PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:資格試験

退職目前ですが、こういう時に限っていろんな仕事が飛び込んでくるものですね。

金曜日に税務申告用の勘定科目内訳書を作成することになり、この週末自宅に持ち帰ってやっていました。 

自宅で仕事をするといっても、本当に必要な仕事なので、テレビをつけたり、モノを食べたりもあまりせず、黙々とほぼ一日中、集中してやることになります。 

そうすると、運動不足になって、からだがなまった感じがしたり、なんとなくスッキリしないもの。

なので、この週末は土曜日・日曜日の2日間は朝のランニングをしていました。


仕事をしていると、まだまだ分からないことに遭遇するのですが、今回は、もう一度勉強をしようって気になりました。資格をとって転職するとか、そうゆうことではなくて、もう自分の知識も賞味期限切れが多くなってきたなって感じです。

そろそろ勉強を辞めて1年になりますが、会計も、税務も、法律が変わって、新しいアプリケーションもどんどん出て、それなのに、勉強は止まったまま、これではついて行けるわけがないですね。

それから、ふとしたことから、英語以外の語学も勉強しようと、ちょっとワクワクしてきました。

資格試験は、受けるかどうかわかりませんが、「勉強する」っていうことは、これまでの自分の知識や経験が、日々のいろんな感情や出来事によって、あるべき姿から少しずつ歪んできているものを、またあるべき姿に戻して、なおかつ、最新の知識をつけて、もっともっと良い仕事ができるように軌道修正するってことにもなる、むしろ、今の年齢での勉強は、そうあるべきなのかなって思いました。

資格試験を受けるとなると、どうしても、「良い仕事をするための勉強」という目的が、「資格試験に合格」という目的に、いつの間にかすり替わってしまい勝ちです。良い仕事をするための手段である勉強が、いつの間にか「目的」になってしまうのが良くないなって思います。そうして、合格するまでは時間を費やしているがために、いつの間にか大切なチャンスを失うこともあると思います。

なので、ちょっと、この気分の変わり目に、興味のあることをどんどんやってみようと思います。そして、目的と手段をはき違えないように、たまには俯瞰して、軌道修正しながらできたらと、この週末はそんなことを考えていました。 

以前は「間違いノート」なるものをエクセルを使って作っていました。科目、分野、論点などを項目に加えていろんな角度から見直すことができるようにして、データベース化していました。

ただ、ノートを作ったりするのもそうですが、時間がかかる!! のですよね。

なので、手書きはあまりしませんでしたが、Excelでも時間がかかって、とうとうやめてしまいました。

ただ、勉強していて、覚えなければいけない論点や言葉がでてくると、どうしても書いたりしてしまう。なので、そうゆうとき用に100円のノートを買って、書きたくなったら書いて、書きっぱなし、そしてそのノートは捨ててしまう。。ということをやっていました。


そして、ここのところの法律の勉強、少しですが時系列で覚えた方が覚えやすいもの、取引の流れ、規定など、ケースバイケースで覚えることが出てきたので小さなノートに書いてみました。そしてそのノートはというと、「SHOT NOTE」。スマホで写真をとってきれいに整理できるもの。


ノートの四隅にガイドがついていて、それに合わせて写真を撮るとゆがんだりせずにきれいに撮れるのです。保存方法は、専用のアプリを使えば、項目、日付、タグなどの情報を入力してきれいに整理することができます。

なので、紙でまとめた図や表を使いたい方にはお勧め♪

今日はこれを使って、取引の流れをまとめたノートを撮影、整理してみました~。

ご参考まで

 

7月に入ってから法律関係の試験勉強を始めましたが、米国公認会計士(USCPA)の試験とは比べ物にならないほどボリュームは小さく、過去問は600問前後で網羅されています。

科目は、大きく分けると3つに分けられるのですが、どれも法律関係なので同じような方法で勉強を進めることができます。

これをやっていて感じたのは、CPAの勉強のときは、ボリュームに圧されて、つまづいてしまったりということが多々ありましたが、ボリュームが小さくなると、本当にやりやすい!「ボリュームが大きい」ということに気を取られてやるべきことがわからなくなってしまうのではないかと感じました。

例えば、自分の得意分野なら自然と勉強の「やり方」をスムースに取り入れることができることと似ていて、全体が見えているから何をしたらいいのか、次の課題が先行して見えているんですね。

そんな中で実行しているのは、以下の手順。

①過去問を解く
初めて勉強する分野でも構わない、とにかく、過去問を「問題の傾向」や「出題者の意図」を探るために解いてみる

②科目(分野)ごとのテキストを一通り読む
①で解いた過去問のポイントとなる論点を少し意識しながらテキストをすらすらと読む。ここではまだ線を引いたり、まとめたり、そのような作業はせずに、ひたすら一通り読むこと。

③読んだテキストに対応する過去問を再度解く
②で読んだテキストに対応する過去問を解く。そうすると、何がポイントで、ひっかけか、また、基本的な論点をどう出題しているのか、など、かなり問題とテキストがつながるようになってくる。

