PandaCafe

米国公認会計士の受験に始まり、転職、そして組織に依存しない働きかたを求めて疾走中!

タグ:Transaction

ブログネタ
就職に役立つ資格 に参加中!
Regulationの勉強がなかなか手強く、四苦八苦しております。。特に商法・証券法など、問題はそれほど難しいことを聞いていないと思うのですが、やはり英語の問題。。早く慣れないといけないです

1つ、クリアになったこと、メモを兼ねて説明します。証券法のところの1933 Act の Exemption から。

1933Actによって登録が義務付けられていることには、義務付けられている証券、それと、義務付けられている証券の中でも、Offerの内容によっては登録が免除されているものがあるということ。

Securityそのものが免除されるのが、Exempt Securities で、例としては以下のようになります。
1.政府に準ずる機関の発行する証券
2.連邦機関による規制を受ける証券(Regulated by Federal Agency)
3.保険証券(Insurance policy) ※
4.非営利組織が発行する証券(Non-Profit organization securities)
5.貯蓄貸付組合(Saving and Loan Association securities) が発行する証券
6.9ヶ月以内に満期を迎える流通手形(Commercial paper maturing within 9 months)
※3の保険証券(Insurance policy) は保険の商品であって、保険会社自体を免除されるものではないことに注意

そして、上記以外のSecuritiesであってもOfferの内容によってはその登録が免除されるもの(Transactions exempt from registration)
1.1つの州内のみでの発行の場合(Intrastate offering securities)
2.登録義務者以外による取引の場合(Other than an issuer, underwriter, or dealer)
3.Regulation A, D によりOfferをする場合

(出所:USCPA集中講義 税法・ビジネスロー)

そして、ここからRegulation A と D のお話に入るのが自然な流れのように感じます。

今日はとりあえずここまで

 
Facebookグループに参加しませんか?

普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします。
 

ブログネタ
資格試験 に参加中!
最近、早起きが楽しいです エスカレートして3時半に起きたり、自分一人の時間に充実感を感じています。そして、早起きのこつ、10時ー11時にベッドに入る、は当たり前なのですが、「週末に整える」ことも1週間早起きを継続するために効果あるように思います。土・日、ゆっくりしたいけど、早寝早起き、是非やってみてください


今日はRegulationです
Regulationは短期で合格する人が多いと聞いてますが、FAR・AUDとまたまた違う法律用語が多々あるのでなかなか未だ「慣れる」まで至っておりません

そして昨日からBusiness Law の Secured Transaction をやっていて自分なりにFlowが出来上がったのでメモ感覚でまとめてみました

「The Flow of Secured Tansaction」
ここの流れは大きく

①Security Interest(担保)
②Attachment(担保の差押権)
③Perfection(他の債権者に対する対抗権)


のように表すことができます。そしてこの流れに従って詳細を以下にまとめます。

①Security Interest(担保)
Any transactions(どのような取引に関しても), personal property(個々に帰属する無形資産を含む動産), not enforceable against the debtor until it attaches(Attachmentが起きるまでは担保を行使することはできない), PMSI(Purchase Money Security Interest) などの言葉が重要になってきます。

そしてSecurity Interest を得るためには

●Possession (negotiable instruments, documents of title, stock, bonds),
●Written security agreement signed by debtor (これはAR などの Intangible asset を担保にする場合に書面で必要)
●Authenticated signature 

これらが必要になってきます。

②Attachment(担保の差押権)
①で得た担保を行使可能にするのがこのAttachment(担保差押権)です。そしてこのAttachmentは以下の3つの事柄がすべて揃ったとき行使可能となります。

①Value is given by the creditor(Creditorによってその価値が明示されること)
②Debtor has rights in the collateral(当該担保物権を債務者が保有していること)
③The debtor gives the collateral into the creditor's possession, or gives the creditor a signed written security agreement, or provides an authenticated security agreement.(担保物権について債権者が保有できる、または、その旨の記載のあるサインされた書面があること、または、承認されたSecurity agreement があること)

③Perfection(他の債権者に対する対抗権)
そして②で得たAttachmentを複数の他の債権者からPriority を得るために必要なのがこのPerfectionです。Perfectionは以下の事項を満たすことによって有効になります。それぞれ、ケースバイケースで異なります。

●Possession of collateral: 担保物権の保有
●Filing a financing statement: 論点としてはResident, signed by debtor, description of the collateral などがあります
●Automatic perfection: PMSIはその典型例。「A buyer in the ordinary course of business is not affected by perfection of a security interest」なども当たり前ですが重要です。また、Priority over other creditors の論点では、First-In-Time Rule, Perfection by attachment loses to purchaser without notice があります。

そしてこれら一連の流れの後、Default した場合のRemedyの論点が続きます。

この流れに従って、各時点での論点を整理するだけでここのChapterはいけるのかな~と思います。そして、あまり深い部分は後回しで良いかと感じました。やはり基礎が大事。基本的な流れに徐々に肉付けしていくイメージですがんばりましょう


Facebookグループに参加しませんか?

普段の勉強の悩みや成果を書き込んで楽しく勉強しましょう!随時募集していますのでご希望の方はまで友達リクエストを送ってください。その際、誰なのか認識できなくなってしまいますのでリクエストと一緒にメッセージにてblogを見てグループに参加希望の旨を送ってくださいね。その他質問などは右側プロフィール下のメールからお願いします。




 




 

↑このページのトップヘ