PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:日本企業

私の働いているような小さな会社は、一人の受け持つ業務の範囲が多く、管理部門でなくても一人が数種類の業務を受け持つことは当たり前です。

私も、ファイナンス専門から、HR、アドミンなど、管理部門の業務を行っていますが、先日も書きましたが、どうしても人事のお仕事が好きになれず困っていました。特に、経理のように決算などが終われば完了!とはっきりした終わりがないような、しかも、数字がぴったり合ったらOKのようなことではないため、そのあたりが煩わしいような、どこから手を付けたらよいのかの判断がとっても難しく感じていました。

とは言っても、担当になった以上、やらないといけないので、どうにかこれまでも見様見真似で、前任者のやった資料をみながらやるしかなかったのです。

そんな中で、外資のコンサルタント会社が主催のタレントマネジメントのセミナーに本日参加してまいりました。参加者は、みなさんいろいろな目的で来られており、何より周りの状況が少しでも分かったことが今の自分にとっては理解の第一歩でした。あと、タレントマネジメントがどんなものなのか、ということについても再確認できたことは進歩です。

そこで、タレントマネジメントとは、企業の事業戦略を全うするために、適切な人材を必要な場所に配置できるよう、従業員の資質を管理すること、とでもいうのでしょうか。

これに伴って、人材育成、キャリアプラン、評価などがあるのですが、まずは枠組みを作ることが大事だと思いました。

特に日本は、タレントマネジメントを管理するためのデータベースなどのシステムが整備されていないようで、海外に拠点を持つ企業さんたちは全社で統一して管理することが難しいとのこと。

さらに、日本では、評価の結果が報酬に直結していないので、タレントマネジメントが長く続かなかったり、やっているうちに何のためにやっているのか意義がぶれてくるようです。

幸か不幸か、私の会社は外資で、個々のスキル評価が報酬に直結するので、人事やマネージメントとしてはその枠組みさえできていれば「楽」なんです。評価の結果で報酬や昇給をBudgetの範囲内でさっさと決めればいいだけですから。

今日のセミナーで他の参加者のお話を聞くと、どうも一緒の部署で働いている部下と上司として、評価を下げて報酬も減らすことで人間関係がどうか、ということがかなりネックになっているようでした。

すみません、私としては、評価と人間関係はまったく別モノ!!!と思いました。余計なことを考えている暇があるのなら、その分毎週金曜日は早く帰りましょう!

あと、個々のマネージャが部下を評価して面談して。。という流れでは、個々のマネージャの資質もバラバラな故、統一した評価ができないのでは?ということも上がりました。が、だからこそ、タレントマネジメントの枠組みとして統一した評価基準を作るんだと思うのですが違いますか?ね。

ということで、これまで一人で悩んで、、、というか、よくわからなかった人事のお仕事の一部が少しわかってきました。

それにしても日本は、タレントマネジメントをするにあたって、IT環境を整えたり、人事評価が報酬に直接結びつかないとするなら、何のためにタレントマネジメントを行うのかという意義を一度整理した方が良いのかなと感じました。

そんなんで、いつものことですが、やはり日本は遅れてる気がします。

やっと気候が安定してきて気持ちいい季節にになりました。

引越て一ヵ月余りが経ちましたが、とても景色がいいということに加えて、用事がなくてもいつでも外で過ごしたい 気分です~ 

転職と引越で、新しい生活が始まったのですが、やっている内容はやはり心の底から納得できるものではなく、そんな毎日を過ごしていると、ムダな時間を過ごしているようで、どうしようもない気持ちになり、出来るだけ早くこの状況から抜け出したいっていつも思ってしまいます。

やはり、外資系企業でも、日本にその会社がある以上、日系の企業とはあまり変わらず、非効率な部分がとても気になります。で、それだけならいいのですが、人と話していても、ちょっと外国が好きとか、日本が嫌いといった話をするとすぐに「外国かぶれ」だとか、「バカな外人に騙される」だとか、もう呆れるくらい島国な考え方で、話す気にもなれないです。

いや、外国かぶれでも、バカな外人に騙されるでも、何とでも言っていいですし、外国かぶれですが何か?と言いたいですね。自分のかっこ悪さや非効率なことが見えてない人が多い気がします。

