PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:転職

これまで約18年外資系中小企業で働いてきました。

他人の話を聞いていると、外資系にあこがれる人も多く、「自由でありながらスピード感がある」といったイメージがあるそうです。

わたしとしては、「いいとこどり」ができると最高だと思っています。しかし、良くない部分、しかも強烈にどうにもならないことがあるのは事実。 人それぞれ、許容範囲内であれば変な部分は我慢もありかなと思います。

元々その会社が純粋な日本企業か、外資子会社を目的として設立されたのか、または、外国人がいるかいないか、など、状況によってはかなり変わると思いますが、わたしの感じた範囲で外資系企業(中小企業)の良い点と悪い点をまとめてみます。ちなみにこれから書く「良いところ」と「悪いところ」は、外資中小企業を前提にしています。

良い点
1.服装などが比較的自由
特に金曜日はジーンズで出勤する人が多いです。金曜日の午後はもうほとんど週末気分w それから、ネイルや髪の毛についてはほぼ自由。関係会社のファイナンス部の人たち、髭や入れ墨とか普通にいます。財務諸表を作るのに髭が生えてちゃだめとか、刺青入ってちゃダメとかないと思います(笑)そんなことより、能力や結果重視で何より自由でいいなって感じます。

ただ、外国人に関して言えば、外見はみなさん、きちんとしているのが基本です。スーツは着ていながら髪がのびていたり靴が汚れていたりということはないです。そうゆうとこ、感心します。

2.時間もフレキシブル
社内規定はあるけど、良い意味でフレキシブル。朝早く出勤してその分早く帰るとか、今日は自宅で仕事するとか、かなり自由。自分の仕事が終わればそれでよし!基本的に「自分の時間」を大切にした行動ですね。

3.食べながら仕事
朝、昼、午後、何かしら食べている人多いです。

4.音楽を聴きながらでもOK
わたしは周りがうるさいときは必ずイヤホンをして音楽で紛らわしていました。自分の世界に入って集中できるのでこれはありがたいです。

5.パーテションがある
机は基本的にパーテションで区切られています。日本の企業は大企業でも、他人と向き合って座る配置がいまだに主流だと思います。横のつながりを異常に大切にするから仕方ないのかもしれないですが、常に見張られているようで、私は常に萎縮してしまいます。。

まとめると、とにかく「自由!」 仕事が優先。大事にするものが違うなってよく感じます。良い悪いじゃなくて、気にしないんですね、重要でないことは。日本の企業であれば、ひんしゅくを買うことかもしれないですが、正直その意味がわかりません。 そして他人との関わりが少ない、または、スッキリしていることも私は好きです。


悪い点
1.カントリーマネージャーによって社風が変わる
これ、かなり強烈な記憶があります。個性的な上司が多い気がします。なので、あまり自分と合わない人が上司の場合は、経理などがしっかりしないと海外の親会社から突かれることになるのです。 会計部門は本当に苦労します。テキトウにお付き合いして、しっかり自分の部門は固めておいた方がいいですね。。かといっても、やはり上司の協力なく、固めることも難しいので、そこのところが苦労するところだと感じます。

もうひとつ、結局のところ、カントリーマネージャーとは、英語が喋れれば誰でもよい、というところがあるように思いました。これまで何社か働いてみて、英語をしゃべって適当に上手に人と付き合う能力さえあれば多少の問題児でも全く問題ない、要は親会社にきちんと情報が伝わればよいのです。

2. 英語を話せる人に仕事の負担がかかる
外資系といっても中には英語がまったくダメな人はいます。なので、結局は、英語ができる人に負担がかかることになります。少しぐらいならいいですが、度重なるとけっこう負担です。基本、残業は年俸に含まれるので出ません。英語の勉強してほしいです。というか、英語は単なるコミュニケーションのツールですから。
 
わたしはこの悪い点の1に耐えられませんでした。良い部分はいっぱいあるのに、これはまったく許容範囲外でした。経営者や代表者は元々営業の人が多く、営業v.s. 経理の壁は永遠に取り払うことはできないのですよ。そこのところを上手くやっていくのが今の私の課題だと感じます。それが上手にできたら本当に居心地が良く、楽しいだろうなって思います。

そもそも、うまくやるとかなんとかって考えてること自体がおかしいのではないのかとたまに思います。他人の会社のために消耗する必要はまったくないのですから。もっと自分を大切にすれば、会社での人との距離も適度に離れてもめる気にもならないんじゃないでしょうか?


