PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:意思決定

こんにちは。今日はいろいろな手続きと、少々休養をとるため、一日お休みをいただいております。

前回、転職が決まりご報告させていただきましたが、内定をいただいた2つの会社から何の迷いもなく1つの会社に決めたわけではなく、本当に最後の1秒まで悩んでいました。

というのも、以前の会社でかなり不満をもっていて、それは、環境、給与、人間関係、会社の方針、歴史、といろいろあったわけです。その中で、いちばん強く感じたのは「生活ができる給与さえもらっていれば穏やかに過ごすことのできる環境に身を置きたい!!」でした。 

最近は、新卒の人でもそんなふうに思う人が多くなった気がします。ニート、フリーランスといった、組織に縛られない生き方を求める人の投稿をよく目にします。

私の場合、子育ても終わり、あとは自分の人生を満喫するだけ♪ ただ、そこには「限られた時間」があるのです。 そうなると、若い人が求める「縛られない生き方」とはちょっと違って、もっと現実的、真剣、慎重 、効率的、。。などなど求めるようになっていくのです。


今回、内定をいただいた2社はどっちも外資系企業ですが、まったく業界が異なります。以下、比較して行きます。

1社は、お給料は普通に生活していくには不満のない金額、むしろ、良い方かもしれません。ただ、お給料以外のボーナス、退職金、有給休暇、などのベネフィットは純粋に労基法にのっとった方針で、特別にすごいものがあるわけではなかったのです。ではどうして最後まで迷っていたのかというと、「環境」が魅力的、ここなら穏やかに落ち着いて過ごすことができる、更に、自分の大好きなお料理を間近で見ることができて理想の生活が送れそう♪ ということです。また、企業の歴史は古く、100年以上の歴史があり、ブランド認知もしっかり根付いているんです(日本人は「ブランド」に弱いですから~(笑))。

長年、外国人と一緒に働く環境にいた私は、どうしても純日本風の企業には抵抗があり、オフィスのレイアウト、人間関係、オンとオフの考え方、。。。そこはクリアしていきたいと強く感じていたからです。 

他方、もう1社ですが、こちらは、外資系企業ですが、オフィスには日本人のみ、どちらかというと、日本企業の文化の方が強いイメージです。ただ、わたしの担当するファイナンスについては、外国関係会社の人たちと頻繁にやり取りをすることになります。

そしてベネフィット、これが文句なしに良い!今回募集されたポジションは新しくファイナンス部門を開設するための募集だったので、立ち上げという意味でそれなりに大変なのですが、まぁ、それはつきものですね。ベネフィットは、前述の企業に比べると7桁単位でこちらの方が良いのです。 また、Defined Contribution Plan なる確定拠出年金制度があること、有給休暇の付与についても労基法が定めるところよりもずっと従業員に優しく、更に従業員への保険だとか、お給料の支払日(これ実はけっこう大事!☺)などなど、いろんな面で充実しているのですね。

ここまで見たら迷いなく後者じゃないかと思うと思います。でも、どうしても「穏やかに良い環境で過ごす」ということが、以前の会社で受けたダメージを思い出すと諦められなかったのですね。ベネフィットが良い分、仕事もブラック並みにハードだったら、また同じ思いをして、結局何も自分の時間を持つことなく10年後はただの年寄り、年齢以外の何も変わっていないのではないかと思ったのです。。 

で、こんなことしてみました。エクセルに自分の重視するポイントの項目を作り、両者を比較する。例えば、お給料、その他のベネフィット、オフィスの環境、従業員、取り扱い商品など、将来性、歴史、ブランド、などなどを比較したわけです。でも、これでも両者はそれぞれ異なる良いところとそうでないところがあり、決着しませんでした。

ちなみに両者のオファーが出された時期と、内定通知書の発行と返信期限などに時間差があり、比較検討する時間は約30分程度。 ホント、緊張の30分、これまで生きてきた中で一番集中したかも~(笑)

決着しないままエクセルを眺めること数分、一瞬思ったのです、「以前の会社で頑張れなかったこと、またもう一度頑張りたい!」って。で、後者の会社に決めました~(^^♪ 一瞬の出来事ですね 

