PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:米国公認会計士

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
*こちらの記事は2015年8月に書いた記事をリライトしたものです。内容は常に更新しています。

こんばんは 暑いですね。。 

今週は7月の月次の締めの週、なんとなくばたばたしています 外資と言っても、日本の外資では、「資本」だけが外国から投入されているだけで、働いている環境や人は純日本、という会社も多いと思います。ちなみに私の会社は元々、純日本の会社だったのですが、ここ2年ほどで外国人を採用し、英語も頻繁に飛び交う職場に大変身しているところです

「外資」の会社で働くって、よく、自由で活発で。。。みたいなイメージがあると思いますが、本当にいろいろ複雑です。。。いいとことも悪いところもいろいろ見えて、良くもあり、悪くもあり。。。ふーー疲れますねぇ 

日本人と外国人の間に入って働いているととってもよく思うのは、「日本人は細かい、真剣に悩む、いい加減にできない」ということ。良くも悪くも。。です そして私のこの数ヶ月に感じたこと

何か困難なことがあると、

その1
外国人 → まずは行動
日本人 → まずは話し合い 

その2 
外国人 → あまり大したことだと思わない(ように見える)
日本人 → 真剣に悩む・怒る(笑)

その3
外国人 → 全体的な決め事は作らず柔軟に対応 
日本人 → 全体的な決め事を作ってみんなで守ろうとする(マニュアル大好き 

その4
外国人 → なんでも人に聞く(明るく) 
日本人 → できるだけ聞かない(時間をかけて苦労することが美徳) 


その5
外国人 → 早く帰りたいがちゃんと終わるまでは帰らない(絶対に月曜日から木曜日で仕事が完結して金曜日はうっほほーーとなれるようにがんばる) 
日本人 → どうにか終わりにする理由を作る(とりあえず今日は。。。みたいな、そして真剣に暗く働く)

少なくとも私の周りはこんな感じなのです 一番苦手なのは「話し合い」。。。それだけで時間の無駄のような気がします。。みんなエキサイティングして話が終わらず そして、「決め事」。。。私は本当に「決め事」が大嫌い! 決め事なんて自分を正当化するための言い訳にしか感じないし、決め事がないと何もできないなんてちょっと情けないような気がします。。

この内容を動画にしてみました。よろしければご視聴ください。↓



やっぱり、みんな同じように振舞って、同じように行動していくのが心地よいのでしょうか。。。私は鳥肌が立つほど嫌ですが。。  

どちらが良いかは個人差がありますが、私は少なくともみんなが気持ちよくいられる場所を提供する立場になりたいです 

いろんな思いがありますがまだまだこれからもがんばりますっ 

しばらくCPAの勉強から離れ、もうこの先は勉強をすることはないのかなとも思うことがありましたが、もう一度トライしてみようかなと、最近思うようになりました。

子供も成人して、仕事も落ち着き、特に勉強する理由というのは周りから見れば見あたらないのですが、私自身、どうしても「やり切れてない」感をしばしば感じるのですね。

若い人から見れば「その年で??」と理解に苦しむと思いますが、年齢の問題じゃないんですね。。こればっかりは、年齢を重ねないとわからないというか、そのときそのときで、思うことはいろいろ変わってくるし、目標も変わってくるんです。とにかく、やり切れてない感をこれ以上引きずるのは嫌なんですね。

それから、実際にファイナンスの仕事をしていて感じるのは、ビジネス文書もわかるようになるし、親会社のファイナンスの人たちと話をしてもスムースに通じる、財務の言葉を英語でちゃんと伝えることができる、などなど、仕事の環境が良くなること間違いなしなんです。

あんなに分厚いテキストを狂ったように読んでいれば、そりゃそうですよね。

まぁ、この勉強をやって悪いことはないけど、良いことはいっぱいあることは間違いないですね。

身の回りもだんだん落ち着いてきたので再度頑張ってみようと、ここのところ頻繁に考えるようになりました。

さぁ、何から始めよう☺

CPAの勉強からすっかり遠ざかってしまいましたが、やっとここで再開しようという気持ちになりました。

ただ、以前のように、転職のため、スキルアップのため、などといった理由はあまりなく、それよりも、自分の力がどんなレベルで止まっているのか、この勉強をして乗り越えられなかったところを乗り越えたら見えなかったものが見えてくるのか、行き詰ったまま「この科目は無理」という先入観から打破できるのか、そして、できないはずがない、苦手をなくして楽になろうって思い始めました。