いろんなバランスが難しい外資系中小企業ですが、元々の会社の特徴(もともとは純日系企業かもともと外資だったのか)や人員構成などから、どのタイプの外資系企業なのかを割り出していくといいと思います。

外国人のいるような職場に慣れている人が、純日本企業のような外資系に転職するのはお勧めできないですね。少なくとも上司は外国人じゃないと、くだらないことで悩む羽目になりそうです。

ご参考まで。

久しぶりのブログ、いろいろと書きたいことはあったのですが、書く環境がなかなか整わず長い間放置していました。

相変わらず、外資系企業のファイナンスに携わっていますが、小さな会社の管理部門なので人事をやったり、法務的なことをやったり、労務処理をしたり、本業に集中できることは稀な状況です。

人事の割合としては、全体の10%程度(名目上は)ですが、難易度といったら全体のお仕事のなかでいちばん上なんじゃないかと思うほど四苦八苦しています。

正直、もう人事大嫌いになってます。で、どうしてそんなに人事のお仕事が嫌いなのかと考えてみたのですが、原因は1.数字を追うようにキレイに終わらない、2.そもそもテクニックというか、知識も経験もそれほどないから苦しい、3.何か言えば必ず自分の権利を主張する従業員がいるからビビる。こんなことが思い浮かびました。

この中でもダントツに「嫌だな~」と感じるのは、3の自分の権利を主張して攻められること。もうこの数年で人事が大嫌いになりました。というか、会社で働いている、いわゆるサラリーマンという生き物はそんなものなんでしょうか?決められた時間に会社で働いて、お給料をもらって、自分の権利をとことん主張する。それってやりがい?個人的にはそうゆうの大嫌い。

会社から1円でも多くお金をもらえるためには自分の権利を思い切り主張して、人事や会社の義務の落ち度をいちいち指摘する。こうゆう働き方で皆さん幸せなんでしょうか?ね。

そうゆうときの印象は「せこい」としか感じないし、他人の会社にぶら下がっておいてなんだよっ、自分の力で稼ぐとか、。。自分で言ってて情けなくならないのか?

仕事ってそうゆうこと?

と、毎日の仕事がばかばかしく感じるのでした。

とともに私の人事嫌いは加速するばかり、人事のエキスパートと言われる人たちはいったい何をやりがいと感じているのでしょうか?

と言ってもすでにやる気ゼロ。覚えようとか、勉強しようとか、これがどうしてもそんな気になれないんです。困ったものですけど嫌なものは嫌なんです。


相変わらず、ファイナンスの仕事に加え、人事・労務などのお仕事も担当していますが、人が辞めるたびに感じること、「辞めるときはみんなお金お金と一円でも多くもらおうとする」ということ。

定年退職は別として、転職で中途退職する場合には余計な期待を持たないで欲しいものです。中途退職というのは、転職の場合には次の職場での給与の支給日のズレ、退職時の社会保険料の徴収方法、住民税の徴収方法、退職金の計算方法、有給休暇の買取ができるか否か、いろんなことがそのタイミングを中心にズレるわけです。

特に、社会保険料の自己負担分の徴収方法が、社会保険料支払い時に徴収する場合と、帰属月のタイミングで徴収する方法と、会社によって違うのです。それから、住民税は各自の退職時期によって、一括徴収、普通徴収、それから転職先企業への引継ぎと選択できる場合があるので、これも要注意。

最悪の場合、最後の給与からは社会保険料2か月分、住民税5-6ヵ月分がまとめて徴収され、足りない場合には会社から請求することになります。

退職して最後の給与の支給後には「どうしてこんなに給与が少ないのか???」と必ずと言っていいほど聞かれます。こちらも事前に説明してますが、本人たちはまったく気に留めてないようです。

それに加えて、退職金がこんなに少ない、とか、有給休暇の買取がされないとか、私のせいじゃないですよ~。

中途退職するのは、少なくともその会社で働くことを希望しないということであって、それが叶うのならそれ以上を求めないで欲しいです。経済的にはいろんなリスクが伴いますが、気分的にはスッキリできるのではないでしょうか???

リスク管理もできないような大人が多すぎる気がします。だったら辞めなければいいのに、と思います。1円でも多くもらって辞めようという態度は本当に情けなく見えます。数十万円もらえないとしてもその後の人生にどんな影響があるのでしょうか?そして自分も同じ世界にいるのかと思うと窮屈でつまらなくてバカみたいです。

会社が小さいので機械的に対応することに限界がある、というのもあるとは思いますが、人事や労務・給与のお仕事を専門に行っている人は本当に尊敬します。

こうゆうのも試練なんでしょうか。。窮屈で刺激がなくて素敵じゃないモノばかり見ている毎日を過ごすことにそろそろ限界かもしれないです~。

私が中小企業ばかりで働いているから言うわけじゃないけど、大企業に勤めることが「イケてない」なんて今更分かったことじゃないのに何を言っているのだろうと、この記事を読んで思いました。
こちらの記事