後で思ったのですが、そもそもこの私が、のんびり、刺激の少ない環境で穏やかに過ごすことが自分の「理想」ということは、自分に持っていないものを求めるということで、決して現実的ではないのですね(笑) 「環境の良いところで穏やかに過ごす」 ということは、「長く安定して働くことができる」と感じる人が多い中、それはちょっと違うんじゃないかなって思いました。

結果、チャレンジングな方を選んだのですが、これで良かったと思います。まだ働いていませんが後悔は全くしてません!もう一度頑張ってみたい!っていうのが、以前の会社でうまくできなかったことへの後悔と、自分の本心と性格なのかなって、今回の意思決定を通してわかった気がします。

まとめ
・迷ったら両者を比較しよう
・「理想」は多くの場合、自分ができないことへの憧れ
・自然にできないことを続けるとストレスが溜まります
・多少きつい仕事でも「好き」を仕事にしよう
・「好き」を仕事にしたら自分の力で生きていけるようになれる!
・転職のリスクを負うことを覚悟して活動しましょう!

結局のところ、「お金か環境か」と言われれば「お金」を選んだわけですが、わたしの場合は承認欲求が強いのでしょうね。。。やりがい→報酬に反映のように。それから、友人に言われたのですが、中途採用のリスクを考えればお給料の良いところの方がいいのではないかということ、これも当たってると思います。

本当にいろんな思いのあった転職活動でした。転職する方のご参考になれば幸いです。

まだまだお話は続きます。。 次回は、転職エージェントについて書きたいと思います。実はこれ、かなりショッキングなできごとがあったのです。。 今となっては良い学びになりましたがw お楽しみに~

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんばんは 相変わらず変わりやすいお天気ですね 

いろんなことがあり過ぎて勉強に集中できない自分をどうにかしたくて、またまたこんな本を読んでみました 

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう
エリック・ベルトランド・ラーセン
飛鳥新社
2015-08-18


原書はノルウェーのメンタルトレーナーの方の著書です 最初の出だしがショックで。。。

・パッと起きるか、ベッドの中でぐずぐずするか
・早く起きて、シャワーを浴びる前に運動をするか、しないか
・健康的な朝食をとるか、ピザの残りを食べるか
・子供が登園する前に、親子の時間をつくるか、つくらないか
・出勤前に靴を磨くか、磨かないか
・大事な会議の日、通勤途中に頭の中で予行演習をするか、窓の外を眺めてぼんやりするか
・健康的な昼食をとるか、ファストフードですませるか
・休み時間に、出張手当の手続きを終えるか、コーヒーをおかわりして同僚とおしゃべりするか
・あなたがスポーツ選手だとして、ランチの後に動画をチェックしてテクニックを研究するか、ビデオゲームをするか
・トレーニングのときに、全力を出し切るか、90%にとどめるか
・次回のトレーニングの計画を立てるか、成り行きにまかせるか
・夜更かししてテレビをだらだら観るか、早くベッドに入って明日に備えるか


こんなことが書かれていました。。私自身の行動をたどってみるとどれも楽な方に流れているように思えます 
まだ読み終わるまで3分の1ほど残っていますが、要は、「何百回と無意識にする毎日の小さな意思決定で、とにかく目標に近づくように進んでいく」ということ。無意識で小さなことは習慣化されるため、その積み重ねは大きい影響を与える、ということです。

それから、なるほどと思ったこと、本当に人生を左右するような重要な目標に対する意思決定は『感情に左右する』、だから、その意思決定をした途端に普通はモチベーションが上がり楽しくなる、ということ。

そう言えば、20代の頃、海外にいこうと決めたとき、それから、30代のとき、大学に進学しようと決めたとき、何を犠牲にしてもやっていく自信と希望に満ち溢れていたなって思い出しましたよ~

またまたマザーテレサっぽいお話を読んでしまいました 

無意識を意識して、すべての行動を目標に近づけるために変えていこうと思います もう疲れるなんていってられないですね 夢は叶えないと

楽しく頑張りましょ 


Facebookグループに参加しませんか?

普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします。

↑このページのトップヘ