というのも、転職後、新しい会社での業務が慣れるまで、やはり乗り越えないとならないことがいくつかあり、早くこの状況から脱してなんでもわかる自分になって、自分で予定も決められるようになれば楽になる、と思ったから。

「苦手」なんて自分が思い込んでいるだけで、丁寧に集中してやれば必ずできるようになるし、出来ないからと立ち止まらずに、できるようになろうって思いました。

で、実は、集中して勉強や仕事をやりたくて、しかも、健康に規則正しく生活もしていきたいという気持ちがあり、引越を機に家電を充実させました

ルンバと食洗器 

先ずはルンバですが、これ、想像以上にいいです ルンバも頑張ってくれるんですが、部屋がきれいになる最大の理由は、「ルンバがお掃除しやすいように部屋を整理整頓することが必須」ということ(笑)でも、それが習慣になればいつもお部屋はキレイです。週末の1時間ー2時間のお掃除に使っていた時間が節約できます。そして何より「可愛い」んです~ 先日、母親が、一生懸命お掃除をするルンバを見て「機械なのに可愛い!」と欲しがっていました(笑)
iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 ダスク R980060

それから食洗器、こちらもかなりいいです  一人だから必要ないのでは?と言われるんですが、勿論お皿の数は少ないですが、調理をする場面では一人でも二人でも洗い物は同じなんですね。それから、食後に「さあ、読書をしよう」とか、何かをすぐにやりたいのに、洗い物があると、もうそれだけで30分はとられてしまうので、そういった「やる気」のあるときにすぐ行動できるように購入しました
パナソニック 食器洗い乾燥機(ベージュ)【食洗機】 Panasonic NP-TR9-C [エレクトロニクス]

そして感じたのは、快適で好きなことに集中できる環境を作るには、狭いお部屋ではできないこともあって、広くて快適な場所に住むって、それだけでも意味があるんだなって。しかも、キッチンが格段に使いやすい!もっと早く引越せばよかったなって思いました。

そういった意味でも先日投稿しましたが、「流動的」になることって大切だし、モノゴトが前に進む気がします。


と、いうわけで、準備万端なので、これからは自分のやりたいことと仕事に、頑張ってみようと思います。自分が「できない」と思い込んでいることを「できる」ようにして、心も快適になっていくのが当面の目標かな。そしてできればQ2の終わりに受験もできたらいいです

また勉強についての投稿も再開しようと思います

 

 

こんにちは。すっかりご無沙汰しています。

9月に転職して早 2か月、2回の出張を経てやっと落ち着き始めたところです。。。が、忙しく、ある意味楽しんでいます。

9月下旬、入社直後、トレーニングのため韓国の関係会社へ1週間出張しました。初めての韓国でしたが、皆さんのもてなしに朝から夜まで満腹状態。ありとあらゆる食べ物とお酒を試すことができました。

そして10月の下旬、今度は本格的に仕事の引継ぎで香港へ2週間行ってきました(これまで日本には経理部がなく、香港で経理処理をやっていた)。こちらも初めての国でしたが、毎日ホテルとオフィスの往復、週末を1度挟みましたがメジャーな地域をランニング&散策で、けっこうハードでした。こちらもいろんな食べ物を体験できましたが、なんといっても中国なので、強烈な食べ物も多かったです。

昨年のベトナムを初め、こうしてアジアの国々に行ってみると、外国人が日本に来る理由がわかる気がします。やっぱり日本はキレイですね。キレイというか、清潔なんですね。

韓国は本当に日本に近いモノが感じられましたが、他はやはり、あまり清潔でない、空気が汚い、騒音が多い、臭い、などなど、あまり住みたいとは思いませんでした。かといっても日本はあまり好きではないですが。


お仕事ですが、海外の関係会社に行って一緒に働くとやはり親近感が出てきます。そして、コミュニケーションもしやすくなるのも事実。ただ、やはり、私の働く日本の会社は中小企業なので、IT、内部統制、人員がどうしても追いついていない状況。海外の関係会社に合わせるのはかなりの努力が必要だと感じました。

