごしていると、ムダな時間を過ごしているようで、どうしようもない気持ちになり、出来るだけ早くこの状況から抜け出したいっていつも思ってしまいます。

やはり、外資系企業でも、日本にその会社がある以上、日系の企業とはあまり変わらず、非効率な部分がとても気になります。で、それだけならいいのですが、人と話していても、ちょっと外国が好きとか、日本が嫌いといった話をするとすぐに「外国かぶれ」だとか、「バカな外人に騙される」だとか、もう呆れるくらい島国な考え方で、話す気にもなれないです。

いや、外国かぶれでも、バカな外人に騙されるでも、何とでも言っていいですし、外国かぶれですが何か?と言いたいですね。自分のかっこ悪さや非効率なことが見えてない人が多い気がします。

日本で働く以上、日本の非効率なところや古い考え方から離れられないのはもうあきらめようと思います。ただ、一生、そんな環境の中で生きていくのは嫌なので、期限を決めて早く自由になろうと決めました。

ちょっと思ったのですが、日本は物価が高いとか、先進国と勘違いしている人が多いですが、それ、違うと思います。物価が高いのは、アジアの中での話で、先進国と比べればまだまだ安いのだと感じます。それから、こんなにITが遅れてる国はもはや先進国とは言わないと思います。未だに手作業でコツコツとやった方が価値があるとか、頑張ってる感じがするなんて考え方が強いですし、いろんな企業で働いてみて、日本のほとんどの企業がITには積極的にお金をかけたがらないのです。結果、ムダな人件費が発生し、残業も発生し、人間が不健康になっていく、そして非効率なんです。

上場している日系の企業なんかよりよっぽど、中小企業でも外国企業に買われている外資系企業の方がITは充実しています。

ただ、はやり、人間は外国人にはなりきれないです。少しの遅刻やお休みでも目を光らせて見張っているし(笑)完全な成果主義にはなれないというのが現状な気がします。

休んだって、遅刻したって、やることやってれば問題ないと、私は思います。

まぁ、ほんと、窮屈ですね、日本は。早く自由になれるように頑張りたいと思います 

1週間のタイ、Bangkok, Pattaya への出張から帰ってきました。今回は、1日たりとも一人になる時間がなくて疲れました~。

タイは初めてですが、これまで行った国、東南アジアや香港が混ざった感じ、思ったよりも特徴のない国というのが感想です。

タイ料理が大好きで、すごく楽しみにしていましたが、毎日これでもかというくらい食べて食べて。。帰ってきて今日、久しぶりにお腹がぐぅ~と鳴った気がします 

出張が多いと、だんだん荷物のまとめ方やホテルでの過ごし方にも慣れてきて、少しずつでも無駄がなくなってくるんです。今日は、ホテルでのちょっとした過ごし方について書いていこうと思います。

まず、ホテルで必ずすることは、「空調を調整する」ことです。もちろん、国内でも使えますが、海外に行くと日本よりも寒かったり、空調が強いことが多いです。なので、暑い国に行くときも必ず長袖の部屋着をもっていくのですが、それでも空調の調整が必要。で、何度も何度も強さや温度を変えながら自分に合った室温になるように調整します。時には空調の調整があまりきかないこともあるんですが、そうゆうときはやはり衣服で調整するしかないですね。

次に、「照明」。これは、夜寝るときに自分の一番眠りやすい暗さを見つけるためにありとあらゆる組み合わせを試して探します。時には、ちょうどよい暗さが保てないときもあるのですが、前回香港に行ったときには、クローゼットの中の電気をつけて、扉を少し開けて、とか、バスルームの足元の電気をつけて扉から少し明かりが漏れるようにする、とか、ほんのり電気の明るさがあって、なおかつ、照明が直接目に入らない、という状況を作るためにいろいろと試してみました。カーテンの開け方を工夫するのも1つです。

あと、これは、役立つことではないのかもしれないですが、ホテルに泊まると必ずやること「シャワーを浴びた直後に体が濡れたままバスローブを着る」です(笑)

家でこれやったらあっちこっちびしょ濡れになるのでやりませんが、映画の見過ぎでしょうか、必ずやります(笑) でもこれ、意外に効率的で、シャワーの後、バスローブを羽織ってうろうろしているだけで体の水滴はなくなり体を拭く時間が省けます(笑) 

更に、ジャイアントな人が寝ても余るくらいの大きなベットに枕を4つぐらい使って寝る!これが本当に気持ちいいし、ほとんどの出張で爆睡できます 

ということで、空調の調整と照明の調整、良かったらやってみてください。きっと快適なホテルステイができると思います~ 

食べ物ばかりになっちゃいましたが、今回の出張の写真です ココナッツミルクで炊いたモチ米とマンゴが美味しかったです~☺

Photo Feb 19, 3 09 02 PM  Photo Feb 19, 7 44 20 PM

Photo Feb 19, 7 50 26 PM  Photo Feb 20, 4 21 11 PM

Photo Feb 20, 10 55 02 PM  Photo Feb 22, 10 33 15 PM

Photo Feb 24, 9 27 06 AM
 

↑このページのトップヘ