日本で働く以上、日本の非効率なところや古い考え方から離れられないのはもうあきらめようと思います。ただ、一生、そんな環境の中で生きていくのは嫌なので、期限を決めて早く自由になろうと決めました。

ちょっと思ったのですが、日本は物価が高いとか、先進国と勘違いしている人が多いですが、それ、違うと思います。物価が高いのは、アジアの中での話で、先進国と比べればまだまだ安いのだと感じます。それから、こんなにITが遅れてる国はもはや先進国とは言わないと思います。未だに手作業でコツコツとやった方が価値があるとか、頑張ってる感じがするなんて考え方が強いですし、いろんな企業で働いてみて、日本のほとんどの企業がITには積極的にお金をかけたがらないのです。結果、ムダな人件費が発生し、残業も発生し、人間が不健康になっていく、そして非効率なんです。

上場している日系の企業なんかよりよっぽど、中小企業でも外国企業に買われている外資系企業の方がITは充実しています。

ただ、はやり、人間は外国人にはなりきれないです。少しの遅刻やお休みでも目を光らせて見張っているし(笑)完全な成果主義にはなれないというのが現状な気がします。

休んだって、遅刻したって、やることやってれば問題ないと、私は思います。

まぁ、ほんと、窮屈ですね、日本は。早く自由になれるように頑張りたいと思います 

転職して1か月、以前の会社ではもうとっくに「辞めたい」なんて真剣に感じていました。

良い会社と良くない会社の何が違うかって、「ちゃんとした指導者とシステムの組み合わせ」がないかどうかなんだなって思いました。

新しい環境に入れば、自分の努力でできることと、できないことがあって、引継ぎや業務内容の理解は、自分が教えてほしいようには決して教えてもらえなかったり、わかっているだろうと思われて放っておかれたりします。

で、思ったのが、「人件費をケチる会社」。人並みの安い給料なら我慢していればいいなんて思う人が集まり勝ち。そこはどーーんと優秀な人をそれなりの報酬を払って雇わないと、教育だとか、考え方を仕切る人がいなくなって、いつまでも古いやり方で進歩のない会社になってしまうと感じました。

業務に対する「考え方」って大事で、そこをおろそかにするととんでもなく悪循環が生まれることになるんですね。だから、細かい業務のやり方を教えるのではなくて、いろんな業務の趣旨をきちんと教える人が必要なんです。

また日本の企業の話ですが、日本の企業は、特に大事な「投資」をケチる傾向にあるなって思います。優秀な人材を雇うこともそうだけど、ERPシステムのような優秀なシステムにもあまり前向きではないですよね。

正直、ERPシステムは、最初慣れないうちは使いにくく感じるかもしれないですが、このシステムはどれだけ人間が正確に、作業の一部始終を入力できるかどうかで決まるんだと思います。だから、導入当初は、導入前よりも手間や時間がかかるように感じるかもしれないですが、すぐに慣れて、あっという間に人なんかいらなくなります。

手作業でスプレッドシートを作ることも必要なくなるし、多彩なディメンジョンでアドホックリポートを作ってくれるし。

そんなシステムと優秀な人材がいれば投資の成果は何倍にもなって返ってくるのに、そうゆうのわかってないなって思いました。 しかも多くの経営者は経理の人を増やしたくないはずですよね(笑)

それがわかっていない企業はいつまでも昔からの古いやり方から離れられず、挙句の果てには「みんなで力を合わせてやっていることに意義がある!」なんて古くて寝ぼけたことを言っちゃうんです。

日本には上場企業でもまだまだパッケージソフトウエアを使っている企業が多く存在するって知ってびっくりもしました。

どうして「手作業」が辞められないのか、とっても不思議です~ 

出張から帰り、新しい職場でまた働き始めました。

いろんな人がいて、いろんなことが起きて、いろんな思いになるけど、やっとよさそうな職場を見つけることができて、腰を据えて頑張りたい!って思いながら、ふと、「他人にどう思われようと、自分の生活ややりたいことを心ゆくまでやってみよう」なんて思いました。