④あとは繰り返し
③の後は、できなかった論点に印や付箋をつけるなど、チェックしつつ③③②、③③②・・・・・のようにアウトプットを中心に回していく。あまりインプットが多すぎると、知識はあっても問題に対応できなくなってしまうので注意が必要。

たまにボリュームの少ない勉強をすると、ボリュームの大きな勉強で忘れていた基本的な考え方が見えてくるな~なんて感じたので書いてみました


 

最近、咳をしている人が多い気がします。。暑かったり、涼しくなったり、体温調整が難しいからなのでしょうか。

四季があるっていいこともありますが、なかなか難しいですね。体調管理、気を付けたいです。


さてさて、勉強を再開したのですが、実はCPAの勉強ではなくて、他の資格試験なのです。詳しいことはもう少し勉強が進んでからにしますが、種類としては法律関係です。

CPAよりもボリュームは少なく、そして、これまでやったことのない業界の試験。科目もなくて、ひたすら問題を回して、理解して、暗記しての繰り返しを地道にやっていけば合格するのではないかと思って始めました。

とは言っても、大学で勉強した民法などが基本になっているので、まったくのゼロから学ぶわけではなくて、大学での勉強が多少は助けになっています。

どうしてCPAの勉強を再開しなかったかというと、もう「転職するための資格」では、時間がないから。資格を取得して、すぐにこの先のお仕事に生かせるような資格が必要だと考えたからです。

それに、転職活動を1年近くしていると、もうかっこ悪いスーツを着て、自分らしくない姿と態度で面接を受けて、思ってもいないいいことばかり並べている自分に嫌気がさしてくるのですね。さっさとスーツを脱いで自分らしく好きなことに打ち込みたい!と何度思ったことか。

転職先なんて所詮「他人の会社」。自分の思い通りになるわけではもちろんないですし、何か、「自分のやりたいことができる」 と錯覚している感じがします。会社でやる仕事っていうのは、もう既にそこにやらなければならない「仕事」があるのですね。それは、自分のやりたいことではなくて、そのお仕事に臨む姿勢、やり方、部下、上司、それらとの関係が「自分好み」だということに過ぎないだけ。だからそれは、「やりたいこと」ではなくて、「やりたい方法」なんだなって感じました。

そして、「福利厚生が充実している」イコール「社畜になる確率が高い」のです。社員なんて所詮会社の道具にすぎず、だけど人間は機械と違って不平不満を言うし、油をさせば上手に仕事をしてくれるなんてことがないから、代わりに「福利厚生」という油をさすのですね。なので、福利厚生は減価償却費やメンテナンス費用と何ら変わらず、機械で代用できるものならどんどん変わっていくのだと思います。

そういうわけで、もうこの先転職は考えておらず、もうスーツを着て他人に頭をさげることもしないつもりです。他人に頭をさげて、「生活費ください」なんて言っているようで本当に自分が情けなく感じてくるんですね。

会社の仕事と自分の生活を完全に割り切ってできる状況や、会社の好待遇に甘えることなくやっていけるなら別ですが、やはり会社からいろいろと与えられてしまえば、それに頼ってしまうし、そうなるともうそうでない生活に戻るのは難しいし、それより自由がなにより欲しいです。 


そんなんで別の資格試験の勉強を始めたわけですが、CPAで駆使した勉強方法がとても役に立っています。特に以前投稿した「付箋勉強」は気に入っていますw

実は試験まであと3か月ぐらいしかないので最短で計画を立てました。7月は過去問を一通り解いたあと、テキストで論点を理解する、8月:ひたすら暗記・過去問をまわす、9月:ひたすら問題をまわして苦手な論点を制覇する。こんな感じで臨んでみようと思います。

CPAもとても良い勉強にはなりますが、ちょっとマンネリしたら、少しだけ逸れてもいいかなって、それも選択肢として考えても良いと思います  自分の力で生きていくためには。

ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
こんにちは なかなかやる気のでなかったここ数日ですが、何としてもこの週末には本気モードにしないと、と思い、昨夜からこんな本を読んでみました 



これ、ずいぶん前に買って、少し読んで放っておいたのですが、改めて最後まで読んでみました。

この本、正に今の自分の状況にピッタリでした。と、言うのも、仕事でなかなかうまくいかないことがあったり、普段の他人との会話でなんとなく噛み合わないことがあったり、そんな小さな心の乱れや、また、あとは、前回の受験のショックもあって、 そんなことが原因ですっかりやる気を失っていたから 

どうしたら集中できるのか、どうしたら継続してやれるようになるのか、などなど、本当に身近なところにある問題に焦点を当てて1つ1つ書いてあります。 

特に、USCPAの問題は1科目につき1000問以上あって、ちょっと躓くとすっかりやる気を失って、しばらく放置状態だったり。。

この本にも書いてありましたが、勉強を継続して確実に力に変えていくには、やはり、「心理的な部分」が一番大事だと思います。 私は昨年から20年余り一緒だった娘とは別に生活するようになりましたが、何かポカ~ンと穴があいたような そんな感じでまったく集中できませんでした。仕事が超ハードだったこともありますが、心理的な部分のケアは大事だと実感しています。

勉強がなかなか集中してできないとお悩みの方、一度リフレッシュする意味で、この本、お勧めです

 

↑このページのトップヘ