どうしてか、幼少のころから、大きな企業で働くことは考えておらず、とにかく自由で、かっこいい会社で働きたいと考えておりました。

ただし、大学の同級生が超有名企業に就職したときは、正直羨ましいとか、かっこいい、なんて感じたこともありますが、基本的に、その大きな会社のブランドを借りて生きているような感じが好きじゃなかったのです。今もそうです。

何ていうか、ぶら下がっているというか、自分自身が作り上げたブランドじゃないのに、自分のブランドのように、xx株式会社で働いてます、と言うのがこっぱずかしいというか。

あとは、縦割りの組織で、業務のほんの一部しかやらせてもらえないこと。どうしても魅力を感じないです。自分の会社のことを何でも分かっていて、何でも対応できて、の方がかっこいいとずっと思ってました。

他人の作った会社で偉くなっても、そこの世界では偉いのかもしれないけど、自分で作った会社で儲けてる方がかっこよくないですかね?

それに比べて小さな組織は、経営者のすぐ近くで仕事をして、一緒に会社を作り上げている感が半端ないです。所詮、他人の会社だということには変わりないですが、そうであれば、こっちの方が私は好きですね。転職に有利になるスキルもばっちり身に付きますし。「手に職」というものに近い感じです。

外資系なら、小さな組織でもお給料は悪くないし、運が良ければ親会社と直接雇用契約ができて、インセンティブボーナスが出たり。

まぁ、好きなことをやりたいから、ぶら下がって生きていくのもありかなとは思いますが。

いつものことながら、3連休なんてあっという間ですね。

初日から早起きして実家に帰ってましたが、田舎も暑かったです。田舎は涼しいという感覚があるせいか、都会のように1日中エアコンを稼働させているということがなく、一定の部屋ではちょろちょろと稼働しているものの、ほとんどエアコンなしで、これが熱中症の原因なのでは?と感じました。

なので、都会は暑いですが、エアコンを1日中つけっぱなしで気楽に過ごせるといった面では楽です。

今回は田舎に帰ってどうしてもバーベキューでタンドリーチキンを作りたくて帰ったのですが、最後の日に「ヘアトリートメントの説明会」なるものに呼ばれ、ヘアトリートメントごときに説明なんぞいるのか???と少し不思議でしたが、まぁ、大したヘアトリートメントなんだろう、ぐらいの気持ちで参加してみました。

で、会場に行くと、女性の営業っぽい人が4人、参加人数分のトリートメントをもって特徴だとか、効果を話し始め、では、実際にやってみましょう、ということで、参加者が自ら自分の髪の毛にトリートメントを。。。その間、やたらに参加者のことを褒めまくり、そして、その商品を褒めまくり、とっても不自然な時間が流れること約1時間。。。そう、ネットワークビジネスだったのです。

気付いたとたんに帰りたくて、私の貴重な時間をこんな胡散臭いことに使うなんて。。。。(涙)本当に後悔の時間でした。

営業の人たちは引き続き褒めちぎり、何かにとりつかれたように商品を自慢する、キャンペーンだと安さも自慢する。。。私、こうゆうの本当にダメです。

そして、お決まりのごとく、どんどん会員を増やせば不労所得が何百万と増えていくとか。正直言ってそんなに収入のある人にはまったく見えません。本当は素晴らしい商品なのかもしれないけど、商品の良さなんてどうでもよくなり、何かに取りつかれた人たちに呆れ、何より自分の時間をこんなことに使うことになった、自分自身の行動と考えのなさに反省反省の数時間でした。

もちろん買いませんよw

しかし、ネットワークビジネスを信じてやっている人の気持ちは私にはさっぱりわからないですね。ただ、転職活動をしているときに、たまたまネットワークビジネスのファイナンスの募集の話が来たことがあり、しかも年収は1000万円越えということ、そして、ネットワークビジネスに関して割り切るか、きちんと理解していることが条件、ということだったので、まぁ、ビジネスとしてちゃんと成立しているんだろうな。。なんてこともありました。

なんか、こう、月収数百万円稼ぐんだと夢見心地で何かにとりつかれたような人たちを見るのがとっても苦痛なんですよね。胡散臭いというか。。よくわからない世界です。

こんな私の3連休でしたが、まぁ、すべてのことは自分が前進するために起きている!と割り切って、教訓を作りました。

自分をしっかり持って、怪しいとか、納得できないときはいい顔をしないこと!
相手の流れに流されないこと!

それから、おかしいなと思ったら少し疑って誰かに話してみる、ということも大事なのかなとおもいます。最初におかしいと思いつつ参加してしまったことをとっても悔やんでいます。

自分も反省なんですが、ネットワークビジネスをする人は、もっと胡散臭くないトークを身に着けてもらいたいなとも思いました(^^♪



↑このページのトップヘ