でもでも、これまでも同じような会社で同じようなお仕事をしてきましたが、海外関係会社の指示通り動くという難しい部分を乗り越えることができず、今になってやっと、そこのところを乗り越えることが目標だと感じました。

だからといって、会社にどっぷり浸かるのではなくて、もっと自分を大事にしながら、お仕事はお仕事で達成感を得られるような方向でやっていけたらいいなって思います。

今回良いのは、ある程度自由にやらせてもらえているので、私の思う「経理部」を作り上げていければと思います。やるときはやる、休むときは休む、無駄を排除する、いいものは取り入れる、そんな部署を作ることができればいいなって思います。

外資系企業に転職をお考えの方、中小企業ですと海外出張がかなり多くなると思います。そしてそのためにはタフでないとやっていけないです。私も海外出張から帰ると、体力を取り戻して通常の生活に慣れるまで数日から1週間かかります。そして、何度も出張に行って思うのは、睡眠と食事がどこでもなんでもOKになることも大事だと感じます。

睡眠については、「Sleep cycle」などのアプリを使って、かれこれ3年ほど毎日の睡眠を記録しています。

食事は、できるだけ現地のものを食べるようにしています。食べることで文化もわかったり、地元の人とのコミュニケーションも良くなったりで楽しいです。海外に行っている間は基本的に日本食を食べたくなりません。あと、コンビニやファーストフードも現地ならではの商品やメニューがあって楽しいです。韓国と香港では毎日地元のお酒を買って試しました(笑)

Photo Nov 04, 10 01 55 PM

Photo Sep 28, 9 45 22 PM



ではでは、また状況をアップデートしますっ!

まずはご報告でした。
 

こんばんは。やっと涼しくなってきましたね。。なんだか9月になっても亜熱帯のような気候の日本でした。いつまで経っても汗でベトベトで、本当に辛かったです 

転職エージェントについて書こうと思っているのですが、その前に、転職活動の過程で思ったことを今日は書きます。

5月に退職した会社は特別お給料が良いわけではなく、福利厚生も特に何か特別なものがあるわけでもない、そんな会社でした。ただ、海外とのやりとりや出張が多かったので、それなりに楽しめたわけです。そして、昇給は年1回なんですが、どうにもこうにもお給料がどかーーーんと上がるわけでもなく、少し嫌なことがあると、もうとてつもなく嫌になるわけ。この先何の楽しみもない、安いお給料がどうでもよくなるような生きがいになるものもない、そして10年後に何が残る?????みたいな。

こんな会社と家の往復の毎日、絶対やだーーー!っていつも思ってましたよ~

お給料のことだけを考えると、やっぱり転職することって意味があるのかなってよく考えてました。だって、昇給だけで100万円、いつになったらあがりますか??一生働いても無理ですよね~ 

転職なら、100万円から150万円は上がるのも夢ではぜんぜんないです。


それから、退職給与などのベネフィット。これも会社によってあったりなかったり。

雇われて働くならやはり、お給料などのベネフィットが良いほうがいいですね。お給料が安くても生きがいを感じられているなら別ですが。


そして、今回は散々「キャリアダウン!」と叫んでいましたが、結局のところ、キャリアアップになりました。結果として、緩いお仕事でのんびりするには早すぎたと結果、感じています(笑)

自分のもっている体力や能力を出し切れずにいると、それはそれで余力があるのかもしれないけど、やっぱり飽きます~ 指示する立場だった自分が、指示される立場になると、ストレスがたまりますw 外資系一筋に働いてきたのに、今更日本企業で働こうとしてもムリです~!考え方に違和感が山盛りですw

なので、もう無理をせず、好きなように生きていこうと思います~!

あと、「もう歳だから」とか「最後の転職」と定義はしません!(笑)どうせ死ぬまで私はこんな感じなんだと思います~。  

転職に悩んでいる方、変な会社に縛られていたら時間がもったいないですw 元気に生き生きとしていることが自分にとっても周りの人にとっても、それから、世の中のためにもいちばんだと感じます~ 

↑このページのトップヘ