これまでは、周りの人を気にしたり、思い悩んだり、自分のペースがつかめずにいましたが、自我を捨ててみて思う存分やったらいいんじゃないかなと感じました。

そもそも自分が感じるよりもずっと他人は自分のことなんか気にしてないし、自分がどう思われても、注目されなくても、世の中何もなかったかのように回っていくんだし、先が見えそうになるまではもくもくとやってみるといろんなことに集中できると思います。

というのも、時間に自由な会社、もちろん、やるべきことをしっかりやるのが前提ですが、そんな環境だから、これをやったら明日は早く帰ろうとか、希望が持てるんです。だから、周りのこととかどうでもよくなって、更に、自分がどう思われようとどうでもよくなってくるんです。

日本の企業は、その点、どうでもよいことに注目し過ぎで、朝は5分の遅刻も許されなかったり、早く帰ることも許されなかったり、ホント、どうでもいいですね。

だから、「会社にいるだけでお給料がもらえる」ような考えになるんだと思います。そしてムダな残業もなくならないんだと思います。

そういったくだらないことに労力を注ぐより、やるべきことをきちんとやって、遅くなるときももちろんあるけれど、メリハリのつく、自己責任のある、そんな行動がとれる環境に身を置けるようになって本当に良かったです。 

自分の人生 他人任せにしないで、もっと自主的に、前向きにいきたいですね。

やはり、環境と上司ですね、会社勤めの良い悪いは 


先日の「外資系中小企業ってどうなの?」の続きw 

日本を代表するような典型的な業界に転職して日々感じることが止まりません~ 

まず、ITについての考え方がゆるゆる。。。というか、ぜんぜんなってないw コスト削減は必要なのかもしれないけど、IT導入に関しても「コスト削減」(笑) それで、不完全なIT環境になって、必要な資料がすぐに取り出せなかったり、帳簿がきちんとしていなかったり、知識のない人がテキトウに入力したり、内部統制がまったく機能しなかったり。 結局、それらの不備を直すために外注したり、派遣を雇ったり、正社員を雇ったり。。。ITをフルで導入するよりももっとお金がかかってて、なーーーーーーんにも「コスト削減」になってない!!!(笑)ITをケチるのは、日本企業の典型的な癖なんじゃないかな。


上場しているし、価値があると思われればそのうち海外の企業に買われちゃうんじゃないかな。でも、その方がいいかもしれませんね。 そしたら完璧なシステムを導入させられて、人員も削減されて、無駄な部分がなくなっていいと思います。

なんか、お偉いさんたち、超超超偉そうにしているしw 自分の会社のように。 

しかも、新卒を40人ぐらい採用するとか。新卒を採用するのはいいけど、ちゃんと教育しないからこんな変な上場企業になってしまうんじゃないかな。教育しないなら能力のある人を採るべきだと思うのだが。。

ほんと、基本的なところがまったくできていないのにはびっくりしました。よく上場できたね~って毎日思います ま、監査報酬も日本は海外に比べて安いしと思えば納得いくが。

なんか、こうゆうの目の当たりにすると、本当に日本大丈夫か?????って思うのです。甘いですよ、日本は。ある意味終わってるかも~w

教育、国民性、デフレ、ケチ、横のつながり、どうでもいいことに注力するんですね、日本の企業は。

それから、人を採用するときに「転職回数」をものすごく気にする日本企業は外部からの新しい考え方とか取り入れにくいよね。自分たちがいいと信じていることだけをひたすらやって、なんか、閉鎖的というか、やっぱり島国根性は根強いのだ。

もう日本企業で頑張りたくないと心から思いました~。居心地悪いし、狭くて人の密集している場所は息が詰まりそうです。

それに比べて外資系中小企業は働きやすいと思います~。横のつながりはないし、システムもちゃんとしているし、余計なことに気を使わなくていいし。なんだろう、やっぱり日本はねっちりしてる。。すぐに感情的になるし、面倒くさいね~。

そうそう、私が外資系でも「大企業」ではなくて「中小企業」を勧めるのは、外資系の特徴がもろに出るからなんです~。大企業だと、海外親会社に買収されるまでに根付いた日本の慣習がたぶん抜け切れず、結局は外資系日本法人と名前だけの外資系になる方が多いのではないかと思うからです。


なので、人付き合いに疲れたら外資系中小企業、お勧め♪


 

↑このページのトップヘ